maxeIMGL8761_TP_V

任意売却

不動産競売 停止させる方法とは?

不動産競売を管理する裁判所から、所有している建物について差し押さえが入る時、手続きが進められ競売が開始されます。この時、「競売に関する通知」というものが手元に届きます。しかし、通知があったからといってすぐに行われるものではないので、不動産を所有している債務者は、裁判所に対し停止を求める事ができます。
今回は、不動産競売を停止させる方法について紹介します。

競売を停止させる方法

では、不動産競売を停止させる方法として、どのようなやり方があるか見ていきます。

① 借りたお金を全額返済すること
② 不動産を任意売却にすること
③ 個人民事再生をする(原則3年間で借金を返済していくという手続き)

などが挙げられます。

不動産競売を停止させるには上記の3つになりますが、回避する事なども可能なので、競売を回避する方法を考えるのも一つの方法と言えます。

全額を返済する事で停止が可能

金融機関から借りている金額を全額返済していれば、所有している不動産が競売に掛けられたとしても、停止をすることができます。

しかし、停止をする場合の基本は住宅ローンなどを支払う中で、残金が出ている場合の状態で「元金を一括で返済をしなければいけない」というのは、非常に難しい事です。

また、お金を借りた金融機関(債権者)に交渉して行う借り入れ条件の変更などをして、契約をする場合には競売を止める事はできますが、その間に誠意を持って支払わなければ、債権者からの信頼を失う事になるため、競売を停止する事が難しくなるので注意が必要です。

任意競売に変更を

次に任意売却にするということです。不動産業者に依頼をし、間に入ってもらうことで普通の不動産市場での不動産売却により競売を停止させる事ができます。不動産競売と売却では、割高の価格で建物を売却できるというチャンスが多くなります。

また、債権者である方も債務者であるあなたも「所有している不動産を処分しなければいけない。」という状況になった時は、少しでも高く売りに出せた方が、借金が減り返済する事ができるという状況から、債権者も応じてくれる可能性もあります。

但し、不動産を売却したとしても基本的には、残高よりも不動産の任意売却による価格の方が上回らない限り、不動産競売を停止させることができませんし、実際に建物を競売に掛けられたとしても、残高が出ることになるのでここでも注意が必要です。

個人で民事再生による停止

個人で民事再生をする中で、不動産を管理する裁判所を通して所有している自宅等の財産を継続しながら、大幅に減額された借金を原則3年間で分割して返済していく手続きです。ここでは、住宅資金貸付債務に関する特則でとも言える「特別条項貸付民事再生」を使用する住宅ローンの場合には、例外的に免除されない場合があるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?不動産競売停止について記事をまとめてみました。所有している不動産を競売するという通知を裁判所から受け取ったとしても、今回の記事で停止させる事ができると知る事ができたと思います。

しかし、いくら競売を停止する事ができると言っても、先ほど挙げさせて頂いた3つの事ができてこそです。所有している不動産を守るためにも、確実に返済していく事をおすすめします。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 競売における売却基準価額とは何か
  2. 督促状の納期限とペナルティについて
  3. 実は厳しい税金滞納への対応
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク

関連記事

  1. 3d975702ee72a84e56781f6bd702cd3e_s

    任意売却

    土地のみが競売の対象の場合、土地上の建物はどうなる?

    競売では様々なパターンの売却があります。土地と建物は別の不動産で…

  2. 9c6d4f6f2b7fb40b983fd737279234d0_s

    任意売却

    競売における追い出しを回避するためには

    競売に掛けられたマイホームの所有権は、買受人が落札代金を支払った時点で…

  3. 4f969dc544bc18868160f05cd46f639a_s

    任意売却

    競売によって自宅が落札されたらどうなるのか

    住宅ローンの支払いが不可能になり、最終的に競売が実行され、自宅が落札さ…

  4. 1b14b73da9cf3109993beda64001c47c_s

    任意売却

    任意売却後の残債に対する遅延損害金の取り扱い

    住宅ローンの滞納をしていると金銭消費貸借契約に従ってローンの残額に対し…

  5. 16afd366c17beebcfaf4ac761c78d746_s

    任意売却

    競売における売却基準価額とは何か

    住宅ローンの滞納による抵当権の実行、裁判による債務名義に基づく強制執行…

  6. 20bfc2ce859a4a951cfd5f4de95f5e3c_s

    任意売却

    不動産売却における競売物件とは!?

    マイホームや所有している不動産を、生活苦や借金の返済などで、思いがけず…

おすすめ記事

  1. 66 (5)
  2. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 612
  5. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 150906403867_TP_V4

    相続

    相続における減価償却の取扱いについて
  2. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

    任意売却

    任意売却の売買の際に発生する手付金について
  3. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    債務整理

    競売物件落札後の立ち退き要求はどのようにしたらいい?
  4. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s

    任意売却

    競売の保管金2つのポイント
  5. Green26_teiden220141123163347_TP_V

    債務整理

    債務負担行為とは一体どのような行為なのか
PAGE TOP