51eb07af9b60537a221599db965f2882_s

不動産基礎知識

今後の住宅ローンの動向

2016年1月に日本銀行がマイナス金利の導入を決定し、市場に大きなインパクトを与えました。歴史的な低金利と言われていたにも関わらず、マイナス金利導入の発表とその後の影響により、金利は一段下がっている状況です。
現在でも歴史的な低金利が続くなかで、今度の住宅ローンはどのような動向をみせるでしょうか。

LP_banner_02

■金融機関は積極的姿勢を継続
住宅ローンを提供する金融機関は、今後も住宅ローンによる融資に対して積極的な姿勢を持続させると考えられます。マイナス金利の影響は大きく金融機関は日本銀行に現金を預け入れるよりも融資に回すことを選択すると考えられるためです。
一部では不動産に対する融資が過熱し過ぎているのではという意見もありますが、住宅ローンは優良な融資対象であるという認識は変わっていないため、今後も住宅ローンへの貸出姿勢は変わらないと考えられます。それだけ住宅ローンは他の融資と比較すると焦げ付きや滞納などのトラブルが少ないということが言えます。

■住宅ローンの金利
現在の住宅ローンの金利はフラット35の固定金利でも1%台が主流であり、マイナス金利の影響を受けて一時的には融資の種類によって金利が1%を切ることもありました。いきなり金利が上昇することも考えにくく、今後も当分の間は低金利が継続するものと予測されます。
しかし、底をうったと言われていた金利がマイナス金利導入の影響により一段下がりましたが、今後はこれ以上下がることは無いと考えられています。調達金利と金融機関の利益となるスプレッドを考えると、これ以上の金利の低下は金融機関の経営を圧迫するものになるとみられるためです。
また、変動金利は短期プライムレートと、固定金利は10年国債利回りと密接に連動すると言われています。実は2016年11月頃に国債の利回りが一時的に上昇傾向を示しました。これは大統領選で選出されたトランプ大統領への期待感の現れと説明されています。しかし、日本銀行はこの上昇を良しとせず、公開市場操作などにより利回りの上昇を抑えました。
日本の景気が上向きとならない限り、今後も日本銀行の姿勢は変わらないと考えられており、結果として住宅ローンの金利も急激に上昇するとは考えにくい状況です。

■今後のことはあくまで予測
経済動向は今後の予測は立てられても、それが外れることは良くあることです。何らかの内的、外的な要因によって経済状況が激変することも無いとは言えません。
だからといって現状の分析を疎かにしてはいけません。住宅ローンを借り入れる際には、金利の動向などを確認の上、納得のいく利用をしたいものです。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  2. 実は厳しい税金滞納への対応
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 競売における売却基準価額とは何か
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. 2ac7aaf61619ec56aaf8868e650eb60e_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンにおける融資比率と返済比率

    住宅ローンの利用を申し込んだ場合、金融機関では融資の審査に際して融資比…

  2. 56f5a148a5a12416b75455169a6f6e48_s

    不動産基礎知識

    競売の費用負担は誰がするの?

    債務者が住宅ローンなど貸入金の返済ができない場合に、債権者は債務者に対…

  3. 414fc752d3f510ea1355c4568050aa5c_s

    不動産基礎知識

    不動産競売が実行されることによる影響

    住宅ローンの滞納を続けた結果、不動産競売が実行されると色々な影響が出て…

  4. 77ea7237c8f5f51708e04f4525c49744_m

    不動産基礎知識

    競売における入札保証金と返還について

    競売の入札に参加するためには入札保証金を事前に納付する必要があります。…

  5. dac5d5843431aee6dc5a72376a5deda2_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンの支払いの督促を受けたなら

    長い期間に渡って返済を続ける住宅ローンですが、ときには思わぬ出費のため…

  6. 9a791a9d2e3eeff02a38463105132fe5_s

    不動産基礎知識

    住宅ローンを利用した資金計画の立て方

    マイホームを購入しようと決心し、モデルハウスやモデルルームを巡っている…

おすすめ記事

  1. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s
  2. YOTAKAPAKU6526_TP_V
  3. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s
  4. 27a6e2de55b826b3bbfcba54f157b480_s
  5. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 50cf6975fd0488852bdc9e2c2bcd9cb0_s

    任意売却

    リストラによって仕事を失ってしまったら
  2. 61-1

    賃貸オーナー様

    賃貸経営の破綻はどのようにして起こるのか
  3. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

    債務整理

    競売において供託金と呼ばれるお金について
  4. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売における配当要求とはどのように知るのか
  5. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s

    債務整理

    税務署が行う強制競売
PAGE TOP