16df8b985712963bf876c69d33ff0749_s

債務整理

債務整理を行うのは結婚前と結婚後いずれが良いか

結婚を控えているにも関わらず、返済が困難な借金を抱えているとなると、どうしたらよいかと色々悩むことが出てくると思います。
債務整理によって借金問題を片付けようと決心したのであれば、実行するのは結婚前と結婚後とどちらが良いのでしょうか。

LP_banner_02

■債務整理と結婚
結婚前に返済困難な借金を抱えているのであれば、まず結婚相手に借金問題を抱えていることを打ち明けるべきか、黙っておくべきかで悩むことだと思います。お金は生活していくためには必要不可欠なものであり、お金にだらしない印象を与えてしまったらと考えると悩むのも無理はありません。
借金の内容によっては結婚相手も理解を示してくれることもあるかもしれませんが、単に無駄遣いを続けたことによるカード破産一歩手前の状態というようなことであれば、なかなか正直に打ち明けるのも難しいことでしょう。
結婚相手に正直に言うかどうかはさておきまして、債務整理と結婚という点においては両者に関係は無いというのが正直なところです。結婚したからといって配偶者の借金を背負う必要はないため結婚前でも結婚後でもどちらであっても同じだといえます。
しかし、債務整理をすることを決めているのであれば、結婚前に債務整理を行って、借金問題を片付けてから結婚が良いかもしれません。

■結婚前に債務整理を行うことの意義
結婚前でも結婚後でも個人の借金の債務整理は配偶者に影響を与えるものではありませんが、借金の督促を受けているところを配偶者に見られる心配がなくなりますので、そのような点から結婚前に債務整理を行うほうが円満な結婚生活が送れるのではないでしょうか。
債務整理を行うと経済的信用が一時的に無くなりますので、住宅ローンやクレジットカードの申し込みなどはできなくなります。結婚後に苗字が変わっても、金融機関は旧姓を確認するなどして遡って信用情報をチェックします。
このことから結婚後にマイホームを購入するといった話になる場合には、債務整理を行った後は経済的信用が戻るまでは住宅ローンの申し込みも連帯保証人になることもできませんので注意しましょう。

■債務整理後はしっかりと返済を
結婚前に債務整理を行ったとしても、信用情報に付いた記録は一定期間残ることになります。いわゆるブラックリストに載っているという状態です。このため住宅ローンの申し込みなどが出来なくなる訳ですが、ずっと記録が残る訳ではありません。
債務整理の種類や取り扱い会社によっても異なりますが5~10年は現金中心の生活を行い、信用情報に付いた事故情報が抹消されるのを待ちましょう。記録が抹消されれば再びカードの作成やローンの申し込みが出来るようになります。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  2. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  3. マイホームを手放すことになってしまったら
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. yotaka0721IMGL5456_TP_V

    債務整理

    競売の入札における代理人に対する委任状

    競売において、代理人による入札を行う場合があります。第三者による競売の…

  2. 612

    債務整理

    難解な競売の配当要求申立てについて詳しく紹介

    競売をおこなう場合は、債権者が債務者の担保となる物件を競売にかけること…

  3. eeae9f803675d12bf8f84c3f0ec50d6d_s

    債務整理

    不動産競売に出される物件について

    「不動産競売では市場価格よりも安く中古一軒家やマンションが手に入る」と…

  4. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

    債務整理

    競売の物件目録はなぜ必要なのか

    一般的に、不動産の売却をする場合には現地へ行って、物件の状況や情報を得…

  5. 5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

    債務整理

    競売とはどのようなシステムなのか

    競売は通常「きょうばい」と発音しますが、法律用語としては「けいばい」と…

  6. 債務整理

    競売による所有者の証 ~権利証~

    権利証とは権利済証とも言われ、土地や建物の登記完了後に受け取ることがで…

おすすめ記事

  1. c5f1bd34fef0f5ba938449986831e835_s
  2. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s
  3. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  4. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  5. YUSEI_9V9A5290_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. OZP73_atamagawareruyouniitai20130707_TP_V

    相続

    相続の遺産分割では裁判はできない?
  2. 64

    相続

    相続の一部放棄はできないってホント⁉
  3. 67c248fc73752b0eb81b026e478e7ff7_s

    任意売却

    任意売却によって得た売却代金の配当方法
  4. 487a06dd5d80149a8a212b12a28e25d2_s

    任意売却

    競売によって売却される住宅
  5. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s

    相続

    相続財産は叔父・叔母でも受け取れるのか?
PAGE TOP