債務整理

農地を競売で買えるの? ~農地法を考える~

競売で落札した農地を、競売後宅地に地目変更するにはどうすればよいか。また出来るかどうかをみてみましょう。農地を競売で買うことの意味を考えます。

■農地が競売に出されることはあるのか?

ありますが、とても特殊な競売になることは間違いありません。
まず農地はすべての取引や運用において、農地法というとても厳格な法律によって管理されています。

農地を農地として転売したり、競売にかけることもすべて、農地法の法律内で行われなければなりません、ましてや農地を宅地や駐車場に転用するには、更に厳しく制限されていますので、安易に競売で安いからといって手を出すべきではありません。

■農地法とはどんなものか

農地法は各市町村に置かれた農業委員会において、調査や指導のもとに事務手続きなどが行われます。言い換えれば、この許可なしには全ての農地は何も変更できないということです。農地を購入することは可能ですが、購入するだけで何も出来ないのが実情です。

購入して農地を農地として使用するにも、農地法において許可なしには耕作することは出来ません。法律上、これは現所有者が申請して許可を得るものです(申請したからといって必ず許可が下りるものでもありません)。
それほど農地法とは厳格で厳しく取りしまわれている法律なのです、何故なら、農地法とは国の食糧事情の根幹をなすべき法律だからです。厳しくて当然といえるでしょう。
 

■農地を競売で落札するメリット

それでも農地が競売に上がっているということは、もちろん利用できる環境があるからです。その環境とは、農地法の中に定められている項目を、すべて満たした場合のみです。それは本当にごく稀なケースといえます。
その稀なケースにあなたが該当するならば、メリットは大いにあるといえるのではないでしょうか。一番のメリットはやはり価格の安さが挙げられると思います。

■農地を競売で落札するデメリット

実のところやはりこちらの方が、メリットよりはるかに大きいのではないでしょうか。
購入できたとしても、所有できないといったことも考えられますし、農地を農地として落札しても、耕作出来ないといったことも起こりえます。それは農地法という特殊な法律によって縛られているからです。

■まとめ

農地をどうしても入手したいとお考えなら、まずその農地の利用法を明確にしておかなければなりません。将来、宅地や駐車場としての転用が可能なのかどうかもとても重要です。
そのためには個人の考えや行動だけではどうにもなりません。そういう時こそ、不動産会社にご相談なさることをお勧めします、こういった特殊な事例は個人で判断するより、経験や知識のある不動産会社に相談することが得策です。

競売に関することや不動産の投資のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報ください。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 不動産の売却に年齢制限はある?
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 競売における売却基準価額とは何か
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. 債務整理

    競売評価人の資格と役割について

    競売が執行されると、裁判所によって3点セットが、参考資料として一般…

  2. 債務整理

    競売も、民事執行法で扱われる事案の一つ

    各金融機関から借りたお金の返済が滞った際に、債権者は裁判所を通して民事…

  3. 債務整理

    個人再生による債務整理とは?

    複数の消費者金融やカードローンなどの借入れによって返済が出来なくなって…

  4. 債務整理

    競売の続行決定とは何なのか?

    競売の申立て申請が行われたあとで、「競売続行決定通知」が届くことがあり…

  5. 債務整理

    競売における特別代理人の役割とは

    競売する不動産の所有者が死亡した場合には、その所有権や負債も、相続対象…

  6. 債務整理

    競売の登録免許税を軽減させるには

    競売不動産を取得すると、登記をおこなうために税金の支払いをすることにな…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 債務整理

    競売物件の”変更”とは?
  2. 任意売却

    土地のみが競売の対象の場合、土地上の建物はどうなる?
  3. 債務整理

    差押えされた家が競売物件になるまで
  4. 債務整理

    裁判所命令により競売が延期になるケース
  5. 任意売却

    任意売却の際に必要な特約条項~同意書~
PAGE TOP