AKANE278130712_TP_V

任意売却

任意売却における引越し時期の問題

任意売却によってマイホームを売却することを選ぶことのメリットに引越し時期を調整できるという話を聞かれることがあるかと思います。しかし、この引越し時期の調整は売主の都合だけで決めることはできませんので注意が必要です。

LP_banner_02

競売による立ち退きに基づく引越し
競売によるマイホームの売却では、落札者が決まれば落札者は即座に立ち退きを求めてくるのが通常です。債務者が立ち退きをどれだけ拒んだとしても、落札者に家庭の事情を説明して立ち退きの時期を先に延ばして欲しいと頼んだとしても、落札者が引渡命令の申立てを行い、強制執行の申立てを行ったならば最終的に債務者は引越しをせざるを得ません。
引越し時期の交渉をする余地は基本的にありませんので、競売による売却から逃れられないのであれば、引越し費用を何とか工面しないと路頭に迷うことになりかねません。

任意売却であればどうか?
任意売却であれば、引越し時期について調整ができて、更に引越し費用も貰えるというような話がありますが、これは本当のことなのでしょうか。
結論からいいますと、その可能性はあるが確実なものではないというところです。
引越し時期については、任意売却であれば通常の売買と同じように引き渡しの時期などについて買主と交渉することができます。例えば次の引越し先がみつかるまでですとか、子供の卒業まで待って欲しいといったような事情を買主と協議する余地があります。
しかし、気を付けなければいけないのは、あくまで交渉の余地があるというだけの話であり、確実に希望が通る訳ではありません。買主には買主の都合がありますので、交渉が必要なのです。また、任意売却であれば引越し費用を貰えるという話ですが、これも確実という話ではありません。
あくまで貰える可能性があるということです。債権者が引越し費用の捻出を認めてくれれば債務者の手元に引越費用が帰ってくることになります。

引越しの時期と費用の関係
引越しの費用は売買代金から捻出されるため、債務者が引越し代金を貰えるのは任意売却の決済が完了した後になります。
決済が完了するためには引き渡しが完了していることが必要であるために、必然的に債務者が引っ越した後ということになりますので、事前に引越費用を立て替える形になりますので注意が必要です。
事前に引越し費用が貰える訳ではありません。したがって任意売却で引越しの時期は、極力、引き渡しの時期に近い方が債務者にとっては有利です。引き渡しまでは債務者は所有者としてマイホームに住み続けることが可能ですから、その間に引越費用を貯めておきましょう。
任意売却では、債務者にとって都合の良いことは交渉の成果であることが多いですから、親身に相談に乗ってくれて、交渉力のある任意売却に強い業者を選ぶことが大切です。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  2. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. 相続時に名義変更をしないとどうなる?

関連記事

  1. YOTAKAPAKU6526_TP_V

    任意売却

    競売における賃借人と賃貸人の権利とは

    競売における賃借人と賃貸人とは、誰をしめすのか?また、賃借人の権利とは…

  2. d05a1356f08032ae7db26a815977a726_s

    任意売却

    競売の差し押さえとは

    新聞やテレビのニュースなどで、よく目にする「差し押さえ」という言葉があ…

  3. 3d975702ee72a84e56781f6bd702cd3e_s

    任意売却

    土地のみが競売の対象の場合、土地上の建物はどうなる?

    競売では様々なパターンの売却があります。土地と建物は別の不動産で…

  4. b7fbd36b10c4a3e2e9c83ca32c179e8e_s

    任意売却

    不動産売却と消費税の関係って? ~課税対象と非課税対象とは~

    不動産売却と消費税の関係(何が課税され非課税であるのか)をよく分からな…

  5. 6ac897cc158b512f44ec2539930cabca_s

    任意売却

    【不動産】売却に掛かる所得税について、知っておきたいいくつかの事

    大切な不動産(土地・建物)の売却は、金額も大きいので慎重に進めたいです…

  6. 02d7fdc87fd34eccb2a6c5ee9921b540_s

    任意売却

    競売物件の減少と任意売却物件の増加

    裁判所において競売は事件として取り扱われます。この競売事件の総数は、リ…

おすすめ記事

  1. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s
  2. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  4. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s
  5. c5f1bd34fef0f5ba938449986831e835_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

    相続

    相続の範囲はどこまでなのか、知っておいて損はありません
  2. 3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

    任意売却

    支払っている家賃を前提に住宅ローンを組むことの危険性とは
  3. 174ae9f36ad8ab5c0a0fad423d9452f0_s

    債務整理

    競売に対しての不動産投資はレベルが高い
  4. d38fa8c13e42f8cee29d9cebbe05c8b2_s

    不動産基礎知識

    不動産の売却における二つの契約とは
  5. 108-1

    賃貸オーナー様

    アパート経営におけるローン借り換えのメリット
PAGE TOP