a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s

債務整理

競売手続きで住宅が差し押さえに!

住宅ローンの支払いを滞納していると、借入先の金融機関から催促の電話がきますが、それを無視していると、督促の通知がきます。そこで、支払いができればいいのですが、それも無視していると、取り返しのつかないことになります。今回は、競売手続きで住宅が差し押さえられる件についてみていきましょう。

■住宅が差し押さえられるまでの期間
滞納1ヶ月未満であれば、催促の連絡ぐらいで、取り立てもそれほど厳しくはありません。しかし、2ヶ月、3ヶ月と滞納していくと、住宅ローンの元金と併せて遅延損害金を一括返済するような文言の入った「督促状」が届くようになります。

3ヶ月を経過しても、支払いができないといった状況になると、今度は「催告書」が届きます。催告書は住宅ローンを組む時に、銀行と取り交わす「毎月分割」の約束事ができなかった人に対して、分割して支払う権利を無効にするといった内容の「期限の利益の喪失」を言い渡すことになるのです。そのようなことから、この書類が届いた時点で、住宅ローンを一括で支払いしなければならなくなります。

期日までに支払いができなかった場合は、保証会社がローンの全額を銀行に支払い、金融機関に変わり、保証会社から請求が届くことになるのですが、その内容は、住宅ローンの残額及び遅延損害金の一括返済です。その期間は、およそ3ヶ月から6ヶ月となります。

そのまま放置しておくと「競売開始決定通知書」が届き、住宅が差し押さえられることになります。そこからは、競売の申立てが行われ、遅くても1年もたたないうちに競売になってしまいます。

■住宅が差し押さえられるとどうなるか
住宅が差し押さえられると、登記事項証明書(登記簿謄本)に、差し押さえと表記されます。それでも、その自宅には住めなくなるわけではありません。また、差し押さえられた住宅を売買できなくなるわけでもなく、貼り紙をされることもありません。

登記事項証明書を見なければ、住宅が差し押さえられたことは確認できないので、近所に知れ渡ることはありませんが、住宅ローンの借り換えをするには、過去の未納があることを烙印が押された形になります。

■差し押さえの期間
住宅ローンが払えなくなって、返済の滞納が続いてしまうと、通常は6ヶ月で差し押さえになるといわれています。例えば、住宅金融支援機構は滞納から6ヶ月で期限の利益が喪失し、残債務の一部返済の請求とともに競売の手続きが進められます。

ただし、各銀行によっては、3ヶ月の場合もあるようですので、その期間は一概にはいえません。

先述したように、いきなり「競売開始決定通知書」が送られてきて、住宅が差し押さえられることはなく、事前に、督促状や催告書、期限の利益喪失通知が届くはずですので、ご自身がどの段階にいるのかを認識しながら、必要な手続きを踏むことが重要です。

■まとめ
住宅ローンを滞納した際に届く通知書の意味がわからず、そのまま放置し対応が遅れてしまうと、どんどんリスクは高くなっていきます。そうなると、交渉のタイミングも逃してしまうこともあるので、早い段階で専門家にそうだんすることがお勧めです。

不動産のことに関して何か困りごとや疑問がありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 競売における売却基準価額とは何か
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  4. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  5. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!

関連記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売落札後にやるべきこと!(把握すべきこと)

    競売入札をし、いきなり落札後に通知がきてびっくり。なんて事がないように…

  2. df6ffb84fd6d28a5a739f57b61c72f63_s

    債務整理

    住宅ローンを病気で払えなくなってしまったら?

    住宅ローンを抱えていて病気を患ってしまった。来なら、住宅ローンを組むと…

  3. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

    債務整理

    競売の代理人(代行)の仕事とは

    不動産の競売は、結構手続きなどが面倒です。そんな時に利用できるのが、競…

  4. CSS85_hurikaeruyouko20131019_TP_V4

    債務整理

    債務整理の完済証明書は貰っておいたほうが良い?

    多重債務に苦しむ債務者の救済方法の一つである任意整理は、裁判所を通す事…

  5. 611

    債務整理

    競売における公告とその流れ

    競売の入札を行うには、その情報を入手しなければなりません。「競売の入札…

  6. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売では土地だけの購入に、問題点を考慮する必要性あり

    一般の不動産取引においても、土地と建物は別の所有物として認知されていま…

おすすめ記事

  1. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s
  2. YOTAKAPAKU6526_TP_V
  3. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s
  4. 27a6e2de55b826b3bbfcba54f157b480_s
  5. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 83cf93dbceb12ef501d4b52844c3b449_s - コピー

    相続

    相続放棄された土地を購入する際の注意点
  2. 070

    不動産基礎知識

    無理をしてまでマイホームは買わない方がいい
  3. 14ff343ed3f9262b8a8d04ad09037c3c_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンの借入額や返済額の目安について
  4. 113-1

    不動産基礎知識

    不動産売却における簿価の持つ意味
  5. e17516db652e8da1a8d83fe874a9b9d2_s

    任意売却

    任意売却・競売以外の住宅ローン支払い不可能状態における選択肢・個人再生とは
PAGE TOP