tuchimoto07100I9A6603_TP_V

任意売却

相続放棄による競売

相続放棄とは、誰もが聞いたことのある言葉だと思います。相続するものによっては、権利を放棄したいと思うような財産も存在するのです。そのような場合に、相続人がいなくなることで競売にかけられることがあります。

相続放棄とは?

相続放棄とは、亡くなった方の遺産を相続する権利を放棄するということをいいます。相続放棄はほとんどの場合、相続できる「プラス」の財産よりも「マイナス」の財産の方が多い時におこなわれます。

しかし、相続放棄をしても、死亡退職金や生命保険金は民法上の規定で相続財産ではないとされており受け取りが可能ですが、相続税を支払う義務が発生してきます。そのため、生命保険金や退職金を受け取った際には注意が必要です。

相続放棄する主な理由

相続放棄はどの様な理由でおこなわれるのでしょうか、下記でみていきましょう。

① ほとんどのケースで、プラスの財産(不動産、預貯金、株式など)より明らかに借金が多いことがわかった場合、相続放棄をおこないます。なぜなら、相続する際はプラスの財産だけでなく、借金(負の財産)も同時に相続しないといけないからです。

② 相続放棄をする理由には、たとえ「プラス」の財産があったとしても、様々な事情から相続人なりたくない場合もあります。例えば、「相続争いに巻き込まれたくない」「相続人と関わりたくない」といった理由からです。

また、「プラス」の財産より「マイナス」の財産が具体的にわからず、借金が多いのではと不安がある場合にも行われることがあります。

相続放棄の手続きの方法

相続放棄の手続きは、相続開始日(知った日)から3ヶ月以内に住所地の管轄する家庭裁判所でおこないます。必要書類は以下の通りです。

・被相続人(亡くなった人)の戸籍謄本
・被相続人の住民票か戸籍の附表
・相続放棄する人の戸籍謄本
・相続放棄申述書
・収入印紙800円
・郵便切手

相続放棄した物件はどうなるの?

亡くなった人に借金があり相続人が相続放棄した場合、債権者は借金の回収のため家庭裁判所に「相続財産管理人選任」の申し立てをおこないます。その際には弁護士などが選任されて、費用やかなりの時間が掛かります。

その費用は債権者が負担することになっています。債権者は回収額が減ってしまいますが、そのあと競売にかけることができるのです。

まとめ

突然相続人になった場合、慌てずに法定相続人同士でよく話し合いを持って、相続することがプラスなのかマイナスなのかを検討することが重要です。相続放棄ができる期間は、3ヶ月以内ですので早めに意見を集約して対処した方がよいでしょう。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 実は厳しい税金滞納への対応
  2. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  3. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  4. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  5. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク

関連記事

  1. 6acd2006012da9f4a0ae76c0936193b7_s

    任意売却

    住宅ローンのボーナス併用払いが払えなくなったら!?

    住宅ローンをボーナス払いで購入したが、会社のボーナスが減給されてしまい…

  2. 0daec81b3bc3bf530d0483c5720743b7_s

    任意売却

    任意売却に必要な委任状の利用目的

    本人でなければ出来ないことを他の人にやってもらう場合に、委任状が必要に…

  3. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s

    任意売却

    その後の生活も考えたい任意売却とは

    住宅ローンの返済が出来ずにお悩みの方は、今後どのように考えればいいかわ…

  4. 02d7fdc87fd34eccb2a6c5ee9921b540_s

    任意売却

    競売物件の減少と任意売却物件の増加

    裁判所において競売は事件として取り扱われます。この競売事件の総数は、リ…

  5. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

    任意売却

    任意売却により残ったローンの対処方法

    住宅ローンや金銭の支払いが出来ない状態になり、仕方なく任意売却を選択し…

  6. 038

    任意売却

    住宅ローン一括返済のメリットとデメリット

    長期で住宅ローンの返済を行っていると、その期間中にマイホームを売却して…

おすすめ記事

  1. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s
  2. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  3. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  4. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s
  5. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. c48167f70325d59fec29348fc35aefc4_s

    不動産基礎知識

    競売にも種類がある?強制競売と担保不動産競売
  2. d0251b6331e537c6a5a8e4fc48b5c3b5_s

    相続

    遺産相続でもめたらすべきこと
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

    任意売却

    任意売却により残ったローンの対処方法
  4. TSURU070701_TP_V

    債務整理

    競売物件において固定資産税の支払い義務はどちらが負担?
  5. wakigaIMGL6857_TP_V

    任意売却

    住宅ローン不払いによる任意売却は増税前に済ませるが吉
PAGE TOP