1b14b73da9cf3109993beda64001c47c_s

任意売却

任意売却後の残債に対する遅延損害金の取り扱い

住宅ローンの滞納をしていると金銭消費貸借契約に従ってローンの残額に対して遅延損害金が発生することになります。
この遅延損害金はローンの利息を遥かに上回る利率が乗じられることになりますが、任意売却後の残債についても同様に遅延損害金は発生するのでしょうか。

LP_banner_02

遅延損害金とは
住宅ローンを利用して融資を受けるということは、借り入れた金銭を返済するという債務を債権者に対して負うことになります。この返済方法については融資の際に締結した金銭消費貸借契約書によって定められており、債務者は定められた期日に定められた金額を返済する義務を負います。
この金銭債務の不履行、すなわち滞納をしてしまうと、債務者は債権者に対して損害賠償を行う必要があり、損害賠償として支払う金銭が遅延損害金と言われるものです。
金銭消費貸借契約における遅延損害金はローンの残額に一定の税率を乗じて計算されるものであり、遅延利息、延滞利息とも呼ばれることがあります。

高額となる遅延損害金
この遅延損害金ですが、数日の返済の遅れであればそれほどの金額にはなりませんが、競売の申立てがされる頃になると3~6カ月は滞納が続いている状態になるかと思います。
このような長期間の滞納となると高額になり負担は大きくなってきます。任意売却であれば一日も早く決断をして売却を急いだほうが良いというのは、競売を回避するということもありますが、遅延損害金を出来る限り少なくするためだという側面もあるのです。
遅延損害金を求める際の年利は約14%程度であることが多く、例えばローン残額が3000万円である場合の滞納機関6カ月の遅延損害金は、3000万円×14%×0.5=210万円となり、大変な金額となってしまいます。
住宅ローンの金利から考えたら、遅延損害金の計算で用いられる利率が非常に高いことは十分にご理解いただけるものと思います。売却手段が競売であっても任意売却であっても延滞期間が延びれば延びるほど遅延損害金は大きくなっていくのです。

任意売却後の遅延損害金
任意売却を行った後に残債が発生した場合、本来はこの残債についても遅延損害金が課されることになります。
しかし、実際問題として、残債の返済についての示談の中で、債務者が遅延損害金を支払える能力があるのかどうかを債務者の生活状況などを勘案し、遅延損害金の免除について検討することになります。遅延損害金が免除になるかどうかは債権者によるところが大きいというのが実情です。免除してくれるケースは多いものの絶対というものではないため、
もし、任意売却で遅延損害金の免除をアピールしてくる業者の方がいらっしゃったら注意したほうが良いかもしれません。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 実は厳しい税金滞納への対応
  2. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  3. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク

関連記事

  1. b7fbd36b10c4a3e2e9c83ca32c179e8e_s

    任意売却

    不動産売却と消費税の関係って? ~課税対象と非課税対象とは~

    不動産売却と消費税の関係(何が課税され非課税であるのか)をよく分からな…

  2. 420d42fde4247c4ab0c1bb6f83b88ad2_s

    任意売却

    住宅ローン返済に関する悩みは任意売却で解決

    様々な事情により住宅ローンの返済が苦しくなってくると、今後のやりくりに…

  3. 11377557476c6a4361c7b4efb26d9717_s

    任意売却

    不動産投資ブームの裏側にある任意売却

    日本銀行による大規模な金融緩和政策が行われており、マイナス金利も継続し…

  4. kitchen-1687121_1280

    任意売却

    任意売却と通常売却の違いについて

    抵当権を設定したマイホームの住宅ローンの滞納を続けていると、抵当権が実…

  5. 611

    任意売却

    競売物件の内覧は可能なのか?

    競売物件は市場価格より安く購入することが可能です。そのため、最近は競売…

  6. 4dc0fe5096ee5b59773f6a5c134704a7_s

    任意売却

    競売では事故物件の取扱いが多いのか

    事故物件は一般に成立する価格水準から、かなり下回らなければ買う人が現れ…

おすすめ記事

  1. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  2. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s
  3. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s
  4. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  5. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 984befaa466316b952ee8b6fd12fbd97_s

    賃貸オーナー様

    マンション管理の課題と今後
  2. 84-1

    不動産基礎知識

    競売における物件明細書では何が分かるのか
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    不動産基礎知識

    不動産競売の予備知識 抵当権とは?
  4. 69be59eb9a7b334c84bfbeeb08aae398_s

    相続

    相続を円満に進める方法
  5. 64-1

    賃貸オーナー様

    マンション管理事務とはどのような業務なのか
PAGE TOP