19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

任意売却

任意売却時における連帯保証人の同意について

住宅ローンを組む際、連帯保証人を立てることが求められるケースもあります。その形式でローンが開始された後、何らかの事情で支払いが滞り、住宅の任意売却を考えざるを得なくなった場合、連帯保証人となってくれた方から同意を得る必要はあるでしょうか。調べていきたいと思います。

連帯保証人はどのような立場にあるのか

住宅購入などのためローンを組んだ債務者が、契約成立のため立てることとなる連帯保証人。その立場には通常の保証人と比べて異なる点が見受けられます。

保証人の場合、債権者側から債務者に代わって請求を受けた際にまず抗弁権を主張できます。これにより、債務者が財産の差し押さえを受ける前の段階での請求を拒むことができるわけです。

対して連帯保証人には抗弁権が認められておらず、債務者と同等の立場で返済に応じなければなりません。住宅ローンにより債務者に購入資金を貸した金融機関すなわち債権者側から支払いを請求された場合、拒否できない立場にあるというわけです。

ローン未払い後の流れ

諸事情により住宅ローン支払い不可能の状態に陥り債務者と見做されるとその後どのような状況になるのでしょうか。

そのまま未払い状態が続けば3~6ヵ月以内にはローンの分割支払いが認められなくなります。それ以後は一括返済による請求を受けることとなるわけです。さらに滞納が続けば、数ヵ月の間に住宅が差し押さえられ、競売により強制的に売却されます。その際の売値は債権者側が受け取り債務の穴埋めに充てられることとなります。

競売では、通常の不動産評価額が反映されず、入札額の中から最高値を付けた側に落札される形式が取られるため、一般の不動産価格より安価となるのが常です。売値が強制的にローン返済に充てられる形を取るにしても、未だ完済に届かない残債状態に置かれる可能性は限りなく大であると言えるでしょう。

競売よりも比較的残債を低く抑える可能性がある方法として、差し押さえ実行前の任意売却が挙げられます。

任意売却における同意の必要性

任意売却では、一般の不動産評価額に則った価格設定がなされます。これにより、競売よりも高額の売却額が見込めるというわけです。

しかし、住宅ローン滞納を要因とした売却である以上、債務者に当たる住宅所有者の一存のみでは実行できません。債権者に当たる金融機関ならびに連帯保証人の同意が必要となります。

ローンで購入した住宅には、金融機関側が持つ抵当権が付属されています。つまり住宅所有者がローン返済能力を失った場合、ローン回収側である金融機関はその住宅について裁判所に差し押さえを申請し、これによって住宅の所有権を強制的に取り上げることができるわけです。

このような抵当権が付いたままの物件では売買の対象として扱えません。そのため任意売却においては、債権者側の同意を得て、抵当権を抹消してもらうことが必要なのです。その抵当権抹消は、連帯保証人による債務承認が無ければ実行できません。

つまり連帯保証人が滞納状況を把握しており、その上で任意売却に同意していることも併せて必要となるわけです。任意売却による売却額がローン残高を上回る場合では、連帯保証人の同意は特に必要とされません。

しかし住宅物件は築年数が経過するにつれ評価額が低下していく資産なので、任意売却でローンが完済されるのはレアケースであると捉えておくべきでしょう。

まとめ

以上のように、連帯保証人はローン滞納時に債務者と同じ立場に置かれること、債務の穴埋めに着目すれば競売より任意売却の方が債務者側に有利であること、を踏まえつつ、任意売却を行うには抵当権の抹消が必要であり、そのためには金融機関ならびに連帯保証人の同意が不可欠であること、について確認してまいりました。

任意売却に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産の売却に年齢制限はある?
  2. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  3. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?

関連記事

  1. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s

    任意売却

    賃貸中の物件の任意売却について

    自宅や所有するアパートなどを賃貸物件にする場合、それぞれいろいろな理由…

  2. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s

    任意売却

    競売物件の価格「売却基準価額」について

    競売物件の価格は、通常の手続きで物件を購入するよりも安いと言われていま…

  3. 7de6db165cbd9c16424ade091da8172a_s

    任意売却

    競売による価格と任意売却による価格

    競売による不動産の売却価格は、一般市場で成立する価格の7~8割程度の水…

  4. tuchimoto07100I9A6603_TP_V

    任意売却

    住宅ローンが払えないときの「任意売却」 ~新しいスタートをきるためのメリット~

    夢にまでみたマイホーム。住んでみたのはいいけれど、不況やリストラ、病気…

  5. D0011_udemaku20140830150104_TP_V

    任意売却

    競売の落札価格が安いと、結局債務者が損をする

    住宅ローンなどの返済が苦しくなっても、マイホームを手放すことにならない…

  6. office-3295556_1280

    任意売却

    競売における最低売却価額から売却基準価額への変更

    住宅ローンの返済が出来なくなったマイホームや借金の返済が出来なくなり裁…

おすすめ記事

  1. maxeIMGL8761_TP_V
  2. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  3. TS0529016_TP_V
  4. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

    任意売却

    競売に関する手数料や各種手続き費用はどれぐらいかかる?
  2. 056

    不動産基礎知識

    競売における保証金の取り決めとその役割
  3. 3e2b95699e096db9ad227476def5f3a7_s

    いろいろ

    住宅ローンのボーナス併用払いで辛くなってしまったら
  4. OZP68_namennayo_TP_V

    任意売却

    不動産売買における競売物件について
  5. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s

    債務整理

    競売における物件目録とは
PAGE TOP