不動産基礎知識

住宅ローンで追加融資を受けるためには

住宅ローンの融資を受けた後に、リフォームなどを行ったことによって発生した工事費について住宅ローンの追加融資を受けることはできるのでしょうか。

LP_banner_02

■住宅ローンの追加融資
マイホームの購入は、人生で最も大きな買い物だと良く言われます。したがって一括でマイホームを購入する人の数はそれほど多くはなく、殆どの方は住宅ローンを利用して金融機関などからマイホームの購入資金の融資を受けます。
マイホーム購入のため住宅ローンの融資を受けた後に追加の工事を行ったり、リフォームなどを行ったりした場合に、追加で住宅ローンの融資を受けることは可能なのでしょうか。
そもそも住宅ローンがマイホームの新築や建売などの取得のために、当該物件を担保に融資を行うものであることから、住宅ローンの追加融資は現実的にはなかなかハードルが高いといえます。金融機関との交渉事となりますので、絶対に無理という訳ではないのでしょうが、他の金融機関からの借入は1番抵当が既に登記されているため難しく、同じ金融機関であっても既に借入を行っていることを前提に追加工事を行ったマイホームなどを担保とするため審査が厳しくまとまったお金を借り入れるのは、やはり難しいというのが実情です。

■借り換えによって追加融資と同様の効果を得る
追加融資を受けることは難しいですが、住宅ローンの借入を行った時点の金利よりも追加融資を検討している時点の金利のほうが低いのであれば、借り換えを行うことによって追加融資と同じ効果を得ることのほうが現実的です。
借り換えとは、低い金利での借入に切り替えることによって返済総額を借り換え前よりも減らすことを目的として行われます。借り換えを行う場合には新たな借入を行うことと同じであるため諸費用が発生することを考慮しなければいけません。この諸費用を含んで返済総額が借り換え前よりも減額できれば借り換えが上手くいったということになります。
借り換えの諸費用は、まとまった金額となることが多く、この諸費用分について追加融資を受けられれば、借り換えがスムーズに進み、手元の現金が減らずに済むというメリットがあります。

■追加融資は慎重に
住宅ローンで追加融資を受けることは、借入額が一旦増えることとなりますので十分に気を付けなければいけません。借り換えによる追加融資も同様です。現在の返済状況なども十分に考慮して、返済額を見直すことも必要です。追加融資を受けたことで住宅ローンの滞納が起こってしまうということが無いように十分に調査、検討の上行いましょう。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. マイホームを手放すことになってしまったら
  2. 実は厳しい税金滞納への対応
  3. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 相続時に名義変更をしないとどうなる?

関連記事

  1. 不動産基礎知識

    住宅ローンは、産休時に組めるのか?

    人生におけるライフイベントが重なると経済的な不安が生じます。例えばマイ…

  2. 不動産基礎知識

    転職が与える住宅ローンへの影響

    企業の業績によってリストラや給与の減額などが行われる様になり、転職も盛…

  3. 不動産基礎知識

    不動産投資における平均的な利回りとは

    不動産投資を考えるときに利回りが重要な指標になります。不動産投資で…

  4. 不動産基礎知識

    競売の申立ての取り下げと予納金との関係

    競売の申立てには、予納金が必要です。申立人が納めた予納金は競売の手続き…

  5. 不動産基礎知識

    裁判所で行われる競売の概要

    マイホームを担保にして住宅ローンなどの借入を行ったものの、返済が出来な…

  6. 不動産基礎知識

    競売物件でアパート経営をする方法!

    不動産投資の一つの形である、競売にだされたアパートを購入して経営するこ…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 相続

    相続における遺産分割のやり直しに時効はあるのか
  2. 不動産基礎知識

    ワンルームマンションのメリットとは何か
  3. 不動産基礎知識

    住宅ローンが残っている家を売却し、プラスの利益を得られるケースとは
  4. 債務整理

    競売と公売の違いからわかる入札の検討
  5. いろいろ

    住宅ローンのボーナス併用払いで辛くなってしまったら
PAGE TOP