b213ddbd20229225418d1215f9f0ccfb_s

債務整理

借金返済の催促を無視するなら債務整理がお勧め

借金を抱えてしまって返済が出来なくなってしまうと、精神的に追い込まれてしまった結果、返済の催促から目を逸らしてしまい電話や郵便物を無視してしまうという人がいらっしゃいます。
気持ちは分かるのですが、催促を無視していても借金は消えませんし、更に大事になってしまいます。借金を無視するのであれば債務整理を進めることをお勧めします。

LP_banner_02

借金返済の催促を無視すると
借金返済の催促を無視していても得することは何ひとつありません。借金が消えてしまう訳ではありませんし、面倒なことになってしまう可能性が高くなってしまいます。
お金を貸した債権者はお金を返済するように電話や郵便などで催促を行ってきます。
それでも返済が行われなければ、直接訪問をして返済の催促を行うこともあります。借金の催促の方法は法律で厳しい制約が課せられていますので、債権者も無理な取り立てをしてくることはありません。例えば脅すような文句を使って取り立てなどは法律で禁止されています。だからといって無視を続けていると債権者は法的な手続きに従って借金の取り立てをすることになります。
裁判所から支払督促が届くと事態は深刻なところまで進んでいることになります。この支払督促が届いてから債務者は異議申し立てを行わなければ、債権者から仮執行宣言付支払督促宣言の申し立てが行われ、強制力を伴った執行をすることができるようになるのです。給与を差し押さえられたり、マイホームを差し押さえられたりということになります。このような事態になってしまう前に債務整理を行うことをお勧めします。

早めに債務整理
債務整理を行うのであれば、支払いの督促を無視して話がこじれてしまう前に行うようにしましょう。弁護士への相談をすると、通常は任意整理の可否の検討から始まると思いますが、大きく借金の額を減らせる可能性があります。もし、他にも借金をしていて返済が完了していたものがあれば、過払い金の請求を通じて借金の完済が出来る可能性もあります。
無視をしていても全く解決しなかった借金問題が債務整理の相談を弁護士にすることによって借金問題から解放される可能性があるのです。解放されずとも債権者との交渉によって無理なく返済できる金額になる可能性が高いのです。

悩むよりも相談
借金の悩みはなかなか打ち明けるのは難しいかもしれませんが、早めに弁護士に相談をすることで解決するケースが多々あります。返済の催促を無視しているほうが話が大きくなってしまいます。
債務整理のうち任意整理であれば、裁判所を通すことなく債務者と債権者だけで話が完結しますので、他人に知られずに解決できる可能性が高いですから、その点でもお勧めできる方法です。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 実は厳しい税金滞納への対応
  2. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  3. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  4. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  5. 競売における売却基準価額とは何か

関連記事

  1. CSS85_hurikaeruyouko20131019_TP_V4

    債務整理

    債務整理の完済証明書は貰っておいたほうが良い?

    多重債務に苦しむ債務者の救済方法の一つである任意整理は、裁判所を通す事…

  2. cc9048179ba1afb682bb191e772697fa_s

    債務整理

    競売申立申請から競売完了までの流れ

    住宅ローンの滞納を続けていると、金融機関から督促状や催告書が送付されて…

  3. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    債務整理

    競売の仕組みはどうなっている?

    一般の市場における不動産売買と「競売」は異なります。「競売」は裁判所の…

  4. wakigaIMGL6857_TP_V

    債務整理

    競売の落札相場を知ることで売買の判断基準にする

    最近は、不動産業者のような専門家以外でも競売に関心を持っています。一般…

  5. 1930231be5bf464ea6484a63432e4107_s

    債務整理

    債務整理の件数の増加について

    債務整理の自己破産と個人再生の件数は平成18年には合計で20万件を超え…

  6. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売の売却決定期日とは何? ~期限を守らないとどうなるのか?~

    住宅ローンなど借金の返済などを滞納してしまうと、債権者が債権を回収する…

おすすめ記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  2. SEP_327215200714_TP_V
  3. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  4. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 174ae9f36ad8ab5c0a0fad423d9452f0_s

    債務整理

    競売に対しての不動産投資はレベルが高い
  2. 2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

    相続

    相続の範囲はどこまでなのか、知っておいて損はありません
  3. 1930231be5bf464ea6484a63432e4107_s

    債務整理

    債務整理の件数の増加について
  4. b15c9d8084877fcedea424bdb32e5937_s

    賃貸オーナー様

    適切な賃貸管理で空室対策を
  5. 1b14b73da9cf3109993beda64001c47c_s

    任意売却

    任意売却後の残債に対する遅延損害金の取り扱い
PAGE TOP