65 (4)

相続

不動産を相続することになったけど、減価償却って?耐用年数って?

急に資産を相続することになったけど、減価償却って?耐用年数って何? 初めてのことで、わからないことだらけ。そんな方を対象に今回の記事では、不動産を相続したときによく聞く、『減価償却』と『耐用年数』について、詳しく解説します。

■減価償却の対象となるの物はどんなもの?

業務の為に用いられるもので、購入後に時間の経過とともに価値が下がると見られる物がそうです。一般的に、次の様な物が減価償却の対象となります。

[建物・建物付属設備・機械装置・器具備品・車輛運搬具など]

◎土地は減価償却の対象にならないの?
土地は、時間がたっても価値が下がらないという見方から、減価償却の対象にはなりません。注意しましょう。

◎それ以外のものは減価償却できないの?
減価償却は、金額の大きな投資(設備)を取得年度だけでなく、複数年度に別けて費用計上するものなので、耐用年数が1年未満の物や、取得金額が10万円未満の物は対象となりません。これらの取得費用は、取得年度に全て計上します。

■耐用年数について

減価償却できる資産には、『法定耐用年数』というものが、法律で決められています。例えば賃貸用の住宅の法定耐用年数は、木造が22年、鉄筋コンクリート造りなら47年となっています。

◎相続物件の耐用年数
耐用年数も、被相続人と同じ数字を、そのまま引き継ぎます。まれに、「自分が相続したときには古くなっていたから」と、中古品の耐用年数を使う人がいますが間違いなので注意しましょう。

◎引き継ぐ勘定項目はどれとどれ?
相続によって減価償却資産(賃貸用の住宅など)を取得した場合には、被相続人がその資産を取得した金額『取得価額』と『未償却残高』を引き継ぎます。

◎取得価額についての注意点。 
被相続人(亡くなった方)の”取得価額”ではなく、”未償却残高”を自分の取得価額と勘違いする方もいますが、これは間違いです。被相続人の取得価額をそのまま引き継ぐのか正解です。

◎減価償却残高についての注意点
減価償却残高を計算する為の『減価償却方法』は引き継ぐことはできない為、相続人が新たに届け出る必要があります。
減価償却費の計算法には『定額法』と『定率法』の二種類がありますが、届け出をしない場合は、自動的に『定額法』となります。

また、減価償却に関係のある勘定項目としては他に、『取得日』が ありますが、相続人の取得日は、”相続開始の日”ですので、被相続人の取得日とは異なる日になります。

◎減価償却の計算はどうしてもしなきゃならないの?
被相続人が死去した年の1月1日から被相続人が死去した日までの税金は、相続人が支払う必要があります。その為にも減価償却費を計上が必要になります。

■まとめ

今回は、減価償却と耐用年数についてお話してきました。相続について少しでも理解が深まれば幸いです。もしも、法律について興味が湧きましたら、この機会に勉強するのもいいかもしれませんね。相続についてのお悩みは、一人で抱え込まずに税理士事務所に相談しましょう。

不動産のことに関して何か疑問やお困りごとがありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  2. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  3. 実は厳しい税金滞納への対応
  4. 不動産の売却に年齢制限はある?
  5. 督促状の納期限とペナルティについて

関連記事

  1. san-francisco-210230_1280

    相続

    相続における株式の売渡請求とは何か

    相続が発生すると被相続人が所有していた財産全てが相続の対象となります。…

  2. d0251b6331e537c6a5a8e4fc48b5c3b5_s

    相続

    遺産相続でもめたらすべきこと

    遺産の相続でもめごとが起きることは実は少なくありません。親子、兄弟…

  3. hands-981400_1280

    相続

    遺言による不動産の売却

    相続において被相続人が自らの意思を明確に伝え、実行させるために遺言を残…

  4. 4b267f4cf79440dce2e8cc696d2a613f_s

    相続

    厳しく行われる相続税の税務調査

    所得税、固定資産税、自動車税と色々な種類の税金を払わなければいけません…

  5. 7d857e7d00e7d2849fa075bc609c55b9_s

    相続

    後妻の子の相続における取り扱い

    近年は離婚や再婚が一般化し珍しいことでなくなってきましたが、これによっ…

  6. b8e85d7c945892b12589559b22092684_s

    相続

    悩ましい土地相続問題(分配・納税)の解決方法

    相続は、名義変更や税金、分配など大変な手続きが多いです。その中でも、現…

おすすめ記事

  1. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s
  2. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s
  3. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s
  4. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  5. e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 007KZ1868_TP_V

    賃貸オーナー様

    家賃滞納における督促状の作成と効果
  2. 2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

    相続

    相続の範囲はどこまでなのか、知っておいて損はありません
  3. 611

    債務整理

    競売に必要な予納金
  4. OZP68_namennayo_TP_V

    債務整理

    競売における債権届出とは
  5. d4b8cd44ece087e7013466b3011a199b_s

    相続

    相続した土地・建物を売却するなら3年10カ月以内がお得
PAGE TOP