22ae5fb0fc83c66b88db369a1b8e7c9c_s

相続

相続税の相談は相続のプロにしたほうが良い理由

もし、所有している現預金や不動産などの総額が高額であれば、相続税の基礎控除額を超えてしまうかもしれません。そして、それらの資産を遺産としてできる限り多く遺族に残したいと思うのであれば、相続のプロフェッショナルに相談されることをお勧めします。

LP_banner_02

相続のプロフェッショナルとは?
プロフェッショナルとは、その道の専門家であって、その専門分野を仕事にして生活の糧にしている人々のことです。相続に関する専門家には、司法書士、弁護士、税理士などが挙げられますが、相続税を出来る限り抑えたいということであればやはり税理士が相応しいといえます。
しかし、税理士であれば相続税のプロフェッショナルかというと決してそうとは言えません。医者にも小児科や内科といった専門分野があるように、税金にも相続税以外に所得税、法人税、酒税、消費税と数多くの種類があり、それぞれに特化する税理士がいるくらいに奥深い内容になっています。したがって相続税について深い知見を有する税理士でなければ、例え税理士であっても相続税のプロフェッショナルとは言えません。

相続のプロへの相談に当たって
相続税の相談をするためには税理士を選ばなければいけませんが、このとき税理士なら誰でも大丈夫だと思わないことが大切です。税理士である以上、相続税の相談を受ければ対応しますし、実際に相続が発生したときには相続税の申告の手続きも行うことでしょう。しかし、相談する税理士の相続税についての知見と提案力の有無によって納める税額が百万単位で異なることもありますので注意が必要です。
なかには千万円単位で変わったという話もあります。税理士に支払う報酬の安さだけで選んでしまうと、このような問題も起こり易いかもしれません。税理士の中でも相続税の相談は相続税のプロフェッショナルである税理士に相談するようにしましょう。

相続のプロを探す
税理士の中でも相続税のプロフェッショナルを探すにはどうしたら良いのでしょうか。まずは可能であれば時間の余裕を持って探すことです。特に相続税は生前から準備をすることで節税の効果は一段と高まります。死亡してからではなく、生前からの行動が大切です。
次に相続税の相談を受けているだけでなく、実際に申告している税理士を探しましょう。実際の申告を通して知見は積み上がっていくものです。また、相続税について出版をしていたり、講演などをしたりしている税理士であれば相続税を専門としている又は相続税を得意とする税理士である可能性が高いです。
税理士報酬を多少多く支払ったとしても、それ以上の節税効果のある提案を受けられるのであれば報酬は結局安かったということになりますから、税理士選びでは妥協しないことが大切です。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  2. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  5. 実は厳しい税金滞納への対応

関連記事

  1. a379a0ae3b872518fa3d1b66f4ece93d_s

    相続

    相続人である妻が気を付けるべきポイント

    婚姻関係にある相手のことを配偶者といいますが、相続が発生したとき、民法…

  2. e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

    相続

    いざという時のために知っておきたい相続の進め方

    相続が発生するということは近しい血縁者が亡くなったということであ…

  3. 150906403867_TP_V4

    相続

    相続における減価償却の取扱いについて

    相続が発生すると被相続人の財産を相続人が相続することになります。このと…

  4. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

    相続

    相続定期預金利用のメリットとデメリット

    相続が発生したら被相続人が所有していた財産の評価を行い、相続税が発生す…

  5. 90e67feabb46576a2e3b337d45d6530d_s

    相続

    相続における遺産分割のやり直しに時効はあるのか

    相続が発生すると相続人で遺産分割協議が行われて、協議内容に相続人全員が…

  6. OZP73_atamagawareruyouniitai20130707_TP_V

    相続

    相続の遺産分割では裁判はできない?

    残念ながら相続を巡って親族間で紛争になることがあり、最後は裁判で争われ…

おすすめ記事

  1. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  2. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  5. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. YOTAKAPAKU6526_TP_V

    任意売却

    競売における賃借人と賃貸人の権利とは
  2. 108-1

    賃貸オーナー様

    アパート経営におけるローン借り換えのメリット
  3. PAK85_xvidman20141123104413_TP_V4

    相続

    相続による不動産の取得に不動産取得税は課税される?
  4. 債務整理

    競売による所有者の証 ~権利証~
  5. SEP_327215200714_TP_V

    債務整理

    競売不動産の手続きの流れから注意すべき事
PAGE TOP