MAX85_gominonakasagyou20141123131607_TP_V

任意売却

競売での売れ残りは最後はどうなるのか

マイホームが競売にかけられたとしても、全ての物件に対して買受希望者が現れる訳ではありません。なかには期間入札において応札が無いまま開札日を迎える物件もあります。期間入札で売却出来なかった物件は最後はどうなるのでしょうか。

LP_banner_02

■期間入札と特別売却
期間入札で売却出来なかった売れ残りの物件は、特別売却という方法で売却されることになります。この特別売却というのは、期間入札で売却出来なかった物件について買受可能価額以上の価額での買受の申し出があれば先着順で売却を決定するという売却方法となります。
このときの買受可能価額とは、期間入札における売却基準価額から2割引きした価額のことです。入札による競争が行われないため、購入の意思を持つ者であれば早い者勝ちで、買受可能価額で競売物件を買い受けることができるという訳です。

■それでも売れない場合
しかし、それでも買受希望者が現れず特別売却でも売れ残りとなってしまう物件もあります。このようなとき裁判所は、売却基準価額の見直しを行って再び期間入札を行います。
この見直しによって売却基準価額は下落することになりますが、それでも売れ残りとなってしまった場合には、再び特別売却を行うこととなります。この2回目の期間入札、特別売却でも買受希望者が現れず売れ残った場合には、売却基準価額の見直しを再び行って3回目の期間入札を行い、それでも売れ残れば特別売却という流れとなります。
この売却出来ない期間、債務者は競売物件に住み続けることができます。競売は抵当権の実行になるのですが、抵当権は交換価値すなわち売却代金を把握するための権利であり、所有者が居住を続けることを否定するものではないからです。したがって、競売によって落札者が落札代金を支払うまでは所有者は自己の権利に基づきマイホームに居住を続けることができるのです。

■3回目の特別売却で売れ残った場合
3回目の特別売却を行っても買受希望者が現れず売れ残った競売物件はどうなるのでしょうか。裁判所は3回の期間入札、特別売却を行ったにも関わらず、売れ残った物件は、売却の見込みが無い物件として競売を取り消しをします。債権者は買い受け人が現れることをもって競売による売却を希望することも可能です。
債務者は、所有権を有したままになりますので住み続けることは可能ですが、固定資産税の納税義務は負い続けることになるとともに、ローンの残債も持ち続けることになります。
競売で売却できない物件には、問題のあるケースが多いのですが、任意売却ですと折り合いが付けられ、売却できる可能性がありますので、売却をして残債の整理も行いたいということであれば、任意売却を検討するという方法もありますので、御一考ください。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 不動産の売却に年齢制限はある?
  3. マイホームを手放すことになってしまったら
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

    任意売却

    競売落札後は? 競売代金の納付方法をご紹介

    不動産投資をお考えの場合、物件を安く仕入れる方法として「競売で競り落と…

  2. a4a87c487beca58a19a036eccdb1cd51_s

    任意売却

    競売の申立書に記載する事項について

    住宅ローンの返済が受けられなくなった債権者は、担保にしている不動産に設…

  3. 090a34171e2576195ef03bfa409c078a_s

    任意売却

    不動産売却の時に重要な登記費用について

    持ち家またはマンションを売却したいけど、どんな登記費用がかかるかよく分…

  4. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s

    任意売却

    競売物件の価格「売却基準価額」について

    競売物件の価格は、通常の手続きで物件を購入するよりも安いと言われていま…

  5. 00_PP52_PP_TP_V

    任意売却

    売却許可決定だけでは代金の支払いはできない

    競売不動産を売却するために行われる期間入札では、当該入札期間中に最も高…

  6. 63dd50fb583b80f80c4854362d1823fc_s

    任意売却

    住宅ローンの債務不履行で、できるだけ連帯保証人に迷惑をかけないためには

    住宅ローンの返済が出来なくなってしまったら、債権者は連帯保証人に債務者…

おすすめ記事

  1. SEP_327215200714_TP_V
  2. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  3. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s
  4. 4121541b90b39140f090f76a41e23493_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. OY151013150430_TP_V4

    不動産基礎知識

    競売における交付要求とは何か
  2. e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_s

    債務整理

    不動産競売の予備知識 民事執行法とは?
  3. b87178aad42dd9f313615efe504d1c6f_s

    相続

    相続税を延滞してしまったときの罰則
  4. c188b482ca573dc4c3c9704f45b2e758_s

    不動産基礎知識

    競売の期間入札における入札に際する委任状の取扱い
  5. e740fd7b36ac6f9695f86dda57159e56_s

    賃貸オーナー様

    マンションの賃貸経営による減税効果とは
PAGE TOP