不動産基礎知識

家の売却 ~査定シミュレーションの特性と注意点~

家の売却を考えたとき、「どのくらいで売れるのか」というのは最も気になる所です。簡単に相場を知る方法の1つに、査定シミュレーションがあります。今回は査定シミュレーションの特性や注意点などについて解説します。

査定シミュレーションとは

AI(人工知能)による査定シミュレーションは、過去の類似物件や取引データなどの情報を元に照会・計算をして算出されます。AIは情報量が多いほどその精度は上がります。その反面、情報量が少ないと学習が十分にできず精度は低くなってしまいます。

また戸建ての場合はマンションと比べて価格決定の要素が細かく、AIでは計算できない面もあります。そのため査定シミュレーションは、マンションとの相性がいいと言われています。以下に査定シミュレーションのメリットとデメリットを紹介します。

《メリット》
●査定結果がすぐに分かる
●匿名でできる(個人情報を不動産会社に伝えずにできる)

《デメリット》
●査定額は正確な金額ではない
●家の内部までチェックできない

実際に家を売却する場合は、不動産会社の査定が必要になります。しかし事前に相場を調べておくと、不動産会社に査定を依頼したときに価格が適正かどうかの判断に役立ちます。
査定シミュレーションは、おおよその相場を知るための参考として使いましょう。

査定の種類

査定の種類はAIによる査定シミュレーションの他にも、「机上査定」と「訪問査定」の2つの方法があります。

〇机上査定
簡易査定ともいわれ、不動産会社の担当者が登記簿謄本や住宅地図・過去の取引事例などを基本的な情報や資料を元に査定をします。実際に物件は見ずに行います。査定の価格提示まで1~2日程度かかりますが、査定シミュレーションより精度は高くなります。

〇訪問査定
詳細査定ともいわれ、不動産会社の担当者が物件を実際に見て査定を行います。価格の提示まで1週間前後かかりますが、精度は最も高く売却価格を決定する重要な参考資料にもなります。

不動産会社によって査定価格は異なります。そのため複数の不動産会社に査定依頼を行うことをオススメします。各不動産会社を比較することで、最高価格や相場を知ることができます。

売却にかかる期間・費用・書類

不動産の売却は通常3~6ヵ月ほどかかると言われています。売却にかかる流れや費用、必要書類を以下に紹介します。

〇売却の流れ
●不動産査定(自身でも相場を調べる)
●不動産会社と契約
●売却活動を売り出す(売却活動)
●交渉・契約
●物件引き渡し

〇売却にかかる費用・税金
●仲介手数料
●印紙税
●登記費用
●譲渡所得税(売却益が出た場合)

〇売却に必要な書類
●登記簿謄本
●公図
●間取図
●土地の測量図あるいは建物の図面
●登記済権利証または登記識別情報
●身分証明書
●実印と印鑑証明書
●固定資産税納税・都市計画税納税通知書
●建築確認済証・検査済証(一戸建ての場合)
●固定資産評価証明書

まとめ

査定シミュレーションはおおよその価格であることを理解して使い、不動産会社への査定依頼は複数社に行うことをオススメします。また売却の流れや、費用・必要書類などを把握しておくことも大切です。信頼できる不動産会社を選び納得のいく売却をしましょう。

不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  3. 不動産の売却に年齢制限はある?
  4. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  5. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク

関連記事

  1. 不動産基礎知識

    不動産投資に財務諸表の知識は必要か?!

    株式投資では、投資先の企業の実態を把握するために、財務諸表を読み解くス…

  2. 不動産基礎知識

    住宅ローンに対する不安と心構え

    人生で最も大きい買い物と言われるマイホームの購入ですが、金額が大きいだ…

  3. 不動産基礎知識

    競売で一戸建て住宅を購入する際には

    競売で住宅を購入する為には、幾つかの注意すべき点がございます。その注意…

  4. 不動産基礎知識

    今後の住宅ローンの見通しについて

    2016年1月に導入が決定されたマイナス金利ですが、これにより住宅ロー…

  5. 不動産基礎知識

    不動産売却によって発生した利益~不動産売却益ってなに?~

    不動産を売却した場合、利益が出ると「不動産売却益」といわれるのですが、…

  6. 不動産基礎知識

    競売における不売と特別売却

    競売にかけられた不動産は、期間入札という方法で売却されます。この売却価…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 任意売却

    競売申立人が自ら落札することは出来るか?
  2. 債務整理

    競売のスケジュールは大きく分けて2つ
  3. 任意売却

    任意売却におけるハンコ代が意味する役割
  4. 債務整理

    競売の落札相場を知ることで売買の判断基準にする
  5. 不動産基礎知識

    不動産投資における平均的な利回りとは
PAGE TOP