HOS8512_TP_V

いろいろ

競売になった物件の家具はどうなるのか

物件が競売にかけられると引っ越しを余儀なくされます。多くの場合、引っ越し先はその物件よりも狭くなるので所有している家具を持ち込むのは難しく、結果的にそのまま残していく方も多いようです。そこで今回は、競売になった場合に残された家具はどういった扱いになるのか説明していきます。

競売されるのは物件のみ

物件が競売にかけられるとなると、物件にあるもの全てが売りに出されるイメージがあるかもしれません。ですが、実際は違います。

競売にかけられるのは物件のみで、落札者が所有するのも物件のみとなります。ですから、残された家具などの残置物は、元の所有者の所有物です。つまり、落札者は物件に家具などが残っていても勝手に処分することはできないのです。それがたとえゴミ屋敷のような物件であったとしても、ゴミ一つ勝手にできません。

では、落札者はどうするかというと、処理を所有者に依頼します。

内容証明や配達証明付郵便などで引取りを依頼しますが、場合によっては落札者側でお金を出して処理する旨を伝え、事をスムーズに進める方法もとれます。元所有者は、この段階で問題がなければ素直に応じるはずです。

しかし、もし応じなければ落札者は強制執行を申し立て、家具などを移動させるなり処分するなり自由にできるようにします。そのかわり、落札者は家具などを一旦保管・処分するための費用を持つことになります。こういった点があるため内容証明などを送る段階で「費用はこちらで負担する」と明示することがあるのです。

家具は基本処分

任意売却や通常の売却をする場合は、家具などの残置物はない状態で引き渡すのが基本です。一見、家具などを残しておくと喜ばれそうな気もしますが、購入者からすれば不要なゴミを置いていったように見えます。

それに先ほども話しましたが、余計な費用を出して処分することになるので購入者としては必ずしも喜ばしいものではありません。

ですが、強制的に売却される競売の場合は、そういったことを考えている余裕がないことも十分に考えられ、家具などの残置物がある可能性が高くなります。

それに加え、競売物件は一般に販売されている物件とは異なり、内見はできません。
ですから、競売で物件を手に入れようと考えている場合は、後で残置物の保管・処理の費用がかかるのを念頭に置いて入札する金額を決める必要があります。

まとめ

競売では家具まで一緒に売却することはありません。これらは元の所有者の物ですから、できる限り処分されているのが望ましいでしょう。ただし、不動産会社などのプロが落札すると、強制執行などの裁判に関わる煩雑な手続きを避けるために家具などの処分費用だけでなく、元所有者の引っ越し費用も負担してくれることもあるのでトラブルに遭遇しなくて済みます。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  2. 督促状の納期限とペナルティについて
  3. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  4. 実は厳しい税金滞納への対応
  5. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク

関連記事

  1. 2b9ae03e9c1e55b3435dcdf2d6be6b44_s

    いろいろ

    企業におけるリスク認知と有用なリスク認知の捉え方

    リスクの認知は国や文化、性別、年齢、職業、専門性などによって様々な捉え…

  2. bitcoinIMGL4404_TP_V

    いろいろ

    情報の収集力が投資の成果を左右する

    投資に限った話ではありませんが、情報の収集力が成果を左右する局面が多々…

  3. ELF85_door15180055_TP_V

    いろいろ

    競売明け渡しまでの流れとは

    競売には明け渡し「立ち退き」という言葉がありますが、その明け渡しの条件…

  4. 3e2b95699e096db9ad227476def5f3a7_s

    いろいろ

    住宅ローンのボーナス併用払いで辛くなってしまったら

    毎年、ボーナス時期になると「ボーナス払いが払えずに住宅ローンを滞納する…

  5. 102b72e5d5e3dff4fa89fd7c794b97c5_s

    いろいろ

    競売にかかる保証金のあれこれ

    「競売」という言葉はよく聞きますが、詳しくは知らないっていう方もいるで…

  6. f27920785d90a145af113c407d65d541_s

    いろいろ

    住宅ローンのボーナス返済における適正な割合とは

    住宅ローン破綻に至るまでの過程はさまざまです。購入後に見舞われるライフ…

おすすめ記事

  1. 33cf43a355640b9127b15805d596924c_s
  2. maxeIMGL8761_TP_V
  3. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  4. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  5. 612

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. YOTAKAPAKU6526_TP_V

    任意売却

    競売の不動産物件で残置物は処分してもよいのか?
  2. 39e69dad7400962aaca382d4d8ad5edb_s

    債務整理

    競売の落札後の占有者に対する引き渡し命令について
  3. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

    債務整理

    競売を知るシリーズ【買受人とは?】
  4. 9e131ecdce062e064afb51c658c66938_s

    相続

    相続 ~土地の税金について~
  5. 276dc362357463bee644b4d92b9d23d8_s

    相続

    相続分譲渡とは?
PAGE TOP