93a14150dc7df1036437184f1518b57e_s

相続

相続放棄による所有者が存在しない物件の競売

債務者が死亡して被相続人となった場合に被相続人が負っていた債務は当然に相続の対象となります。そして相続人は、被相続人の遺産を相続するかどうかを決めることができます。
相続人全員が相続を放棄した場合に、被相続人が所有していた不動産には所有者が存在しないことになりますが、債権者はこの不動産を競売に掛けることができるのでしょうか。また、競売に掛けることができる場合には、どのような手続きが必要になるのでしょうか。

LP_banner_02

相続放棄とは
一般的に相続というと財産を引き継ぐというイメージで、プラスのイメージかもしれませんが、実は借金などの債務も財産なのです。
したがって債務を相続すると相続人は債権者に対して債務を負うことになります。しかし、相続によって強制的に関係のない借金を背負うということは理不尽なことでもありますから、相続人は一定の期限で「限定承認」又は「相続放棄」のいずれかを選ぶことができます。選ばない場合には「単純承認」ということになり、全ての財産を相続することになります。
「限定承認」は、遺産のうち債務などを差し引いた上で財産が残るのであれば相続するという留保付きの承認となります。「相続放棄」は、被相続人の一切の財産を相続しないことをいいます。相続放棄を行うと、相続人は最初から相続人ではなかったことになります。
被相続人の財産が明らかにマイナスであると、相続人全員が相続放棄をするケースは珍しくなく、被相続人の不動産には所有者が存在しなくなるということが起こります。このようなとき債権者がこの不動産を競売に掛けるためにはどうすれば良いのでしょうか。

競売のための相続財産管理人の選任
債権者が不動産を競売に掛ける場合には、原則、家庭裁判所へ「相続財産管理人選任」の申立てを行わなければいけません。しかし、相続財産管理人の選任には時間と相当な費用が掛かるという問題があります。
相続財産管理人は弁護士などから選任され報酬が少なくとも50~100万円は必要となるのです。この費用は競売の申立て人となる債権者が予納金として支払うほかなく、結果として債権の回収額が減ってしまうことになります。しかし、この費用と時間さえクリアできれば競売に掛けることは可能です。

競売を回避し、任意売却のための申立て
相続財産管理人選任の申立てが相続放棄を行った者から出されるケースがあります。被相続人の所有していた不動産に居住している奥様や子供などが、債権者による競売を避けて任意売却で購入者になりたい場合などです。
債権者が任意売却に同意して、奥様や子供が購入金額を用意できれば、それも可能です。しかし、用意できなければ結局は競売か任意売却によって他の方に売却されることになり、退去せざるを得なくなります。いずれにせよ法律は知らなければ損をすることが多いですから、信頼できる任意売却の専門業者などに相談されることをお勧めします。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  2. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  3. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  4. 督促状の納期限とペナルティについて
  5. 実は厳しい税金滞納への対応

関連記事

  1. 2e6ea98f843299f0c957a2f66d092a38_s

    相続

    相続においてよく取り沙汰される問題点とは、の続編(解決の糸口)

    前回2017年の記事で、不動産を相続による分割や分けられない財産の難し…

  2. hands-981400_1280

    相続

    遺言による不動産の売却

    相続において被相続人が自らの意思を明確に伝え、実行させるために遺言を残…

  3. 67c248fc73752b0eb81b026e478e7ff7_s

    相続

    相続の遺産がわからないときにどうすれば良いか

    相続は人の死を契機にして開始されることになります。本来であれば生前から…

  4. 793cad1791d400dfba826442d97e6285_s

    相続

    相続の税率は、知っておくべきことなのか?

    親や祖父が亡くなったときに、もらい受ける遺産に対して「相続する」という…

  5. 82de1c347d8a8af8912f620e27e5cfa4_s

    相続

    配偶者なしの場合の法定相続人と法定相続分は?

    人が亡くなると、その人が保有している財産は遺産となり相続されることにな…

  6. 7d857e7d00e7d2849fa075bc609c55b9_s

    相続

    相続の支払いには困らないように控除と特例がある

    日本人は、誰しも財産があろうとなかろうと相続の問題を経験することでしょ…

おすすめ記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  2. SEP_327215200714_TP_V
  3. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  4. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s

    債務整理

    競売の配当と期日について
  2. 52a6d9343d936b9124557e0e239bf788_s

    債務整理

    実は厳しい税金滞納への対応
  3. d05a1356f08032ae7db26a815977a726_s

    任意売却

    競売の差し押さえとは
  4. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s

    任意売却

    競売における法定地上権とは
  5. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

    債務整理

    競売物件の所有権の移転を行うには
PAGE TOP