TSU863_jitakunituita_TP_V4

債務整理

債務を相続する場合の遺産分割協議書

人が亡くなると被相続人となり、その遺産は相続人によって相続されることになります。このとき遺言がなければ相続人の間で遺産分割協議が行われ、当該協議で合意した内容に基づき遺産分割協議書を作成して遺産分割を行います。しかし、債務の取扱いには注意が必要です。

遺産分割協議書とは
法定相続人などが集まり被相続人の財産や債務などの遺産をどのように分割するかという話し合いを遺産分割協議といいます。民法では遺産分割について法定相続分といって法定相続人の取り分を定めています。
しかし、遺産分割協議では全ての相続人が合意をすれば、法定相続分と異なる分割をすることが認められています。その合意した内容を書面にしたものが遺産分割協議書です。法定相続分で遺産を分割する場合には遺産分割協議書は必要ありませんが、異なる場合には不動産や銀行口座の名義変更のために必要となります。

債務についての遺産分割協議書への記載
遺産分割協議で合意した内容は遺産分割協議書に記載されることになりますが、財産だけでなく債務についても記載をすることになります。債務には治療費や入院費、税金、金融機関からの借入金などがあります。
これらのうち入院費や税金は一括で支払いをしてしまうのが通常ですが、金融機関からの借入れの場合にはローンなどの分割返済を行っているものもあります。これらの債務についても法定相続分と異なる分割を行う場合には、相続人の誰がどれだけを引き受けることになったのかを遺産分割協議書に記載しておく必要があります。

債務の相続
遺産分割協議書の作成によって法定相続分と異なる相続ができますが、債務については注意が必要です。債務も遺産分割協議によって法定相続分と異なる分割はできるのですが、債権者の承諾を得ていなければ有効なのは相続人の間だけの事となるのです。
例えば相続人となるのが二人の子供だとして、5千万円の債務が相続の対象となったとき、片方が全ての債務を相続すると遺産分割協議で決めたとしても債権者がそれを承諾していなければ、債権者は他の相続人に法定相続分に基づく2500万円の返済を求められた場合には、遺産分割書を提示したとしてもこれを理由に返済を拒むことはできません。
遺産分割協議で債権者の承諾を要せずに債務の分割を自由に決められるとしたら、債務だけを特定の相続人に相続させることが出来てしまい債権者にとって不利となります。
このため債務を法定相続分と異なる分割をする場合には、事前に債権者の承諾を得て債権者と相続人全員との間で債務の免責と引受についての契約を締結する必要があるのです。

ピックアップ記事

  1. 後妻の子の相続における取り扱い
  2. 実は厳しい税金滞納への対応
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  5. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?

関連記事

  1. f777df5a45cb1c7e22c122738b635143_s

    債務整理

    競売の評価人の役割とは何をするのか

    競売に関連する3点セットで、競売の物件情報を知る事になるのですが、その…

  2. 612

    債務整理

    難解な競売の配当要求申立てについて詳しく紹介

    競売をおこなう場合は、債権者が債務者の担保となる物件を競売にかけること…

  3. 1930231be5bf464ea6484a63432e4107_s

    債務整理

    債務整理の件数の増加について

    債務整理の自己破産と個人再生の件数は平成18年には合計で20万件を超え…

  4. 67d5ac4735870dddc216c754e088aba8_s

    債務整理

    不動産を競売に出す流れとは

    不動産を競売で売らなくてはならない状況になりました。競売に出すまでにど…

  5. okanedorei0I9A8386_TP_V

    債務整理

    債務整理による債権放棄と債務免除

    借金の返済が困難となってしまった場合、法律は任意整理、個人再生、自己破…

  6. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s

    債務整理

    自宅が競売にかけられる理由について

    自宅が競売にかけられる理由には、様々な形や状況があるかと思いますが、一…

おすすめ記事

  1. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  2. maxeIMGL8761_TP_V
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  4. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  5. 612

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. f777df5a45cb1c7e22c122738b635143_s

    賃貸オーナー様

    管理ソフトで効率よく賃貸管理
  2. YOTAKAPAKU6526_TP_V

    任意売却

    競売の不動産物件で残置物は処分してもよいのか?
  3. ad098cb14459599430e4d60fe23df38c_s

    不動産基礎知識

    競売の手続きは債務者の意思と無関係に進む
  4. HOS8512_TP_V

    債務整理

    競売における立ち退き ~家財の取り扱いに注意~
  5. 90e67feabb46576a2e3b337d45d6530d_s

    相続

    相続における遺産分割のやり直しに時効はあるのか
PAGE TOP