OZP68_namennayo_TP_V

任意売却

競売回避するための任意売却はいつまで?

住宅ローンが支払えなくなり、銀行などの債権者が抵当権等の担保権を実行することで競売が開始されます。では、競売を回避するためには、いつ、どのタイミングに任意売却をした方がいいのでしょうか。今回は、任意売却手続きを開始する時期・期限を解説します。

任意売却と競売

任意売却できるか、競売になってしまうかで、不動産の売却価格は大きく変わってきます。任意売却の最大のメリットとしては、自分の意志で誰に・いくらで・いつまでに売却するかをコントロールできることが大きいでしょう。

また、任意売却でしたら競売より高く売却することができるため、競売よりも残債が少なくなるのはもちろん、残債の返済方法(月々の支払額)も債権者と交渉で決めることができます。

任意売却の相談を開始するタイミング

この先、住宅ローンの支払いが困難であるという状況であれば、任意売却を考えると思います。任意売却のスタート時期は住宅ローンの支払いが滞る前から可能です。では、どのタイミングで任意売却の相談を行うかというと、

〇今後住宅ローンを払えなくなる、もしくは払えなくなりそう。
〇数か月返済が遅れている。
〇金融機関から「催告状」が届いた。
〇競売開始決定通知書が届いた。

というタイミングで任意売却相談を開始し、手続きを進めることが望ましいでしょう。

任意売却ができる期限

任意売却ができる期限は競売進行と大きく関係しています。「競売にかけられたからもう無理だ」ということではなく、競売開始決定後でも、競売を申立てた債権者に任意売却を申出れば、競売の申立てを取下げてもらえる可能性があります。

では、競売申立ての取下げ(法律上)はいつまで可能なのかという期限になりますが、

〇競売申立て~期間入札:この期間であれば、申立人の意思のみで自由に取下げが可能。
〇開札~売却許可決定:取下げには、最高価買受申出人と次順位買受申出人の同意が必要。
〇代金納付~配当:取下げ不可。

つまり、競売入札で買受人が決まり、代金が納付されるまでは法律上、競売申立ての取下げは可能となります。しかし、開札後の競売取下げには入札者の同意が必要となります。新たな利害関係者が出てくることでトラブルになる恐れもあります。

そのようなことから、リスクを最小限に抑えるためにも期限は、開札期日の前日と考えた方が良いでしょう。しかも、その期限までに任意売却の手続きを全て終えている必要があります。

任意売却の手続きを行うには、相当な時間がかかります。売却先が決まっていたとしても、1ヶ月以上は必要になることから、買主を見つけるとなるとそれ以上はかかります。

まとめ

任意売却で売却を考えている方は時間との勝負となります。買主を見つけるまでの期間、売却手続きの期間と時間が必要になります。そこをよく理解し、任意売却に強い不動産を探しておくことが重要です。

競売に関することや不動産のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  2. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう
  3. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  4. 実は厳しい税金滞納への対応
  5. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために

関連記事

  1. 67c248fc73752b0eb81b026e478e7ff7_s

    任意売却

    任意売却によって得た売却代金の配当方法

    任意売却によってマイホームを売却したならば売却代金を債権者に渡さなけれ…

  2. NISUnderConstruction_01_TP_V

    任意売却

    不動産の売却における簿価の取扱い

    不動産の売却を行った場合には当該売却による譲渡利益を計算し、譲渡利益が…

  3. 79857a1193685112791775c6883a8761_s

    任意売却

    どうやるの?!任意売却の手順と流れ

    住宅ローンの返済が困難となり、督促状や催告書などの通知が届いてしまった…

  4. 30e5e4234cf707ba6dc394e2cabff858_s

    任意売却

    任意売却時に引っ越し費用が不要になることも !

    任意売却は、通常の不動産取引のように費用が発生します。しかし、任意売却…

  5. yotakaIMGL5369_TP_V

    任意売却

    任意売却の最も良いタイミングはいつか?

    任意売却は、実績と信頼のおける不動産業者に相談することがまずスタートで…

  6. 090a34171e2576195ef03bfa409c078a_s

    任意売却

    競売における占有者の立場

    競売において、落札物件に占有者がいる場合の対処の仕方ですが、話し合って…

おすすめ記事

  1. 79857a1193685112791775c6883a8761_s
  2. 07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s
  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  4. pregnant-1597889_640
  5. fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. maxeIMGL8761_TP_V

    不動産基礎知識

    不動産競売の流れと入札の方法
  2. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s

    債務整理

    債権者による競売と税務署による公売の優劣
  3. 2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

    相続

    相続の範囲はどこまでなのか、知っておいて損はありません
  4. 66 (3)

    不動産基礎知識

    賃貸管理会社ってなに? 仕事内容を紹介
  5. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s

    債務整理

    競売物件に住む賃借人の権利
PAGE TOP