TSURU070701_TP_V

債務整理

競売物件において固定資産税の支払い義務はどちらが負担?

税金の納税は国民の義務で、滞納をする事はできません。競売物件においても当然の事として、税金の支払いを免除される事はないのです。では、競売物件の所有者となった場合の固定資産税の支払いはどのように対応するのか、説明しましょう。

固定資産税の仕組み

土地や建物の所有者に対しての納税義務は、毎年1月1日の時点で所有している者に対して支払いの請求がなされています。都市計画税も含めて同じように扱われています。

1.通常の売買取引での清算の対応
通常の不動産取引では、引渡の日に所有者の移転登記が行われる為に、その予定日に対して前もって、日割り計算による清算が行われる事になっています。

2.任意売却での清算の対応
固定資産税の負担について、日割り計算が前提で価格の設定が決める事も可能になっています。

3.競売での清算の対応
競売手続きの場合は、担当するのは裁判所であって前所有者には決定権がありません。

固定資産税は毎年4月前後に送られてきますが、落札した物件に関しては送られてこないはずです。

旧所有者に対する対応

それまで所有していた方から物件を引き継いだあなたは、落札した物件の固定資産税は誰に帰属するのかという問題にぶつかったわけです。さすがにこればかりは腑に落ちないので、いろんな人に相談をすることにしました。

競売物件の所有者と落札した所有者の間では、両者が対面する事も話し合う機会も与えられていません。固定資産税の事について議論することがない為、それ相応の額の清算については新しい所有者に請求する事ができないのです。

固定資産税の清算の義務がない事を前提とした形で、最低売却価格や物件に対する評価などを決定していると想定されています。今の所有者に請求することは不当となる可能性がおおきいので、競売で物件を落札した所有者には固定資産税の支払い義務がないと言う事になっています。

落札代金の納付のタイミングがある

課税の決定が、毎年1月1日であるので、1月2日以降に落札代金の納付が可能であれば、落札者が、当年度分の税金と翌年の3月31日の納税負担は、前の所有者となる事になっています。これが、裁判の争点になりやすいのです。

規定では落札者に支払い義務がないという事です。ただし、裁判での判例では3通りの結果が異なるので、前の所有者か落札者か、あるいは相当分の清算かは、裁判の結果次第になりますが、果たして前の所有者が裁判を起こす価値があるのかどうかという事にゆだねられます。

まとめ

競売における固定資産税の関係についてまとめましたが、制度の事を少しおさらいしつつも、競売をした場合における固定資産税の清算については請求ができません。清算の有無についての裁判の判例は異なる例があるのですが、一般的には先に述べた見解で取引されているのが現状です。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  2. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. 68 (2)

    債務整理

    競売における保管金の役割とは

    保管金とは聞きなれない言葉ですが、文字の通りの意味合いと推測できます。…

  2. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売の入札結果が出た後はどうなるのか?

    競売の入札結果が出た後は、どのように結果を知ることになるのでしょうか?…

  3. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s

    債務整理

    税務署が行う強制競売

    一般的な競売は裁判所が行います。しかし、税務署も競売ができます。なんで…

  4. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s

    債務整理

    競売の開札(落札する)結果について紹介

    競売によって落札者を決定することによって売却が決定しますが、入札の仕組…

  5. G001_back0520140830122923_TP_V4

    債務整理

    債務が消滅してしまう時効とはどのようなものか

    時効という言葉を耳にされたことは多いのではないかと思います。一般的に知…

  6. wakigaIMGL6857_TP_V

    債務整理

    競売の落札相場を知ることで売買の判断基準にする

    最近は、不動産業者のような専門家以外でも競売に関心を持っています。一般…

おすすめ記事

  1. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  2. 612
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 56fd2942ee1ed0fb2d6f756fc4b332f6_s

    不動産基礎知識

    なるほど!不動産の売却決済日の簡単な流れ
  2. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

    任意売却

    競売における債権の届出は出すべきか
  3. 3e2b95699e096db9ad227476def5f3a7_s

    いろいろ

    住宅ローンのボーナス併用払いで辛くなってしまったら
  4. e3ae5a2925a0ff3ccafab2aa2e7969e8_s

    任意売却

    不動産売却すると確定申告が必要ってホント?
  5. fraud-3229757_1280

    不動産基礎知識

    【不動産】投資で安全に利益を確保しよう
PAGE TOP