15b779dd15b1c7710f668a8a24541822_s

債務整理

債務整理の5年後から新たな借入可能?

債務整理を行うと俗にいうブラックリストに登録されることになりローンを新たに利用したり、新規でクレジットカードなどを発行したりすることが出来なくなります。しかし、登録を受けてから5年後にはブラックリストから外れるといいますが、5年経過しても新たな借入を利用することが出来なかったということもあるようです。

LP_banner_02

■ブラックリストとは何か
債務整理とは主に任意整理、個人再生、自己破産によって債務者の負っている債務の整理を行うことによって借金などの減額、返済の免責などを受けることをいいます。債務整理を行うとその事実が信用情報に登録されることになりますが、この信用情報を登録している機関のことを信用情報機関といいます。

この信用情報機関には金融機関との取引履歴が信用情報として記録されるのですが、特に事故情報や異動情報と呼ばれるネガティブな個人情報が記録されることを俗にブラックリストに登録されるといいます。ブラックリストに登録されると新規の借入れやカードの発行が出来なくなります。
債務整理を行うとこのブラックリストに登録されることになりますが、一般的には5年後には記録が抹消されます。

■信用情報機関とは何か
債務整理を行った後5年を経過してもローン審査が通らなかったり、クレジットカードの新規発行が出来なかったりするという話があります。
まず、信用情報機関ですが日本には「シー・アイ・シー(CIC)」、「日本信用情報機関(JICC)」、「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」の3つがあります。

日本の金融機関はこれらのいずれかに登録をしていますが、複数登録していることも数多くあります。これらの3つの信用情報機関で事故情報の取り扱いが異なることもあるために債務整理から5年後であっても新規の借入れなどの審査が通らないケースが発生することがあります。

■情報の取り扱いの差
任意整理を行うと任意整理を行った事実と任意整理についての延滞情報が記録されることになります。この任意整理の事実を登録するタイミングが機関によって異なり任意整理の合意の時点、返済完了の時点などがあり、合意の時点から5年後でも登録が抹消されていないのは登録時点の違いによる 可能性があります。

個人再生と自己破産でも同様に登録時期の問題もありますが、CICとJICCは最長5年後には記録抹消するのに対してJBAは最長10年後となっています。債務整理に関する情報は全ての信用情報機関で共有されていますので個人再生と自己破産については新規の借入れなどは5年後では厳しい可能性が高いということになります。

このような事情から債務整理から5年後で新規の借入れが必ずできるとはいえないのです。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  2. 督促状の納期限とペナルティについて
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. マイホームを手放すことになってしまったら

関連記事

  1. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

    債務整理

    競売物件の所有権の移転を行うには

    競売の物件の代金を支払ってからも、まだまだ自分の不動産にするには、完全…

  2. MAX76_idouwoiiwatasareta20140531_TP_V

    債務整理

    債務の悩みから解放されるためには

    住宅ローンの返済が苦しい、クレジットカードの支払いができないといったよ…

  3. 0I9A114915030133prezen_TP_V

    債務整理

    個人再生による債務整理とは?

    複数の消費者金融やカードローンなどの借入れによって返済が出来なくなって…

  4. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s

    債務整理

    住宅ローンは、転勤した後でも払い続けるのか?

    ある日突然、会社の上司から「おい、転勤してくれ!」と言われました。いき…

  5. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s

    債務整理

    競売物件に住む賃借人の権利

    賃貸物件に住んでいて、その物件が競売によって落札されたら賃借人はすぐに…

  6. f3a3f3e8bbf7be2f1d4d5cba54d2e348_s

    債務整理

    競売における民事執行法とはどのような意味をもつのか

    かつては、競売に関する法律には、「競売法」と「民事訴訟法」がありました…

おすすめ記事

  1. HOS8512_TP_V
  2. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s
  3. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s
  4. 79857a1193685112791775c6883a8761_s
  5. e17516db652e8da1a8d83fe874a9b9d2_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. maxeIMGL8761_TP_V

    任意売却

    必見、競売における未登記建物の対処法
  2. 612

    債務整理

    競売に関係する法律について
  3. 0bd5992b9a5938c56d5c000d5d75cf98_s

    相続

    結婚と相続と財産分与
  4. bitcoinPAKU5916_TP_V

    任意売却

    家に対する想いを競売による売却で反映できるか?
  5. 7d857e7d00e7d2849fa075bc609c55b9_s

    相続

    後妻の子の相続における取り扱い
PAGE TOP