5dcdb937cecc78ed4d31b888cced33f3_s

任意売却

不動産競売の申立てを取下げて貰う方法

住宅ローンの滞納を続けていると、抵当権者である金融機関などは貸与したお金を回収するために裁判所へ担保権実行による不動産競売の申立てを行います。

LP_banner_02

そのまま何もしなければ確実に入札へと進み、最終的にマイホームは他人の所有物となってしまいマイホームからは追い出されることとなります。競売の申立てが裁判所に受理されたら、もう何もすることはできずに、ただ新しい所有者が決まるのを待つしかないのでしょうか。

競売を回避したいのであれば
住宅ローンの滞納はできれば避けたい。恐らく誰もがそう思っているはずです。しかし、収入が減ってしまったり、病気で働けなくなってしまったり、子供の養育費の比重が重くなってしまったりなどで返済しようにも返済ができない状態になってしまうことがあるかもしれません。
最初は出来る限り早く返済しようとお金の工面に必死になっても、家計の苦しい状況が長く続くことで徐々に返済するという気力が無くなっていくこともあり、やがて返済から目を背けるようになる人もいます。そして滞納が始まって数カ月経過したとき、不動産競売の申立て「担保不動産競売開始決定通知」が手元に届きます。競売は、インターネットでも物件情報が公表されるなどするため、近所に知られる可能性が高く、売却価格も安いです。
しかし、本当は競売を回避したい、家を手放したくないと思っていても、どうしても良いか分からず、結局何もしないで退去せざるを得なくなったという人もいることでしょう。不動産競売の申立てが行われても、まだ競売を回避できる対応策があるということを知っておきましょう。

任意売却によって不動産競売の申立てを取下げ
担保権の実行による不動産競売の申立ての取下げを債権者に行って貰わないと、競売の手続きは進んでいきます。債権者に競売よりもメリットがある方法を提示することで取下げをお願いするしかなく、不動産競売の申立てには費用が発生していますので、単に取下げをお願いしても対応してはくれません。
債権者のメリットとして競売よりも多くのお金を回収できる方法を提示できれば取下げを行ってくれる可能性があります。その方法が「任意売却」なのです。

任意売却のメリット
不動産競売の申立てが行われても、申立人が開札期日の前日までに取下書を提出すれば申立人の意思のみで取下げすることができます。競売によって売却されてしまうことを回避するのであれば、開札期日前日がタイムリミットと言えます。
この日までに債権者の承諾を得て任意売却を成立させることが必要です。
不動産競売の申立てが行われたからといって諦めてしまわないでください。滞納していたこともあり、債権者に引け目を感じていらっしゃる方も多いと思いますが、債権者にとっても悪い話ではないのです。本気で任意売却の検討をしてみたいと思ったら、出来る限り早く行動を起こしましょう。
そして、この任意売却には専門的な知識と債権者との交渉が欠かせません。任意売却の詳細を知りたい、検討をしてみたいという場合には、任意売却を専門で扱う業者に相談してみてください。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  3. 不動産の売却に年齢制限はある?
  4. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  5. 競売における売却基準価額とは何か

関連記事

  1. 30e5e4234cf707ba6dc394e2cabff858_s

    任意売却

    競売における法定地上権とは

    不動産が競売にかけられた際、法定地上権はどこに帰属していくのでしょうか…

  2. e214ffdc5c88cbcad8bf5431f082bcad_s

    任意売却

    裁判所の職権による変更とは何か

    競売では、スケジュールが公告され手続きが進んでいても取下や取消になる事…

  3. 7ca95d406f80e772fb47701b88ffbb24_s

    任意売却

    競売物件に未登記の建物がある時の扱いとは

    競売物件を入札する時の注意事項として、競売物件の土地に未登記の建物があ…

  4. 6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s

    任意売却

    ローン中の家を売却することは可能なのでしょうか

    住宅ローンは相当な金額を長期に渡って返済し続けることになります。30年…

  5. PAK85_notepc20150319202127_TP_V4

    任意売却

    不動産の売却時の固定資産税精算金の仕訳

    不動産を売却した際には、固定資産税の精算が行われることがあります。この…

  6. c5397c02d905e430d82edc09e1c2e0fc_s

    任意売却

    競売の落札者は落札したあとはどうすればよいのか?

    落札後の手続きもいろいろあります。落札後に裁判所から代金納付の通知が突…

おすすめ記事

  1. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  2. 612
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 16df8b985712963bf876c69d33ff0749_s

    債務整理

    債務整理を行うのは結婚前と結婚後いずれが良いか
  2. 9c208ca774b2137264821eee610c3371_s

    不動産基礎知識

    住宅ローン返済中のマイホームを賃貸できる?
  3. S001_megane0120140830145829_TP_V4

    不動産基礎知識

    住宅ローンによる借入に勤続年数はどれだけ影響するか?
  4. f63c3b0658139ffe20d6d846aa7177cd_s

    相続

    相続における不動産の固定資産税の取扱い
  5. ELF85_door15180055_TP_V

    債務整理

    督促状の納期限とペナルティについて
PAGE TOP