846819abe67b9ac1ff6f6666c2d750b2_s

不動産基礎知識

競売で行われる特別売却とはどのようなものか

裁判所で行われる競売は、期間入札によって行われます。一般の不動産売買市場の価格水準の5割程度の売却基準価額が提示され、買受希望者は売却基準価額の8割以上の価格で入札を行う決まりとなっています。すなわち市場の4割程度の価格から買受が可能ということになりますが、それでも買受が決まらない場合には、特別売却という手続きが取られることとなります。この特別売却とはどのような売却方法なのでしょうか。

LP_banner_02

早い者勝ちの特別売却
期間入札を行っても買受人が現れない場合、裁判所は特別売却という手続きを取ることになります。1~2週間程度の期間入札を経ても買受人が現れなければ、東京地裁では開札期日の翌日から1週間程度の期間が特別売却期間となります。
なお、入札期間などは物件や裁判所によって異なりますので注意が必要です。
この特別売却ですが期間入札とは異なり、価格を競うことは基本的にはありません。特別売却期間に買受可能価額以上の価格で適法に買受申出を行った時点で落札が決定します。
このため買受金額は買受可能価額で足り、早い者勝ちで買受人が決まるということになります。あとから高額の申出を行っても買受人になることはできません。同時に買受けの申出があった場合には入札やくじなどで買受人を決定することになります。

特別売却でも売却できなかったら
特別売却を行っても買受人が現れず、売却が決まらない場合があります。このような場合には、裁判所は売却基準価格の見直しを行って再び期間入札のやり直しを行います。
具体的には売却基準価額を2~3割下げるのですが、これにより買受可能価格も同様に下がることになります。価格のハードルを下げて売却可能性を高めるのが目的です。
2回目の期間入札でも売却が出来ない場合には、2回目の特別売却が行われることになります。それでも買受人が現れなければ、同じ流れで3回目の期間入札と特別売却の手続きに進むことになります。
3回目の特別売却によっても売却が決まらなかった場合には、裁判所は売却の見込みがないとして強制競売の手続きを停止させることができます。

売却できない物件には何らかの問題がある?
特別売却を行っても買受人が現れないということは、物件の権利が複雑など何らかの問題があるケースが多いです。この問題点を解消することができれば、特別売却よりも高く売却できる可能性が高くなります。
競売の申立てを行った債権者と交渉して任意売却に切り替えることも買受人が現れなかったことで可能です。2回目の期間入札となると更に価格が下がってしまいますので、任意売却の検討、準備をしていた方で間に合わず開札日を迎えてしまった方などは競売の取下げの交渉としてみてはいかがでしょうか。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  2. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  3. 実は厳しい税金滞納への対応
  4. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. fe6741a0c8b846796ecefd7bf1a715c9_s

    不動産基礎知識

    競売物件の代金には消費税が課税されないの?

    競売物件の代金には消費税が課税されないというのは本当でしょうか。もし、…

  2. ee463cd3d558a5911b0401c1b36cc63b_s

    不動産基礎知識

    投資目的の競売物件のリフォームについての注意点

    競売物件のほとんどは、修繕やリフォームを必要とします。その分の費用も含…

  3. ba1d175f97ab58aa3f965d593d85aad8_s

    不動産基礎知識

    不動産競売における物件数の推移

    不動産競売は全国の地方裁判所で行われています。ひとつの機関が取り扱う物…

  4. 1a67a0d11357692b22127e5495349eca_s

    不動産基礎知識

    不動産投資と支払うべき税金の確認と節税

    他の投資に比べると比較的安定した収入が見込める不動産投資ですが、税金の…

  5. cb363ac132747bdc121cf50218c723e7_s

    不動産基礎知識

    競売における続行決定申請とは何か

    競売の申立てが行われた後に競売続行決定という通知が出されることがありま…

  6. c188b482ca573dc4c3c9704f45b2e758_s

    不動産基礎知識

    競売の期間入札における入札に際する委任状の取扱い

    競売における期間入札における入札を行う場合に委任状の提出が求められるこ…

おすすめ記事

  1. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  2. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s
  3. 612
  4. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  5. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

    債務整理

    競売物件の所有権の移転を行うには
  2. e90f4bb6becc0920a05301bba093cefd_m

    任意売却

    国税などの滞納によって行われる競売
  3. 9b46eee0424a60ded7289a36e5eaeeee_s

    任意売却

    競売申立人が自ら落札することは出来るか?
  4. 79857a1193685112791775c6883a8761_s

    任意売却

    競売で落札された賃貸物件の敷金は戻る?
  5. 02ae970ea4cd8b8fd0e3ff03324c7dc4_s

    相続

    子供なし夫婦の相続の注意点
PAGE TOP