fraud-3229757_1280

賃貸オーナー様

賃貸管理の【家賃】滞納から退去までを把握しよう!

賃貸管理の上で、最もハードルが高いと思う事は、家賃滞納から退去までを行うことではないでしょうか。こちらとしては、当然の権利なのですが、相手は切羽詰まった状況であろう家賃の滞納者です。へたに刺激すると逆恨みされることもあるのです。そうならない為にも【家賃】滞納から退去までの流れを紹介してみたいと思います。

■家賃滞納者が強制退去になる理由とは

1-【家賃】の長期滞納
家賃滞納に関しては、こちら側が「強制退去」に踏み込む前に、賃貸管理としての通知や話し合いによって期間を定めた具体的な解決案によって回避することができます。これはお互いにいやな思いをしないで済むことになりますので、管理会社や親さんは家賃の滞納者に対しても「利用客」という意識を忘れないで対応を心掛けるべきです。相手の状況によっては逆ギレする可能性もあるからです。まずは、賃貸管理側のすべきことと誠意のある対応でのぞみましょう。

2-家主側の事情
借主に対して不満があるとか、親戚の者を代わりに住まわしたいとか、アパート経営をやめたいなどの、家主側の事情に関しては、退去の理由としては弱く逆に立退料を保証しなければならない事態になります。相手側に誠意を持って対応すべきです。

3-【家賃】を支払う意思がない
人によっては、働く意思もなく家賃の支払いにも意に介せずに開き直りの意思を示している場合があります。「支払う気持ち」がないという事は、相手の方が強引に住み続けようという意思の表れと見て間違いありません。こうなっては、こちらとしても「強制退去」の表明を相手に通達するしかないようです。そこまできたら法的な措置に訴えるしかないでしょう。

■家賃滞納者が強制退去までの段階的ながれ

賃貸管理側としては、家賃の滞納が2月続くようになったら「電話や文書」によって支払いの催促をうながします。催促に対しての連絡や話し合いがない場合には、契約上の連帯保証人へ連絡を入れます。

滞納機関が続くようですと「内容証明」によって法的な対応の意思表明をすることになります。「契約の解除」「賃貸物件の明け渡し要求」などをして、「明け渡しの訴訟」を行います。「強制執行の申請」を行い、裁判所による立ち退きの通知が行われます。最終的に「強制執行」という流れになります。

◎長期の家賃滞納-内容証明-明け渡し訴訟-強制執行の申請-裁判所命令-強制執行となります。おおよその流れを説明しましたが、強制退去まで至るには、管理会社や大家さんの対応によって異なります。

※内容証明を通知することは、裁判の意思を表明するものです。家賃滞納においては、賃貸管理側の勝利は間違いないものでしょうが、滞納料金まで保証されたものではありません。場合によっては破産宣告などによって支払いを拒否する場合もかんがえられます。

■強制執行による威力

裁判所からの催告状の指定された期日までに「立ち退き」がおこなわれない場合には、執行官によって強制退去が実行されます。この場合、家財道具などは保管場所へ徴収されることになります。

◎賃貸管理側は、家賃滞納の回収の為に、「家賃の返還請求の訴訟」も同時に進行することによって、給料の差し押さえによる回収やその他の資産の差し押さえで滞納料金の回収が可能となります。

【家賃】滞納から退去までの流れを紹介しましたが、賃貸管理のリスクはできましたが、家賃滞納者側のリスクを話し合いによって理解してもらえれば早期の解決に導くことができるかもしれません。法の力を借りる事はあくまでも「最終手段」です。賃貸管理はリスクを回避するための努力は必要なのです。

不動産の賃貸管理や不動産の投資のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報ください。

ピックアップ記事

  1. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  2. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  3. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 督促状の納期限とペナルティについて

関連記事

  1. 108-1

    賃貸オーナー様

    アパート経営におけるローン借り換えのメリット

    アパートローンを利用してアパート経営を始めたならば、当然ですが返済をし…

  2. OMG151018560I9A1839_TP_V

    賃貸オーナー様

    家賃滞納へは状況確認の連絡から始めよう

    もしも入居者が長期入院により、いつも住んでいるアパートの一室で過ごす事…

  3. b15c9d8084877fcedea424bdb32e5937_s

    賃貸オーナー様

    適切な賃貸管理で空室対策を

    大家の皆さんが、賃貸経営で最も気を使うのは空室対策ではないでしょうか。…

  4. 62-1

    賃貸オーナー様

    マンション管理の問題点とリプレース

    マンションの価値を維持するためには管理が必要です。分譲マンションを購入…

  5. 236609c9549ccd6b6a9542cb46a83c91_s

    賃貸オーナー様

    賃貸管理を行うには免許が必要なのか?

    会社員で賃貸経営をしている場合、入居者の募集からクレーム対応など、管理…

  6. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

    賃貸オーナー様

    賃貸管理における問題点と解決方法

    賃貸用マンションやアパートを購入して行う賃貸経営は、物件を購入したら終…

おすすめ記事

  1. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  2. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  5. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. chart-1905225_1280

    不動産基礎知識

    2016年から2018年過去と今後の住宅ローンの見通しを分析し動向を探る
  2. 7d857e7d00e7d2849fa075bc609c55b9_s

    相続

    相続の支払いには困らないように控除と特例がある
  3. OZP68_namennayo_TP_V

    任意売却

    競売の一括売却とはどういった方法なのか
  4. 3b4bac11d0c31a434d83285fb426a286_s

    任意売却

    賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  5. VER88_kazegahuku15151434_TP_V4

    相続

    相続税における債務控除の注意点
PAGE TOP