612

任意売却

任意売却での売却額に対する所得税の有無について

普通の取引では不動産を売却した場合、利益に対して課税が行われます。譲渡所得税と住民税の支払いが発生する場合が考えられます。しかし、場合によっては、所得税のかからないケースもあるので把握しおくと良いでしょう。また、任意売却の場合はどうなるのか?という点についても見ていきましょう。

マイホームの特例の利用

譲渡所得税の場合は、売却した場合の代金が購入や建築した代金よりも上回った際には、利益となります。その利益に対して、税金が課せられる事になっています。これは、通常の値段による取引が可能な場合は利益が出るかもしれませんが、競売の場合は、市場価格の70%程度で取引されます。

任意売却の場合においても、通常の取引価格よりも下がる場合が多いので、利益が上回る可能性は低いです。もしも利益が出た場合には、特例の特別控除で、税金の支払いが軽減される事で支払いの可能性が低くなる場合があります。

住居用のマイホームの場合の売却に対しては、3,000万円の特別控除が利用できます。3,000万円以上で売却できたとしても、競売や任意売却の場合では、「所得税法の例外」に該当する可能性があるので、所得税の支払いが無いケースもあるのです。

所得税法の例外

競売と任意売却の場合の非課税所得については、所得税法によって課税がされない場合があります。

1.競売の場合
競売に至る場合の債務者においては資力と呼べる財産は皆無であるので、その債務の弁済する方法が競売の資金を持っても著しく困難な場合と判断されるため、非課税の対象となり所得税などの支払いを免除しているのです。

2.任意売却の場合
同じように、資力の喪失にあてはまる場合や任意売却をしないと強制競売で財力の喪失にあたり、売上の金額がほとんど債務の返済に充てる事となります。それでもなお、債務は残るケースが多い事がわかります。

住宅の売却が債務超過の状況に該当するので、返済能力が乏しい事が判断されて売却後も資金調達ができる見込みが無い状態の場合に該当すると判断できます。これにより、任意売却の場合でも、所得税の支払いが、非課税になるケースが多いのです。

任意売却による非課税となる判断

非課税に対する条件を満たしているかは法的な解釈が必要となりますので、条件を満たしていると思っていても証明できるかが、税務署の判断となります。譲渡所得税の費用を予め確保してから、配当分の支払いを考える事も必要となります。その為にも、自己判断で、売却を行う事よりも任意売却専門の業者に任せる事で、税金の追徴税を避ける事ができます。

1.強制執行が避けられない
滞納が続く中での債権者による競売の申立てが進行する場合です。

2.譲渡による売上が全て返済になる場合
売却による利益が無い場合や売上の全額が返済で無くなるので、譲渡益を得る事にはならない場合です。

3.物上保証人の住宅の売却で、救償権が行使できない場合
保証人が、債務者の代わりに抵当となる自宅などを売却して返済に充てた場合に、債務者本人からその代金を請求しても支払えない状況にある場合です。

まとめ

任意売却での売上に対する所得税の有無については、税金対策として非常に重要な問題です。債務者にとっては全然余裕が無い状況での任意売却ですので、その判断は任意売却の専門家や税理士でなければ困難です。所得税の対応も含めて、専門家に仲介を委任する必要があるのです。

任意売却に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産の売却に年齢制限はある?
  2. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  3. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  4. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  5. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

関連記事

  1. dfe451937a149d584fbea8f738becbd5_s

    任意売却

    債権者の同意が無ければ任意売却は出来ない?

    住宅ローンの返済の滞納を続けていると金融機関など債権者は、抵当権を実行…

  2. 612

    任意売却

    知っておきたい任意売却に必要な書類あれこれ

    任意売却について検討された方は、手続きに進まなければなりません。出来る…

  3. yotakaIMGL5369_TP_V

    任意売却

    競売で落札したあとの税金について

    土地・建物の不動産の競売物件を、落札した際に気になるのが「税金」です。…

  4. kitchen-1687121_1280

    任意売却

    任意売却と通常売却の違いについて

    抵当権を設定したマイホームの住宅ローンの滞納を続けていると、抵当権が実…

  5. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

    任意売却

    任意売却時における連帯保証人の同意について

    住宅ローンを組む際、連帯保証人を立てることが求められるケースもあります…

  6. 041c2d300f4b313207a1775ff8a1446b_s

    任意売却

    任意売却の売買に必要な抹消同意に関する特約

    住宅ローンの返済ができなくなってしまうと、債権者は債権回収のために抵当…

おすすめ記事

  1. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  2. maxeIMGL8761_TP_V
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  4. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  5. 612

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. f0e3cb87da83c13c8fb3d45777bfbe0f_s

    相続

    遺産相続の基本的な割合を知る
  2. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s

    債務整理

    競売における物件目録とは
  3. Green26_teiden220141123163347_TP_V

    債務整理

    債務負担行為とは一体どのような行為なのか
  4. 16df8b985712963bf876c69d33ff0749_s

    債務整理

    債務整理を行うのは結婚前と結婚後いずれが良いか
  5. c49e0af0f2495cd751f122b9b5b4e1b1_s

    任意売却

    住宅金融支援機構における任意売却に関する申出書
PAGE TOP