69be59eb9a7b334c84bfbeeb08aae398_s

相続

相続を円満に進める方法

相続による遺産分割を行う際に揉めてしまうことは良く聞く話です。しかし、親子や兄弟などの関係でお金に関することで揉めてしまうと上手く治めるのが中々難しいというのが実情ではないでしょうか。相続を円満に進めるにはどのような方法があるでしょうか。

LP_banner_02

円満な相続のために
もし、円満に相続の手続きを進めたいのでしたら、可能であれば相続についての話し合いを相続が発生する前から行っておくことがお勧めです。なかなか元気なうちは自分の死後のことを考えたり、向かい合ったりするのは難しいですが、準備を怠ることで取返しの付かないことになってしまうこともあります。
相続に伴う遺産分割で、残された肉親同士で訴え合うなどして裁判沙汰になったり、絶縁に近い状態になったりしてしまうことが実際にあるのです。
もし、生前から相続について話し合うことが出来ていれば、もしものときが起こったときの相続も円満に進めることができ、避けることのできたトラブルだったかもしれません。

生前から準備することのメリット
相続の手続きを行うためには、まず、遺産について目録を作成しなければいけません。この目録を作るためには、被相続人の所有していた遺産を全て洗い出すことが必要になります。本人しか分からない口座があるとなると、その口座に気づくことも難しいですし、探すとなると大変な作業となります。
銀行に問い合わせをしたり、被相続人のパソコンを調べたりと計り知れない労力が必要となるのです。しかし、生前から相続について話し合いを持っておけば、このような手間が不要となりますし、円満に手続きを進める秘訣ともいえます。次に相続人が誰になるのかを明確にしておくことも大切です。遺産分割協議が終わったところで、実は別に相続する権利がある人が現れたとなると協議自体ががやり直しになるからです。
また、遺言を書くという意思表示を事前にしておくことも出来ます。

相続税対策の検討
相続税対策も生前から準備するのであれば、有効な手立てが複数あります。例えば遺産の総額を抑えるために評価額の計算が時価に比べて低くなる賃貸用不動産を購入したり、生命保険加入による非課税枠を利用したりすることで相続税の負担を軽くすることを検討することができます。
これらの対策は相続が発生してからでは間に合いません。無税の贈与を継続して続けることも相続税対策として有効です。また、相続税の納税が避けられない場合には、どの不動産を処分するかということも事前に検討しておくこともできます。
以上のような点からも円満に相続を進めるために生前からの話し合いを持たれることをお勧めします。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 後妻の子の相続における取り扱い
  4. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  5. 競売における売却基準価額とは何か

関連記事

  1. dcfff1a4a13d7dda34636c59bebed6a7_s

    相続

    相続の範囲と3親等の関係性での誤解について

    相続の問題で、よく質問されるのが、「何親等までが相続が可能でしょうか」…

  2. e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

    相続

    いざという時のために知っておきたい相続の進め方

    相続が発生するということは近しい血縁者が亡くなったということであ…

  3. a379a0ae3b872518fa3d1b66f4ece93d_s

    相続

    相続人である妻が気を付けるべきポイント

    婚姻関係にある相手のことを配偶者といいますが、相続が発生したとき、民法…

  4. device-3031261_640

    相続

    相続における準確定申告とは何か

    相続が発生した場合には、相続税を納税する必要があるかどうかを調べるため…

  5. 67c248fc73752b0eb81b026e478e7ff7_s

    相続

    相続の遺産がわからないときにどうすれば良いか

    相続は人の死を契機にして開始されることになります。本来であれば生前から…

  6. 793cad1791d400dfba826442d97e6285_s

    相続

    相続の税率は、知っておくべきことなのか?

    親や祖父が亡くなったときに、もらい受ける遺産に対して「相続する」という…

おすすめ記事

  1. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  2. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  3. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s
  4. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  5. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 0b47880855ce7834db11c862622d5377_s

    相続

    住宅ローンと登記名義の不一致で夫婦間でも贈与税が発生
  2. ME_biz20160902181915_TP_V

    債務整理

    競売も、民事執行法で扱われる事案の一つ
  3. maxeIMGL8761_TP_V

    賃貸オーナー様

    家賃・賃料の滞納者には催促の電話から始めよう!!
  4. 468597c9538d3dc1794e275058a8e71a_m

    いろいろ

    競売による交付要求の手続きとは
  5. 31a2ef99b9adb80716cb3afa2bd92c9b_s

    不動産基礎知識

    競売物件における固定資産税等の取扱いについて
PAGE TOP