賃貸オーナー様

賃貸経営を始めるための予算の考え方

賃貸用のマンションやアパートを購入して不動産の賃貸経営を始めるに当たり、不動産投資ローンなどの利用によって融資を受けるにしても自己資金はある程度必要になってきます。
賃貸経営を始めるためにはどれくらいの予算が必要になるものでしょうか。

• 賃貸物件の取得費用
賃貸経営を始めるための予算を考えるに当たって、賃貸経営を始めるためにはどのような費用が必要になるのかを知っておくことは大切なことです。
賃貸経営を始めるために必要な費用は、どのような不動産投資を行うかによって大きく異なってきます。
ワンルームマンションへの投資であれば比較的少額で済みますが、土地を購入した上でアパートを建築して行う賃貸経営やマンション一棟全体を購入して行う賃貸経営となると相当な金額が必要になってきます。賃貸経営を始めるにためには、当然にマンションやアパートなどの賃貸用不動産が必要になりますので、まず、その不動産の購入費用が必要になります。
中古のマンションであればマンションの購入費、新築でアパート建てるとなれば土地が無ければ土地の購入費用とアパートの建築費が必要になります。

• 忘れ勝ちとなる諸費用
不動産の賃貸経営を考えるに当たって予算に入れそびれてしまうことが多いのが賃貸不動産購入のための諸費用です。諸費用には不動産会社への報酬となる仲介手数料、売買契約締結のための契約印紙代、不動産登記に必要な登録免許税、司法書士などに支払う報酬、不動産取得税、火災保険料、不動産投資ローン借入の事務手数料などが諸費用として必要になります。
これらの諸費用は不動産投資ローンの融資対象とならないのが一般的ですから、自己資金で用意しておく必要があります。賃貸物件の価格の10%未満に納まるケースが多いです。

• 賃貸経営の予算
賃貸経営を始めるための予算ですが、実は決まった目安はありません。そもそも賃貸経営が獲得した家賃収入から賃貸経営に要する費用と不動産投資ローンの返済を行うスキームですから、月々の返済が問題無くできるのであれば予算はいくらでも良いと言えるためです。
もちろん不動産投資ローンの借入れには賃貸物件のポテンシャル、借入を行う人の属性なども審査対象となるために青天井ではありませんから、借入で賄うことができない部分と諸費用は自己資金として用意する必要があります。
不動産投資ローンを利用すれば必ず返済を行っていかなければいけませんが、借入額が大きくなるほど返済期間が長く、返済金額が大きくなり、空室発生や家賃滞納などによって返済が滞るリスクが高くなりますので、ある程度余裕をもった予算で賃貸経営に臨まれることをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  2. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  3. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  4. マイホームを手放すことになってしまったら
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. 賃貸オーナー様

    水漏れと賃貸管理

    団地や貸アパートなどの水漏れは、上階からの水漏れは下に住んでいる住民に…

  2. 賃貸オーナー様

    賃貸管理と宅建、資格なしでの営業は違法なのか

    私たちがアパートやマンションの一室などを借りる際に不動産会社へ足を運ん…

  3. 賃貸オーナー様

    アパートをオーナー管理したいけど難しい?

    アパートやマンションを管理するといっても、そのスタイルはオーナーの考え…

  4. 賃貸オーナー様

    マンションにおけるトラブルの発生状況

    マンションは多数の世帯と同じ建物で居住することになります。一戸建てとは…

  5. 賃貸オーナー様

    マンション管理は何故大変なのか?

    マンション管理は楽な仕事と考えている方が多いかもしれませんが、実は大変…

  6. 賃貸オーナー様

    賃貸経営資金とローン及び必要諸経費は?

    賃貸経営は、アパートや一戸建て住宅、マンションなどを貸し出すことで賃料…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 債務整理

    抵当権の消滅と競売との関係とは?
  2. 債務整理

    住宅ローンを滞納してから競売に至るまで
  3. 離婚と不動産

    離婚時のお金の問題! 税金は増える?住宅ローンの残債はどうする?
  4. 任意売却

    任意売却をした後の残債はどうなるのか
  5. 任意売却

    競売にかけられる理由とは?競売を回避するには任意売却がおすすめ!
PAGE TOP