f0e3cb87da83c13c8fb3d45777bfbe0f_s

相続

遺産相続の基本的な割合を知る

相続が発生した場合、その遺産の分配方法はそれぞれですが、大きく分けて法で決まっている割合を相続する場合と、個人で割合を決めて相続する場合があります。また、遺言などで被相続人の自由な意思で遺産を分けあうこともできますが、民法によって相続人が最低限の遺産を相続できる遺留分なるものがあります。今回は、相続の割合について説明していきましょう。

■法定相続人について

法定相続分の話をする前に、法定相続人の説明を簡単に行います。下記の順位から条件に当てはまる相続人がこれから説明する法定相続分を相続することになります。

1:亡くなられた方の配偶者
2:亡くなられた方の子ども
3:亡くなられた方の直系尊属(父母や祖父母)
4:亡くなられた方の兄弟姉妹

※相続を放棄した人は、初めから相続人ではなかったものとされます。
※内縁関係の人は、相続人に含まれません。

■法定相続分とその割合

法定相続分とは民法が規定する法定相続人が相続される遺産の割合になります。その遺産の割合は法でどのように定められているかは以下の場合に分けて紹介します。
(※例として、遺産は3000万円と仮定し計算します。)

a:配偶者と子
配偶者で2分の1、子は全員で2分の1を分け合います。
(例)母、子ども2人
母:1500万円、子:750万円、子:750万円

b:配偶者と父母
配偶者(子、孫がいない)が3分の2、親は3分の1。両親とも健在であれば2つに分け合います。
(例)配偶者、母、父
配偶者:2000万円、母:1000万円、父:1000万円

c:配偶者と兄弟姉妹
配偶者(子、孫、父母、祖父母がいない)が4分の3、兄弟姉妹は全員で4分の1を分け合います。
(例)配偶者、兄、姉
配偶者:2250万円、兄:375万円、姉:375万円

d:該当する相続人が本人のみ(ほかに誰にも法定相続人がいない)
全ての遺産を相続します。

■法定相続分でない配分とは?

民法で法定されている相続分のお分配方法のほかに、被相続人が定めた分配方法で「遺言」や、相続人で協議をして分配方法を決める「遺産分割協議」が個人で相続をさせる方法といえます。遺言や、死因贈与、遺贈などのケースでは上記で説明した遺留分権が発生します。

なお、遺産分割協議を行ったあとには、遺留分減殺請求は当然できません。(協議で同意している以上、遺留分という概念はないため)ただし、相続人全員の同意があれば遺産分割協議を再び行うことにより、遺産の分配を再度設定することは可能です。

■まとめ

いかがでしたでしょうか? 亡くなられた方の相続問題は、難しいとは思いますが、慌てずに一つずつこなしていきましょう。不動産を相続する際も分割割合に関する基本的な考え方は同じですが、現金と違い明確に分けることができませんので、その点を踏まえ不動産相続に詳しい業者へ相談することも必要となってきます。

不動産相続に関するご不明点等ありましたら、株式会社アブローズまでお問合せください。

ピックアップ記事

  1. 不動産の売却に年齢制限はある?
  2. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  3. 競売における売却基準価額とは何か
  4. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  5. マイホームを手放すことになってしまったら

関連記事

  1. 0bd5992b9a5938c56d5c000d5d75cf98_s

    相続

    結婚と相続と財産分与

    結婚をすると夫婦は同一の姓を使うこととなり、法律的には同居義務が生じ、…

  2. eac1af683b6ad436983c397c4608c564_s

    相続

    相続税での申告期限を超えそうな場合の対処法

    相続は、相続の発生を知ったときから、10カ月の間に相続税の申告と納付を…

  3. IMGL8654171031_TP_V4

    相続

    償却資産を相続した場合の減価償却の手続き

    相続が発生した場合、現金や有価証券などであれば減価償却が特段の問題にな…

  4. 22ae5fb0fc83c66b88db369a1b8e7c9c_s

    相続

    相続税の相談は相続のプロにしたほうが良い理由

    もし、所有している現預金や不動産などの総額が高額であれば、相続税…

  5. device-3031261_640

    相続

    相続における準確定申告とは何か

    相続が発生した場合には、相続税を納税する必要があるかどうかを調べるため…

  6. VER88_kazegahuku15151434_TP_V4

    相続

    相続税における債務控除の注意点

    相続税は課税対象となる遺産の額に税率を乗じて求められます。なお、この課…

おすすめ記事

  1. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  2. 612
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. f97e73afcc4c80d8dfcf15090d2458da_s

    不動産基礎知識

    競売物件に内包されるリスクについて
  2. 6a1580aeb34823bc10662541a31fc869_s

    不動産基礎知識

    ワンルームマンションのメリットとは何か
  3. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s

    債務整理

    競売においての最低落札価格の決まり方
  4. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s

    任意売却

    競売物件のリスクはどんなもの?
  5. 72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_s

    いろいろ

    準確定申告の申告・納税期限には要注意!
PAGE TOP