YUSEI_9V9A5290_TP_V

任意売却

競売の評価書から見えてくる落札すべき対象

競売物件を手に入れたい方の理由はさまざまですが、欲しくなる物件の理由は明らかにする事ができます。今回は、落札したい競売物件の何を知るべきなのか、競売の評価書から見えてくる落札すべき対象について紹介します。

競売物件の知りたい事

競売が行われる前に、競売物件に対する入札の為の公示(広告のようなもの)が行われます。この中には、通称で呼ばれている「3点セット」という情報が公開されています。競売についての詳しい情報が、この「3点セット」の内容に表記されているのです。

競売の入札に参加される方や、気になる物件の内容を知りたい方が、詳しく記載されているのです。不動産会社の物件販売の広告以上に詳細な内容が記載されているので、知りたい内容がおおよそ書かれています。是非参考にして下さい。

いわゆる「3点セット」

「3点セット」の内容には、「物件明細書」「現状調査報告書」「評価書」を資料として公開する事になります。「3点セット」の表紙に記載された内容には、事件番号や入札期間についてや、開札期日の記載や売却決定日であったり、特売実施期間などを表記しています。
これらを、表紙部分から物件目録までは「公告書」としています。

公告書の2ページ目の中身は、売却基準価格や買受可能価格と買受申出保証額が記載していますので、固定資産税や都市計画税に至るまでお金に関わる記載を知る事で、購入の際の検討をする事ができるのです。「物件目録」は公告書の最後にあり、競売物件の所在や地番、地目や地積、構造や床面積など具体的な表示がされています。

1- 物件明細書
裁判所の書記官が作成する事になりますが、「現状調査報告書」と「評価書」の詳細に対して、参考にしている重要な記載事項になっています。法定地上権が成立する場合などは、その内容を記載しています。

買受人が負担する事になる、他人の権利である借地権などを表記します。地代や管理費等の滞納の有無や、境界のもめ事や土地明渡建物収去訴訟についての問題点がある場合の内容を記入しています。特記事項としては、占有している状況が記載されています。

2- 現況調査報告書
裁判所の執行官が作成する事になります。土地や建物の形状と、占有状況を調査しています。物件目録としての具体的な内容や「不動産の表示」で、建物について種類や構造及び床面積の概略と付属建物や管理費等の状況が記載されます。占有範囲や占有者の占有状況や関係人の陳述及び提示文書などの報告を記載します。建物の欠陥などの情報などに注意しています。裁判所の執行官の立入調査を行う事や、占有者の意見の詳細を現場の状況に対して、執行官の意見が述べられています。調査の経過や建物の写真などで、間取りや位置を確認できます。

3- 評価書
裁判所が任命した不動産鑑定士によって、不動産の専門家の調査による報告や鑑定の内容が記載されます。「評価額」に対して一括売却の場合は、一括価格と内訳価格を表記しています。一般の取引市場と異なっており、競売不動産特有の条件によって、価格に反映されているので、割引された評価になります。

「物件目録」となる、所在や地番、地目や地積と詳しい内容を記載します。売却対象物件の物件目録の記載をする事と特記事項については記載すべき内容が把握できます。競売目的物件の位置の情報やまわりの環境について、最寄りの交通機関での利便性や付近の状況で、住む為の環境や法令上の規制など、知るべき情報や注意すべき内容が記載されています。

※不動産鑑定士は、情報の全てを評価の対象に取り入れて、積算価格と収益価格によって、計算した経過が記載されています。

評価書とその他の報告書の比較

一番の大きな違いは、不動産の専門家の報告書と裁判所や執行官の意見書と言う事です。どちらも重要な事には変わりないのですが、不動産を購入するのですから、不動産鑑定士の意見や調査内容は、専門家の見るべき視点によって書かれたものですので、良く読んで価格や物件の状況や問題点を知る参考になるのです。

まとめ

競売の評価書から見えてくる落札すべき対象として紹介しましたが、不動産の専門家の意見と、裁判所の評価を比べてみるのも良いでしょう。どちらにしても、「3点セット」が示す内容は「評価書」が基になっています。競売の参考資料として必ず見なければならない内容なのです。

競売に関する事や不動産の投資の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 実は厳しい税金滞納への対応
  2. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  3. 不動産の売却に年齢制限はある?
  4. マイホームを手放すことになってしまったら
  5. 相続時に名義変更をしないとどうなる?

関連記事

  1. 64

    任意売却

    在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう

    人生において、老後はマイホームでのんびり過ごしたいと思う方は少なくない…

  2. 5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

    任意売却

    住宅ローンを任意売却したらプレッシャーが消えた件

    一生に一度あるかないかのマイホーム購入。頑張りすぎて身の丈を超えたロー…

  3. 86-1

    任意売却

    不動産の売却における媒介契約とは何か

    不動産を一般の売買市場で売却しようとした場合、不動産業者などに売買の仲…

  4. 4dc0fe5096ee5b59773f6a5c134704a7_s

    任意売却

    競売では事故物件の取扱いが多いのか

    事故物件は一般に成立する価格水準から、かなり下回らなければ買う人が現れ…

  5. a4a87c487beca58a19a036eccdb1cd51_s

    任意売却

    競売の申立書に記載する事項について

    住宅ローンの返済が受けられなくなった債権者は、担保にしている不動産に設…

  6. 620cc4f00a6cee3cf3ce11609ce329eb_s

    任意売却

    マイホームを売却した際の譲渡所得税とは

    通常の売買でも競売でも任意売却でもマイホームを売却する行為は譲渡に該当…

おすすめ記事

  1. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s
  2. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s
  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  4. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  5. e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. a03f1b7b433b1337e974a2d577cd748d_s

    相続

    離婚が相続に与える影響について
  2. 5dcdb937cecc78ed4d31b888cced33f3_s

    任意売却

    不動産競売の申立てを取下げて貰う方法
  3. 30e5e4234cf707ba6dc394e2cabff858_s

    債務整理

    競売売却物件の取得決定要件とは?
  4. wood-3267514_1280

    賃貸オーナー様

    大家が負うべき賃貸管理義務とは何か
  5. 612

    任意売却

    競売落札後の「登録免許税と軽減率」
PAGE TOP