2ce166a18a8b419eca895bbec3246a52_s

不動産基礎知識

今後の住宅ローンの見通しについて

2016年1月に導入が決定されたマイナス金利ですが、これにより住宅ローンのフラット35の金利が1月頃まで1.5%前後で推移していたところ徐々に下がり始め、5月頃からは1%前後の水準で推移するようになっています。低金利が続いていますが、今後はどのような推移となるでしょうか。

■マイナス金利の影響
日本銀行がマイナス金利の導入を決定して、住宅ローンを始め様々なローンの金利が軒並み下がりました。そもそもマイナス金利とは、どのような仕組みなのでしょうか。
通常、お金を銀行に預けると預けた金額に応じて利息が支払われます。これがマイナス金利となると、預けた金額に応じて利息を銀行に支払うこととなります。マイナス金利は、日本銀行と金融機関との間に適用されるものであり、個人と金融機関との間の金利が即座にマイナス金利になる訳ではありません。
このマイナス金利が適用されると、金融機関は日銀に預金をしていても利息を払わなければなくなります。日銀は、金融機関が企業や個人に貸出をしたり、他の投資に資金を回したりするようになることを期待しているのです。

■マイナス金利によって景気は良くなったか
マイナス金利の実施の目的は、市中のお金の流通量を増加させて、デフレからの脱却することです。これまでゼロ金利政策、量的緩和、質的緩和を行ってきましたが、思うように進まないデフレ脱却にもう一つ手を打ってきたというところです。しかし、現時点において依然景気の先行きは不透明であり、金利を上昇させるというところまでには至ってはいません。

■今後の動向
マイナス金利は本来望ましいものではなく、できることならば上昇させたいというのが本当のところですが、現在金利を上げてしまうと、一気にデフレの状態に戻る可能性があります。金利を上昇させても大丈夫だという時期には未だ至っていないということです。このことから今後もしばらくの間は低金利が続くと予測されます。
しかし、景気の動向はサイクルです。下がり切ったものはいずれ上がるものだという金融の見方もあります。今、すぐという訳ではありませんが、2~3年後には上昇傾向になっていることも十分に考えられます。

■金利上昇による住宅ローン返済への影響
住宅ローンなどで、変動金利型の低金利時に月々の返済額を支払い能力の上限で借りてしまうと、金利が上昇した時に返済が困難になることがあります。余裕を持った返済計画を立てて融資を受けることが大事です。そして既に借入れを行っている方は、金利が上昇した際の対応を今から検討しておくことが肝要です。返済が困難になったときの対応についても検討をしておくことが望ましいです。

ピックアップ記事

  1. マイホームを手放すことになってしまったら
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 競売における売却基準価額とは何か

関連記事

  1. 56f5a148a5a12416b75455169a6f6e48_s

    不動産基礎知識

    競売の費用負担は誰がするの?

    債務者が住宅ローンなど貸入金の返済ができない場合に、債権者は債務者に対…

  2. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

    不動産基礎知識

    競売不動産には、どんな物件があるの?

    競売の不動産というと、やはり住宅ローンが支払えず差し押さえられ競売に出…

  3. 102b72e5d5e3dff4fa89fd7c794b97c5_s

    不動産基礎知識

    競売の流れから見る専門用語

    競売について詳しく知りたい方にとって、競売に関わる専門用語は難しく感じ…

  4. 27907ea4f0460623426aae99ebfea636_s

    不動産基礎知識

    マンション売買における手付金の持つ性質

    マンションを始め不動産の売買では契約締結に際し手付金の授受が行われるの…

  5. 84-1

    不動産基礎知識

    競売における物件明細書では何が分かるのか

    競売における物件調査には3点セットというものを利用します。この3点セッ…

  6. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

    不動産基礎知識

    競売の不成立と制度変更

    不動産に抵当権などが設定されていると債務不履行などによって担保権に基づ…

おすすめ記事

  1. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s
  2. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  3. OZP68_namennayo_TP_V
  4. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s
  5. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. PAK85_xvidman20141123104413_TP_V4

    相続

    相続による不動産の取得に不動産取得税は課税される?
  2. 425336ab550c91657ebac53dc7a64c00_s

    不動産基礎知識

    不動産競売申立に必要な費用と取り扱い
  3. maxeIMGL8761_TP_V

    任意売却

    不動産競売 停止させる方法とは?
  4. f27920785d90a145af113c407d65d541_s

    いろいろ

    住宅ローンのボーナス返済における適正な割合とは
  5. 67c248fc73752b0eb81b026e478e7ff7_s

    相続

    相続の遺産がわからないときにどうすれば良いか
PAGE TOP