93a14150dc7df1036437184f1518b57e_s

相続

相続放棄による所有者が存在しない物件の競売

債務者が死亡して被相続人となった場合に被相続人が負っていた債務は当然に相続の対象となります。そして相続人は、被相続人の遺産を相続するかどうかを決めることができます。
相続人全員が相続を放棄した場合に、被相続人が所有していた不動産には所有者が存在しないことになりますが、債権者はこの不動産を競売に掛けることができるのでしょうか。また、競売に掛けることができる場合には、どのような手続きが必要になるのでしょうか。

LP_banner_02

相続放棄とは
一般的に相続というと財産を引き継ぐというイメージで、プラスのイメージかもしれませんが、実は借金などの債務も財産なのです。
したがって債務を相続すると相続人は債権者に対して債務を負うことになります。しかし、相続によって強制的に関係のない借金を背負うということは理不尽なことでもありますから、相続人は一定の期限で「限定承認」又は「相続放棄」のいずれかを選ぶことができます。選ばない場合には「単純承認」ということになり、全ての財産を相続することになります。
「限定承認」は、遺産のうち債務などを差し引いた上で財産が残るのであれば相続するという留保付きの承認となります。「相続放棄」は、被相続人の一切の財産を相続しないことをいいます。相続放棄を行うと、相続人は最初から相続人ではなかったことになります。
被相続人の財産が明らかにマイナスであると、相続人全員が相続放棄をするケースは珍しくなく、被相続人の不動産には所有者が存在しなくなるということが起こります。このようなとき債権者がこの不動産を競売に掛けるためにはどうすれば良いのでしょうか。

競売のための相続財産管理人の選任
債権者が不動産を競売に掛ける場合には、原則、家庭裁判所へ「相続財産管理人選任」の申立てを行わなければいけません。しかし、相続財産管理人の選任には時間と相当な費用が掛かるという問題があります。
相続財産管理人は弁護士などから選任され報酬が少なくとも50~100万円は必要となるのです。この費用は競売の申立て人となる債権者が予納金として支払うほかなく、結果として債権の回収額が減ってしまうことになります。しかし、この費用と時間さえクリアできれば競売に掛けることは可能です。

競売を回避し、任意売却のための申立て
相続財産管理人選任の申立てが相続放棄を行った者から出されるケースがあります。被相続人の所有していた不動産に居住している奥様や子供などが、債権者による競売を避けて任意売却で購入者になりたい場合などです。
債権者が任意売却に同意して、奥様や子供が購入金額を用意できれば、それも可能です。しかし、用意できなければ結局は競売か任意売却によって他の方に売却されることになり、退去せざるを得なくなります。いずれにせよ法律は知らなければ損をすることが多いですから、信頼できる任意売却の専門業者などに相談されることをお勧めします。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  2. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  3. 競売における売却基準価額とは何か
  4. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  5. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう

関連記事

  1. 2866a5abab69a8eb0ce15f3de854908c_s

    相続

    相続した不動産の売却による譲渡所得に対する所得税

    控除額を上回る金額で遺産相続が行われると相続税が発生し、相続人には相続…

  2. coins-948603_1280

    相続

    非課税枠を利用して出来る限り現金を相続する方法

    相続では被相続人の遺産総額を算出して一定額を超えると相続税の課税対象と…

  3. OY1151013141160_TP_V4

    相続

    相続における障害者控除の内容と控除額

    障害を持つ方は一般的に経済力に厳しい状況であり、親族の援助などに頼らざ…

  4. a03f1b7b433b1337e974a2d577cd748d_s

    相続

    離婚が相続に与える影響について

    夫婦とは、他人同士が婚姻という契約に基づいて構築された関係であり、婚姻…

  5. 4ea978a1e4564bf823643675d3b3f7df_s

    相続

    相続における配偶者と子供の2次相続を考える

    相続の問題は、実に複雑で家族間の感情を揺さぶる上に経済的な状態が絡んで…

  6. yotakaGJ028_TP_V4

    相続

    株式の相続税における評価方法

    相続が発生した場合に相続人は被相続人の所有していた財産について合計額を…

おすすめ記事

  1. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  2. maxeIMGL8761_TP_V
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  4. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  5. 612

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 090a34171e2576195ef03bfa409c078a_s

    いろいろ

    住宅ローンを借りる際は年収との比率を考えよう
  2. technology-3164715_1280

    相続

    債権者の代位権に基づく相続登記とは何か
  3. 0ffd5af2fd62017480fb4824fc698691_s

    任意売却

    任意売却による売却損と確定申告
  4. maxeIMGL8761_TP_V

    任意売却

    任意売却のスペシャリスト任意売却取扱主任者とは
  5. dfe451937a149d584fbea8f738becbd5_s

    任意売却

    債権者の同意が無ければ任意売却は出来ない?
PAGE TOP