2251fe566d1f7ef601df5fdd32def57c_s

相続

相続において良く取沙汰される問題点とは

相続は予期せず発生することや、色々な思惑なども交錯することから親族間で揉め事の種になることも少なくはありません。
また、人生において頻繁に起こるライフイベントでもないため、相続に関して知識が乏しいことから、相続税を多く支払ってしまったり、納税が間に合わなかったりするケースもあります。このような相続に関して良く挙がる問題点として遺産分割できない財産の取り扱いがあります。

■相続による分割
相続では、亡くなった人の遺産を相続人で分け、相続税の発生があれば納税をすることになります。この一連の流れのなかで、よく揉め事の原因となるのは、どのように遺産を分割するかということです。この分割において最大の問題点となり易いのが、不動産、絵画、貴金属などの分割することが出来ない財産です。
相続では民法に法定相続についての規定がありますが、この規定はそれぞれの相続における事情については当然ですが考慮されてはいません。このため法定相続とは別に遺言や遺産分割協議によって法定相続と異なる遺産相続も認めています。

■分けられない財産の難しさ
現金などは1円単位まで相続人で分けることが可能です。したがって現金などを分割するということ自体に問題点が発生することはありません。しかし、不動産など現金のように分割できない財産が遺産となると、そこに様々な問題点が発生することとなります。
自宅だけが遺産である場合、自宅を分けるという訳にはいきません。そこで自宅を売却して分けられる現金に換価するという方法がありますが、なかなか売却が決まらないケースもありますし、自宅として住み続けている場合には売却したくないということもあります。売却しない場合には自宅を相続した人が、他の相続人には現金を渡すということで相続人間で話がまとまることがあります。
しかし、現金が用意できれば良いのですが、そうでない場合には分割で支払うということになり、支払いが滞ってしまうと相続人間で揉め事になることがあります。

■不動産の分割は難しい
広い土地などが遺産である場合には土地を分割するという方法もありますが、実はここにも問題点があります。ひとつの土地を同じ価値のふたつの土地に分けるのは難しいケースが多いのです。このため、不動産の所有権を共有で持ち合うという方法で遺産分割をされる方も多くいらっしゃいます。
確かに共有であれば価値の分割は容易になりますが、変更行為、処分行為などの際に問題点が顕在化してきます。共有物を売却などする場合には共有者全員の同意が必要となるため、共有者が多くなると同意を得るべき相手が多くなり、処分行為などが難しくなります。
このように分けられない遺産を分けるのには問題点が出やすいので十分な話し合いが必要です。

ピックアップ記事

  1. 督促状の納期限とペナルティについて
  2. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  3. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  4. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  5. 相続時に名義変更をしないとどうなる?

関連記事

  1. hands-981400_1280

    相続

    遺言による不動産の売却

    相続において被相続人が自らの意思を明確に伝え、実行させるために遺言を残…

  2. 7d9efd2bd16d7d11ad7eff61a59ad5de_s

    相続

    夫の相続、妻子でどう分けるの?

    今まで付き添ってきた夫が、この世を去らざるを得なくなりました。残された…

  3. 0b47880855ce7834db11c862622d5377_s

    相続

    住宅ローンと登記名義の不一致で夫婦間でも贈与税が発生

    夫婦で家計を賄っていると、財産の境界が曖昧になってくるのはある程度仕方…

  4. ikebukuro-fukurou120140921152438_TP_V

    相続

    事情によって変わる相続における子供の取り扱い

    相続発生において、特段遺書などが無い場合には、誰が遺産を相続するのかを…

  5. 6bd3f21616abc28873c6613afa40ff91_s

    相続

    遺産相続でトラブルが起こらないための基本的な手順を紹介

    テレビなどで目にする遺産相続の紛争は、どこか他人事のように思われがちで…

  6. 93a14150dc7df1036437184f1518b57e_s

    相続

    相続放棄による所有者が存在しない物件の競売

    債務者が死亡して被相続人となった場合に被相続人が負っていた債務は当然に…

おすすめ記事

  1. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s
  2. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  3. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  4. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s
  5. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 7c7fd615a12183a5332c7364b599a804_s

    相続

    相続における債務の取扱いについて
  2. 9130f27fe2925bfa362b3e6bbfcd22e1_m

    任意売却

    不動産の競売と「時効の中断」の理由
  3. 5aa663e8458db8707045cff3f045f099_s

    相続

    マンションを相続するときの評価額は?
  4. 3f86020b8fd0108e206ef9d4e0b214ea_m

    不動産基礎知識

    住宅ローンの滞納による法的措置とは
  5. f9ca125ef1aa5a09f50d8aa73476833a_s

    相続

    相続における裁判所の関わり
PAGE TOP