c5f1bd34fef0f5ba938449986831e835_s

任意売却

競売による「借地権」つきの建物購入に関する理解

競売だけでなく、多くの人が借地権について知らないで、落札後になって地主との交渉でトラブルになる事があります。つまり、「借地権」を理解した上で、競売に臨んだほうが無難だという事です。今回は、競売による「借地権」つきの建物購入に関する説明を行います。

借地権付きの建物

普通の売買でもご存知かもしれませんが、土地と建物の権利は別になっているので、登記による所有権は異なる場合も少なくないのです。その関係で売買においても、別々に取引が行われる場合があります。以下の借地権については長くなるので、大まかな説明にとどめておきます。

借地権の地主との関係

建物を建てる際に土地を借りる為の権利ですが、およそ30年以上にも及ぶ長い契約がほとんどであり、建物が老朽化して住めなくなるまでは、借地権の権利が続く可能性がります。地主にしてみれば、土地の有効利用の為には早めに借地権の解消をしたいところですが、借主の権利を保護するように法律が定められているのが現状です。

※借地権にも旧法と新法があるので、内容が異なってきますが、ほとんどが借地権の権利を認める可能性があるという事です。

競売による地主との交渉

借地権付きの建物を購入した場合には、建物の所有権および借地権を同時に手にする事になります。しかし、この場合に問題となるのが、地主の承諾書が必要になってくるのです。

場合によっては、承諾する場合の条件として承諾料を求める事もあるようです。地主としては、承諾する代わりにお金が欲しくなるのですが、その場合は借地権の権利を行使する為に、裁判によって許可を求める事です。

【1.許可を求めない場合には】
借地権を地主の許可なく売却した事で、借地契約の解除が行われます。

【2.裁判による許可を得る場合には】
話合いによる解決が望めない場合には、所有権が移ってから2か月以内に裁判所で許可を求める事です。

【3.裁判で許可が出なくて立ち退きを求められたら】
借地権の権利として、建物を時価で買い取るように求める権利があります。「建物買取請求権」は、地主に拒否権がないので買い取に応じてもらう事が出来ます。

競売による注意すべきポイントは

競売物件の借地権付き物件の中にも、地主の承諾書が添付されているかどうかを確認する事です。地主の承諾書には、将来的に第三者に対して所有権を譲渡した、あるいは移転した場合に、借主と同等の条件で引き継がれる旨の内容があるかどうかです。

地主の承諾書があれば、このようなトラブルの元にはなりません。どうせならば地主と交渉して、土地の購入が出来れば丸くおさめる方法もあります。

このように権利付きの建物には、どのような権利なのか理解する事が今後の為です。競売だけに限らず、通常の不動産取引でも同じ事が言えるのです。

まとめ

いくら借地権が有利に認められる可能性があるとは言え、地主との付き合いは今後も長く続く可能性があるのですから、いわば隣人との付き合いになるのです。自分で処理できない場合には、競売に強い専門家にまかせる事が安心できる方法なのです。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  2. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  3. 督促状の納期限とペナルティについて
  4. 競売における売却基準価額とは何か
  5. 実は厳しい税金滞納への対応

関連記事

  1. 65 (4)

    任意売却

    競売の売却における基準価額

    競売の売却における以前の「最低売却価額制度」が変わり、現在では「売却基…

  2. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s

    任意売却

    競売物件の価格「売却基準価額」について

    競売物件の価格は、通常の手続きで物件を購入するよりも安いと言われていま…

  3. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

    任意売却

    住宅ローンを滞納したら物件は競売になっていくのか?

    ようやく手に入れた「一戸建て」や「マンション」で、住宅ローンを組んだ方…

  4. 3b265cc7ae370c00a6550a21b7b846aa_s

    任意売却

    不動産の売却益にかかる税金とは!? 節税する裏技方法ってあるの?

    不動産の売却がいくらになるのか、についても重要なことですが、売却する前…

  5. d38fa8c13e42f8cee29d9cebbe05c8b2_s

    任意売却

    【不動産】売却をする際、どのような契約が必要?

    不動産を売却するときに、いくつか契約するものがあると思います。どのよう…

  6. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s

    任意売却

    競売物件のリスクはどんなもの?

    市場より安く購入できると評判の「競売」ですが、リスクはないのでしょうか…

おすすめ記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  2. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  3. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s
  4. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  5. wakigaIMGL6857_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. tsuchimoto0I9A6616_TP_V4

    不動産基礎知識

    任意売却を可能にする要件とは
  2. 561bcf601fe08bf8b5d8806b81d40b3c_s

    不動産基礎知識

    競売による物件売却が賃借権に基づく借家人に与える影響
  3. d38fa8c13e42f8cee29d9cebbe05c8b2_s

    任意売却

    競売の手続きの流れを知ろう!~責務者の担保不動産競売ケース~
  4. 68 (2)

    債務整理

    競売の落札後の進行と強制執行費用
  5. ME_biz20160902313115_TP_V4

    賃貸オーナー様

    賃貸管理と宅建、資格なしでの営業は違法なのか
PAGE TOP