c5f1bd34fef0f5ba938449986831e835_s

債務整理

競売になった賃貸物件の住人の権利は?

賃貸アパートやマンションの競売が行われた場合には、何も知らずに住んでいる人たちがいる事でしょう。賃借人たちには毎月の支払いをしているのですから、当然の事として住み続けられるものと信じています。賃貸物件に住む人たちの権利について紹介しましょう。

競売物件での、住み続ける権利は

競売を落札した人はアパートやマンションの新しい大家となるわけです。このような物件は、借家権とともに、アパートの住人に対する「賃借権」(大家として家賃を頂く権利)も自動的に移行する事になっています。新しい大家となる競売の購入者が、そのまま住人たちから家賃を頂いて以前と変わりになく賃貸経営に参加する事も可能です。ここで問題となるのは、新しい所有者が別の使い道を考えた場合に住人に対して立ち退きを迫る場合もあると言う事です。

※借家権は借地借家法による法律です。

借家権の対抗(どちらが主張出来るのか)

アパートの住人たちが新しい大家に対して、住み続けることを主張(対抗)出来るのかどうかは、「借地借家法」で定められています。通常の物件の売買では、賃貸借契約の内容全部を含み主張する事が出来ます。

競売の売買でも基本的な権利は変わらないのですが、この場合の元の所有者は負債を抱えた為にその権利を債権者である金融機関などが、「担保権」や「抵当権」を主張する事になるのです。では、住んでいる住人とこの抵当権、どちらが優先されるかと言うと「抵当権」を優先します。

※「抵当権」を主張できるかどうかは、設定の時期によって決まります。

抵当権が先に設定された場合

アパート住人たちの借家権よりも抵当権が優先しますので、先の大家と交わした賃貸借契約通りに住む事も可能ですが、新しい大家は立ち退きを迫る主張も出来ます。この場合には、6カ月の猶予を持って立ち退かなければなりません。

抵当権が後に設定された場合

このようなケースもあるので、アパートやマンションの賃借権の登記が担保権や抵当権よりも先の場合には、借家権によって住み続ける権利を主張出来るのです。この場合は、元の大家との賃貸借契約は、同じ条件で引き継がれる事になります。アパートなどの契約期間中に値上げや再契約は出来ませんが、更新時に関しては正当な理由があれば、値上げや更新料に関して交渉出来る機会はあります。

※敷金あるいは保証金の請求は、元の大家に請求すべきですが、元の大家の経済状況では、返済する能力はない為に、どちらの権利が優先しても敷金が返還される可能性は難しいのです。

アパートやマンションを購入する目的

競売によって手に入れた物件が賃貸経営の目的であるならば、そのまま「賃借権」を引き継いで、今いる住人に住み続けてもらう方が、広告費など住人募集の手間がいらないので、有効的に活用出来る利点があります。敷金に関しては、それぞれの契約期間の更新時に再契約して、新たに敷金を頂戴するなどの対応は必要になります。それでも退居する住人がいるのであれば、リフォームするなり、新しい活用法を見つける事です。

まとめ

競売によって所有する事が出来たアパートやマンションの住人に対する権利について、抵当権と賃借権の関係を紹介しました。どちらの権利を優先するかは抵当権の設定時期によって異なります。有効活用する為にも、住人との関係をどうすべきか考える事が重要なのです。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  2. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  3. 督促状の納期限とペナルティについて
  4. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  5. 競売における売却基準価額とは何か

関連記事

  1. SEP_327215200714_TP_V

    債務整理

    【家賃】滞納者への対応は早めに!

    家賃滞納者がいると家賃収入が減り、長期間居座ると、部屋が空室と同じ状況…

  2. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s

    債務整理

    競売の落札後の占有者に対する引き渡し命令について

    競売によって物件を落札したとしても、前の持ち主がそのまま居続けている場…

  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売における一般的な取引に関する法律用語

    競売で不動産物件を入手するために最低限必要で、基本的に知っておいた方が…

  4. yotaka0721IMGL5136_TP_V

    債務整理

    競売と公売|何が違うの?

    競売や公売と聞くと、物件を安く手に入ることができるという、大きなメリッ…

  5. 77c7a0ea0c31a536095519a781cf21b5_s

    債務整理

    借金などの債務の返済義務について

    借金などの債務は基本的には借りた人が返済義務を負うことになります。もし…

  6. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s

    債務整理

    競売の配当と期日について

    競売で物件が売却許可決定されると落札されて、買受人が代金を裁判所に納付…

おすすめ記事

  1. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s
  2. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  3. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  4. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s
  5. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. OY151013150430_TP_V4

    不動産基礎知識

    競売における交付要求とは何か
  2. yotaka0721IMGL5456_TP_V

    債務整理

    競売に関する手続きの費用にはどのようなものがあるか
  3. 58af7595351e85d7ae8b5bc0923b6880_s

    任意売却

    不動産の売却と固定資産税の仕訳の形を見てみよう
  4. ee73471240fdd3bdc9b516b7d35436e3_s

    不動産基礎知識

    転職が住宅ローンに与える影響
  5. b213ddbd20229225418d1215f9f0ccfb_s

    債務整理

    借金返済の催促を無視するなら債務整理がお勧め
PAGE TOP