48db2bd79c94a72e3ce38b9493dc6295_s

不動産基礎知識

競売の不動産競売続行決定とは

不動産が競売にかけられると、いろいろな文書が届いてくるようになり、不安が募ってくることでしょう。そのような文書の中で「続行決定」という文書が届くと、任意売却には戻れないようにとらえてしまいますが、この続行決定とは何を意味しているのでしょう。

続行決定とは

すでに税金滞納処分による差し押さえ登記がある不動産について、銀行等の担保権を実行とした競売の開始決定がされた場合、原則として競売手続きを進行させることはできません。このような場合に競売手続きを進行させるために行う手続きを「続行決定」といいます。

わかりやすく説明すると、税金の未納により差し押さえられている不動産があるとします。この不動産を銀行が競売にかけようとしたらどうなるのでしょうか。

裁判所は「住宅ローンの借入前から発生していた税金」は住宅ローンよりも税金に優先権があり、換金処分した金銭は税金にまず充当され、余りがあれば住宅ローンの返済に当てます。

逆に、「住宅ローン借入後に発生した税金」は住宅ローンに優先権がありませんので、換金された金銭は住宅ローンに充当され、余れば税金に充当されるということになります。

続行決定とは優先する債権者に対して、申請のあった場合に競売を続行する場合に発行されることになります。

続行決定の手続き

滞納処分による差し押さえ登記がある不動産について競売申立てをする債権者(銀行等)は、続行決定の申請を競売申立てと同時に行うようにします。裁判所は、この申請に基づいて租税官庁等の徴収職員等の意見を聴き、相当と認めるときは続行決定をします。

なお、このときの徴収職員等の意見については、聴くことで足り、特段の同意の必要はありません。仮に徴収職員等が競売の実行に反対をしても、裁判所が競売手続きを続行させることが妥当だと判断すれば競売手続きは進むことになります。

続行決定が届いたら

この通知が来ることによって、債権者の方にとっては競売が進んでいることを知らせる通知だと勘違いし、気持ちも焦ることかもしれません。仮に、任意売却を並行して進めていたら、さらに焦ることでしょう。

この続行決定の通知は、「競売は進行しています」という通知程度の認識で構いません。しかし、競売の手続きが進行していることにかわりはありませんので、任意売却をお考えの方は競売のスケジュールを確認しながら任意売却も早めに進めることをお勧めします。

まとめ

続行決定の通知は、債権者が裁判所に競売の申立てと一緒に続行決定の申請の手続きを行った結果、届く通知と判断して良いでしょう。ですが、そのまま放置しておくと、競売は進んでしまいますので、任意売却を考えている方は早めの対処をとらなければなりません。

不動産のことに関して何か疑問や困りごとがありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  2. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 不動産の売却に年齢制限はある?
  5. 督促状の納期限とペナルティについて

関連記事

  1. 3025f4c6183b165a58e67391ee958b28_s

    不動産基礎知識

    区分所有マンションにおける賃貸管理

    マンション管理には物的な管理と賃貸管理の2種類があります。また、所有す…

  2. e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

    不動産基礎知識

    競売物件とはどのような特徴を持つ不動産なのか

    競売物件というと怖い、怪しい、難しいというマイナスのイメージを持たれる…

  3. 968cfadd0016904dcb0f5004b24dc46b_s

    不動産基礎知識

    賃貸経営での管理会社の義務と役割の区別

    アパートやマンションの賃貸経営をする上で、管理会社の役割は必要なものと…

  4. 59d9930f0edf7f5f5c17d675c8988488_s

    不動産基礎知識

    競売における占有者を退去させるための手段としての引渡命令

    不動産競売において、最も大きなトラブルになりやすいのが建物の明け渡しで…

  5. 0c15e0b1c60c01879d7bb65119aa5c0f_s

    不動産基礎知識

    マイホームを手放すことになってしまったら

    せっかく手に入れたマイホームを手放すのにも色々な理由があることと思いま…

  6. d80f66df0a4c0c7c9f638f5d1f4146b1_s

    不動産基礎知識

    破産管財人による任意売却とは?

    任意売却というと住宅ローンの返済などができなくなってしまった人が債権者…

おすすめ記事

  1. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s
  2. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s
  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  4. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  5. e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 賃貸オーナー様

    マンション管理における標準管理規約とは何か
  2. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

    債務整理

    競売で落札した物件に占有者がいたら!?
  3. luxury-home-2409518_1280

    相続

    相続の裁判における要件事実とは何か
  4. san-francisco-210230_1280

    相続

    相続における株式の売渡請求とは何か
  5. 3025f4c6183b165a58e67391ee958b28_s

    不動産基礎知識

    区分所有マンションにおける賃貸管理
PAGE TOP