不動産基礎知識

競売件数の推移と任意売却増加の関係について

最高裁判所がまとめる司法統計によると、競売件数は減少の一途をたどっています。しかし一方で、任意売却の件数は増加の傾向にあるのです。これは一体なぜなのでしょうか?今回はその理由について考えてみます。

司法統計とは?

裁判所が取り扱った事件のデータを集計したもので、最高裁判所事務総局が結果をまとめています。その後、司法統計年報および司法統計月報として刊行され、裁判所のホームページにも記載されるので、個人でも自由に閲覧することが可能です。

なぜ競売件数は減少し、任意売却は増加しているのか?

最新のデータである2021年までの公告を見ると、競売の件数は全体的に減少傾向へ推移しています。最大の引き金は、2008年に起こったリーマン・ショックによる世界的金融危機の影響によると、一般には分析されます。

これを受けた政府による施策が、競売件数の減少に拍車をかけ、任意売却増加の流れを作ったと言われます。つまり「競売件数減少」と「任意売却増加」の二つの現象は、絶妙にリンクしているということです。

中小企業金融円滑化法とは?

モラトリアム法と通称されるこの法律は、リーマン・ショックによる金融危機を受け、翌2009年に成立しました。その内容は、住宅ローンの返済に困窮している中小企業や個人に対し、一定期間の猶予を与えるというものです。

これによって、住宅ローンの破綻者を最小限に食い止めることができ、また、金融庁は金融機関への積極的な施策への参加を指導しました。これらの結果として、競売件数は減少して行ったと推察されます。

法律終了後も競売件数が減っていった理由

中小企業円滑化法は当初、2年間のみの期間が設けられていましたが、二度の延長を経た後、2013年の3月末日をもって終了しました。

しかしその後も、金融機関は債務者に対し、強制的に競売にかけるようなことはせず、猶予期間を設けるなどの柔軟な対応を行っています。ここから、競売件数の減少が一時的なものではなく、その後も続くように推移したと考えることができます。

任意売却はなぜ増加した?

この最大の理由については、インターネットの普及によって、任意売却の存在を知る人が急増したことが考えられます。また今では、不動産会社が任意売却の専門アドバイザーを置くことも多くなりました。

債務者としても、「競売にかけられる前に売却した方が良い」と考えていると言うことです。不動産会社としても、住宅ローンの返済に困窮している人を、サポートするというスタンスを取るようになって来ているのです。

まとめ

競売件数の推移から、その減少と任意売却の増加の理由について考察いたしました。住宅ローンの返済に悩んでいる人は、不動産会社に相談してみる事をお勧め致します。

不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  4. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  5. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

関連記事

  1. 不動産基礎知識

    住宅ローンの返済中に病気になってしまったら?

    住宅ローンの返済は一般的に長期に渡ります。人にも依りますが30年を超え…

  2. 不動産基礎知識

    家を売却しよう~売れるまでの流れをおさらい~

    今現在、持っている家を売ろうと思ったら、どの様な流れになるのでしょうか…

  3. 不動産基礎知識

    籍を入れていない内縁関係でも住宅ローンは組める?

    家を買う際に、”夫婦”ではないカップルや、パートナー同士の場合、住宅ロ…

  4. 不動産基礎知識

    競売物件の買い方は一般的な不動産売買と何が異なる?

    不動産の競売物件は、一般的な不動産場売買における価格相場と比較して安く…

  5. 不動産基礎知識

    競売における物件明細書では何が分かるのか

    競売における物件調査には3点セットというものを利用します。この3点セッ…

  6. 不動産基礎知識

    住宅ローンを利用すると住民税は安くなるのか?

    住宅ローンを利用すると一定の条件を満たすことで住宅借入金等特別控除とい…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 債務整理

    競売における消費税
  2. 債務整理

    知っておきたい競売の明け渡しまでの流れ
  3. 債務整理

    競売手続きで住宅が差し押さえに!
  4. 債務整理

    競売に参加するなら知っておきたい「抵当権」とは?
  5. いろいろ

    妊娠中に住宅ローンを組むことは出来るのか!?
PAGE TOP