07e79cd1be3e92dd23ecbe983b25c535_s

任意売却

不動産売却時の税金と取得費の関係

不動産を売却すると税金が発生しますが、売却した全ての人に税金の課税が行われる訳ではありません。
売却をしても課税されないケースには、売却した不動産の取得費によるものであることがあります。これはどのようなことなのでしょうか。

不動産の売却時の税金
不動産の売却によって得た所得を譲渡所得と言います。
譲渡所得も所得のひとつであることから所得税と住民税が課税される事となります。
しかし、不動産の売却を行ったら必ず課税されるという訳ではありません。
そもそも税金が課税される対象となるのは譲渡益に対してであり、売却価格ではないことに注意が必要です。
譲渡益とは売却によって得た利益のことで、売却価格から売却不動産の取得費と売却に要した費用を控除した金額のことです。
また、個人が居住用財産を売却した場合には3000万円の特別控除という制度があり、当該制度を利用できる売却であれば譲渡益が3000万円を越えなければ課税所得は無かったことになりますので税金は発生しないことになります。
しかし、不動産投資用で所有していた不動産などを売却する場合などでは特別控除が受けられないことになりますから、売却価格から控除する取得費をしっかりと計算することが重要となります。

売却した不動産の取得費
取得費は売却不動産の購入に要した金額が計算の基礎となります。
このため不動産の価格だけでなく、売買契約書に貼付した印紙税、不動産取得税、登録免許税、精算で支払った固定資産税や都市計画税などの税金、購入の際に支払った手数料や立退料なども取得費に含めることができます。
これらの金額は契約書などによって確認できますが、建物が含まれる場合には建物の取得費は減価償却後の金額となりますので注意しましょう。
また、これら以外にも取得費に含めることができる金額がありますので、国税庁のホームページなどでしっかりと確認をしましょう。
取得費を大きくすることは譲渡所得を少なくすることになりますので税金を抑えることができますから取得費に含めることが出来るものは全て計上しておきたいところです。

取得費が不明な場合
取得費は過去のものとなりますので、場合によっては購入金額を把握することが難しいケースも少なくありません。
このような場合には取得費を売却価格の5%として計算することが認められています。
しかし、この計算では実際の取得費よりも安くなるケースが多く、この場合には納める税金が多くなってしまいます。
そこで通帳等の出金記録や抵当権等の担保設定金額などから取得費が合理的に推定できる場合には、当該推定額が取得費として認められるケースがあります。
売買契約書の紛失などにより取得費が不明な場合には客観的な資料を出来る限り収集して、それらによって推定した取得費が認めて貰えるかどうかを税務署に相談されることをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  2. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  3. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  4. 競売における売却基準価額とは何か
  5. 不動産売却の時に重要な登記費用について

関連記事

  1. window-3173375_1280

    任意売却

    不動産の売却損発生時の税金の特例

    不動産を売却して利益を得たら確定申告をしなければいけません。不動産…

  2. YOTAKAPAKU6526_TP_V

    任意売却

    競売の不動産物件で残置物は処分してもよいのか?

    競売で不動産物件を落札して手に入れたのはいいのですが、その物件には残置…

  3. KC150711569193_TP_V

    任意売却

    マイホームの売却に適したタイミングはあるのか?

    海外へ転居するため、実家に戻らなければならないため、負債を返済するため…

  4. MAX87_uewoyubisasuha-hu20140531_TP_V

    任意売却

    破産管財人による任意売却とは?

    自己破産の手続きを進める際に、破産管財人が裁判所によって選任されること…

  5. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    任意売却

    どうしよう・・・競売で落札した物件にまだ人が住んでいる

    競売とは商品を購入したい人が買値を提示(入札)し、一番高い値を出した人…

  6. a669673d101360687a9711caaa092d28_s

    任意売却

    マイホームを買って、マイホーム貧乏にならないように

    マイホーム貧乏という言葉があります。一般よりも良い収入を得ている家庭で…

おすすめ記事

  1. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  2. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  3. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s
  4. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s
  5. 651d88f37211903ac2996d459df2317e_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s

    債務整理

    競売物件の所有権の移転を行うには
  2. 5aa663e8458db8707045cff3f045f099_s

    相続

    マンションを相続するときの評価額は?
  3. 5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

    債務整理

    競売とはどのようなシステムなのか
  4. 1b14b73da9cf3109993beda64001c47c_s

    任意売却

    任意売却後の残債に対する遅延損害金の取り扱い
  5. b25b9c65442a98373cc98b9fe97a6d0a_s

    賃貸オーナー様

    賃貸管理委託契約書、作成時のポイント
PAGE TOP