3494784_s

不動産基礎知識

家を売る際の築年数と立地 ~査定に関係するのは?~

何らかの理由で家を売る際に、その築年数は大きな判断の基準となります。古ければ安くなるとは一概に言えない側面もあるのが、家を売る際の難しい問題です。今回はこの家の築年数と販売価格について見てまいりましょう。

家を売る

人生のうちでそう何回もある事ではないものに、家を売ると言う事があります。事業として家を売る場合と違い、個人で家を売る際には気を付けなければならない事が幾つかあります。問題は幾らで売りたいのか、そして幾らで売れるのかといった事ではないでしょうか。

売却する家の状況を把握する事から、その売却価格は決まってくるものですが、算定する事は個人ではなかなか難しい問題です。まずは希望額に近い金額で売れるかどうかがポイントとなるでしょう。

その売却価格を決める為には、その家の築年数が最も重要な要素になります。一概には言えないのですが、築年数が新しければ新しいほどその価格は高くなりがちです。が、例外的に古民家と呼ばれるほど古いものには、それなりの価値がつく事もあります。

このように、その家の価値を自身で決める事は思いのほか難しいものです。またその家の立地条件などでも価値は変わってきます。都心の一等地にある家と、地方の僻地にある家とでは比べるべき基準が根本から違います。

都市部の中心にある家だとすると、建物そのものの価値はさほどなくとも、その地価により高額で売れる事は安易に予想できることです。しかし、その逆に地方の山間部などの家を売る場合ですと、その地価や家自体の価値も算定する事は素人では難しいものだと思います。

築年数による価格の変動

例えば家を買う際、同じ様な物件が二つあるとすれば、買う側にしてみればその価格などに差がなく、立地条件も似たようなものであれば、築年数が新しいものを選ぶのが消費者心理というものです。

その為、売る側としてもその売却価格を決める際には、どうしても築年数を考慮しないわけにはいきません。家の価値である築年数は、国によりその耐用年数というものが設定されています。

木造住宅の場合その耐用年数は22年、鉄筋コンクリートでの建造物は47年と定められています。これは勿論それ以上住んではいけないという事ではありませんが、売る際の家の価格の査定という観点から見ますと、かなりその築年数は価格に影響をもたらします。

家を売るという事は、このように色々なファクトによりその価格はまちまちです。幾らで売りたいかも大事ですが、問題は幾らで売れるかではないでしょうか。その査定はやはり家のプロである不動産業者にお任せする事が一番の早道です。

家を売る際に、不動産業者にお任せする事で得られる一番のメリットは、幾らで売れるかという販売価格が分かるという事と、家を売る仲介をして頂けるという事です。買い手を探すのも個人では容易でない事はご理解いただけると思います。

まとめ

これらの理由から、家を売る際には親戚や知人など旧知の方などの場合はともかく、まったく知らない人に売る際には、その価格も含め信頼のおける不動産業者に仲介をお願いする事が最善の策ではないでしょうか。

不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  2. 不動産の売却に年齢制限はある?
  3. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. 22898650_s

    不動産基礎知識

    【住宅ローン】余分に借りる事は可能なのか!?

    住宅ローンを組むにあたって、金額を余分に借りる事はできるでしょうか。結…

  2. 22909165_s

    不動産基礎知識

    家を売る時は、リフォームしない方が良い!?

    家を売る場合は、新築からある程度年数を経ていることが多いでしょう。まれ…

  3. 3291896_s

    不動産基礎知識

    相続した住宅のローンも払う必要はあるのか?

    親の他界などによって、住宅ローンが残っている家を、相続する事があります…

  4. S001_megane0120140830145829_TP_V4

    不動産基礎知識

    住宅ローンによる借入に勤続年数はどれだけ影響するか?

    住宅ローンによる融資の審査項目に勤続年数があるという事ですが、この勤続…

  5. 425336ab550c91657ebac53dc7a64c00_s

    不動産基礎知識

    不動産競売申立に必要な費用と取り扱い

    不動産競売は裁判所で行われるものではありますが費用が発生します。この費…

  6. d7d33887bd879f399d0645c61e837502_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンを多めに借りることは可能なのか

    リフォームや引っ越しの費用に、住宅ローンを利用出来ないだろうかと考えて…

おすすめ記事

  1. 1012318_s
  2. 5100918_s (1)
  3. 2077370_s
  4. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s
  5. 4680320_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 5040863_s

    離婚と不動産

    離婚はするべきか ~離婚時の問題や家の処分~
  2. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    離婚と不動産

    離婚後には税金が増える!?
  3. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s

    債務整理

    競売においての最低落札価格の決まり方
  4. 46e63fb8ceb18502a1b32098d6eaf4e4_s

    債務整理

    差押えされた家が競売物件になるまで
  5. 2077370_s

    不動産基礎知識

    不動産競売において、3回にわたり不売となればどうなるのか?
PAGE TOP