TSURU17623A022_TP_V

債務整理

債務が免責となる自己破産とは

消費者金融からの借入れ、クレジットカードによる買い物、住宅ローンなどは借金ですから、返済を行わなければいけません。しかし、職を失ってしまったり、ケガや病気などで働くことができなくなったりなどの理由でどうしても返済が出来なくなり支払不能の状態になってしまう人もいます。
このような人を救済する制度として債務整理がありますが、その中でも最も有名なのは自己破産ではないでしょうか。

LP_banner_02

自己破産とはどのような制度か
借金の返済が出来なくなり厳しい催促を受け続けた結果、夜逃げ同然で逃げ出したり、なかには人生を諦めてしまったりする方もいらっしゃいます。しかし、そのような状態に陥ってしまった人を救済する債務整理という方法が法律で認められているのです。債務整理には、「任意整理」、「個人再生」「自己破産」などが主な方法になりますが、最も効果が高いのが自己破産です。
まず、自己破産の手続きを開始するために弁護士に相談をした段階で債権者の取り立てや催促が止まります。さらに自己破産によって債務の免責が決定すれば基本的に全ての借金の返済義務が消滅するのです。当然、それだけの効果があれば債務者の負担も大きくなります。また、自己破産を濫用してしまうと信用経済が破綻してしまうので原則過去7年以内に免責を受けたことが無いなどの条件を満たすことが必要です。

自己破産に対する誤解
自己破産というとネガティブなイメージが強いこともあって誤解も良くあります。例えば自己破産をすると全ての財産を失って無一文になるとか、海外旅行に行けなくなるとか、年金がもらえなくなるとかといったようなことを信じている方もいます。しかし、これらは正しくありません。
確かにマイホームなどを所有していると競売によって売却されてしまったりしますが、一定の金額までは所持することが許されていますので無一文になるということはありません。
ただし、官報に名前などの一定事項が掲載されたり、7年間はクレジットカードも含めて新たな借入を行うことができなかったり、手続き中は弁護士、宅地建物取引業者などの一定の職業に就くことができなかったりといったペナルティはあります。

連帯債務者の立場
このように自己破産をして免責を認められた者は借金などの債務が消滅しますが、連帯債務者や連帯保証人はその立場が変わることがありません。したがって債務者の自己破産によって一括返済の請求を受けるなどの不測の損害を受けることがあります。
もし、連帯債務者などがいる場合に自己破産の手続きを進めようと考えた場合には、多大な迷惑を掛けることになりますので事前に相談をしておくことが必要です。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 実は厳しい税金滞納への対応
  2. マイホームを手放すことになってしまったら
  3. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  4. 不動産の売却に年齢制限はある?
  5. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう

関連記事

  1. 236609c9549ccd6b6a9542cb46a83c91_s

    債務整理

    競売による賃貸借契約とは?

    土地や建物(家や部屋)を借りるとき賃貸借契約をします。借りている土地や…

  2. OZP68_namennayo_TP_V

    債務整理

    競売における債権届出とは

    債権回収のために不動産競売手続きでは、裁判所による債務者の財産を差し押…

  3. MAX76_idouwoiiwatasareta20140531_TP_V

    債務整理

    債務の悩みから解放されるためには

    住宅ローンの返済が苦しい、クレジットカードの支払いができないといったよ…

  4. f777df5a45cb1c7e22c122738b635143_s

    債務整理

    競売物件に賃借人がいる場合

    競売に出されたアパートなどの収益物件を、買受人として競り落とす前に考え…

  5. 215d3c1970b61db88f9c747b1219cc9a_s

    債務整理

    わかりやすく理解する「競売の流れ」とは

    競売のことを説明してみてといわれても、中々、口では説明しづらいですよね…

  6. 950254e5616acb4d4b4e6520599d4008_s

    債務整理

    債務整理で弁護士などから連絡がこない

    借金の返済が困難となったことで、弁護士等に債務整理を依頼した人達か…

おすすめ記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  2. SEP_327215200714_TP_V
  3. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  4. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s

    債務整理

    競売リスクを伴う銀行ローン
  2. coins-948603_1280

    相続

    非課税枠を利用して出来る限り現金を相続する方法
  3. CAT9V9A9181_TP_V4

    債務整理

    債務整理における受任通知が持つ絶大な効果とは?
  4. a7be62f04cf45b8015855dc9c89c9b50_s

    任意売却

    不動産の売却に年齢制限はある?
  5. 5af1903dcce1fee21d9f085ad8394a4f_s

    不動産基礎知識

    競売売却代金の交付と余剰金の発生
PAGE TOP