wakigaIMGL6857_TP_V

債務整理

競売の落札相場を知ることで売買の判断基準にする

最近は、不動産業者のような専門家以外でも競売に関心を持っています。一般の方でも競売に参加できるのですが、相場という価格があれば参考にできるはずです。今回は、競売の相場を参考にすることによって、売る側にも買う側にも参考となるでしょう。

■競売における取引価格の相場とは?

競売のイメージとしては、一般の価格よりも安いイメージがあります。それと同時に、安いからには、それなりの理由があると思われています。競売における取引価格の相場について紹介しましょう。

入札する目安としては市場相場の約7割となっています。その値段から最低価格の基準として2割を下回ってはならないことが定められています。対象物件によっても異なるのですが、転売先がみつからないような物件は、6割程度の市場価格で取引されることもあります。

◎売却基準価格の評価とは?
競売される不動産を、「不動産鑑定士」によって評価される金額のことです。通常の評価基準とは別に競売で売却できる値段にする為の価格調整を行っています。

この価格の評価は市場価格から比較した場合に6割から7割程度になる為に競売で入札する為の「相場価格」となっています。

◎落札価格の見込みは
ほとんどの競売の参加者は、「相場価格」を参考にして「落札価格」を提示します。指定された期間内での入札に参加した者の中から「落札価格」の一番高い金額を出した者が購入する権利を得ることになります。

◎売却基準価額と落札額の調査によると
売却基準価額よりも高く落札する割合は全体の8割近くとなっており、売却基準価額よりも低い価格は約1割となります。先ほども言いましたが人気の高い物件は、値段を高くつけても入手したいので実際には2倍以上売れた物件もあります。

専門業者としては、転売目的なので自分たちの利益を差し引いた値段で落札するわけですから相場よりも低い値段で入手しようとしています。対して居住目的や資産としての購入者は割と高めに購入するようです。

■競売における注意点

競売物件でも「売却基準価額」を上回る場合が多いのは、人気がある物件であり、状態が良かったり権利関係がないような優良物件もあるということです。「売却基準価額」よりも安く購入する物件には、居住者がいたり、権利関係が解決できていないなど不動産関係者以外では、扱いにくい物件がほとんどなのでしょう。

■まとめ

不動産業者以外でも競売に参加することが可能とはいえ、実際に落札できるとは限りませんし、安く購入することも難しいでしょう。どうしても競売物件を購入したい場合には、やはり専門家にまかせて購入する対象物件と金額を相談した方が良いでしょう。また、競売で売却を検討する場合においても、相場よりも高く売れるかは物件の保存状態と権利関係がポイントになりますので参考にできればと思います。

不動産のことに関して何か疑問やお困りごとがありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  2. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  3. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  4. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

    債務整理

    競売の物件目録はなぜ必要なのか

    一般的に、不動産の売却をする場合には現地へ行って、物件の状況や情報を得…

  2. 76d5eb72f124e482dcc0061355abdfee_s

    債務整理

    住宅ローンの債務不履行をわかりやすく説明すると

    住宅ローンの滞納の状態は、債務不履行の状態にあります。この債務不履行は…

  3. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s

    債務整理

    住宅ローンは、転勤した後でも払い続けるのか?

    ある日突然、会社の上司から「おい、転勤してくれ!」と言われました。いき…

  4. maxeIMGL8761_TP_V

    債務整理

    競売と公売の違いとは?

    一般的に「競売」になる状況は、不動産物件の購入を検討したときに予算に不…

  5. 債務整理

    競売における3つの価格

    競売物件は一般的な不動産売買に比べとても価格が安いというイメージがあり…

  6. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

    債務整理

    競売の配当期日と手続き

    競売の配当期日とは何か、配当を受ける人とは?またどのような手続きをしな…

おすすめ記事

  1. 66 (5)
  2. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 612
  5. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 9c208ca774b2137264821eee610c3371_s

    不動産基礎知識

    住宅ローン返済中のマイホームを賃貸できる?
  2. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

    賃貸オーナー様

    突然の賃貸管理会社の変更で更新料の請求は妥当なのか
  3. 7d857e7d00e7d2849fa075bc609c55b9_s

    相続

    相続の支払いには困らないように控除と特例がある
  4. ee73471240fdd3bdc9b516b7d35436e3_s

    不動産基礎知識

    転職が住宅ローンに与える影響
  5. 76d5eb72f124e482dcc0061355abdfee_s

    債務整理

    住宅ローンの債務不履行をわかりやすく説明すると
PAGE TOP