任意売却

マイホームを買って、マイホーム貧乏にならないように

マイホーム貧乏という言葉があります。一般よりも良い収入を得ている家庭であってもマイホーム購入によって貧乏になることがあります。このマイホーム貧乏は、住宅ローン貧乏と言われたりもしますが、住宅ローンの支払いや、マイホームにかける費用が収入に対して大きな割合を占めるために生活費を切り詰めなければならない状態を意味します。マイホーム貧乏に陥らないようにするための注意点を考えてみます。

LP_banner_02

■余計な支出が増えていないかを確認

マイホームを購入により、ついつい支出が増加してしまうことがあります。マイホームに駐車場があることで、車にもお金を掛けてしまったり、庭の手入れやらガーデニングやらで装飾品や維持費などにお金を掛けてしまったりという例が挙げられます。また、新築のマイホームであれば、色々とお客様を呼んでホームパーティ等をしたい、お客様をもてなしたいという気持ちから思った以上の支出が発生していることもあります。せっかく手に入れたマイホームですから、色々なことをしてみたいというのは大変よく分かります。しかし、生活の基盤がしっかりしていなければ、マイホームを所有していても意味がありません。もし、心当たりがあるようでしたら、楽しむことは大切なことですが、内容を工夫して支出を減らす必要があります。

■返済額以外の必要な支出をしっかり把握

マイホームを所有すると固定資産税をはじめマイホーム絡みの支出がどうしても増えることとなります。固定資産税以外にも、修繕費やメインテナンスの費用、マンションであれば修繕積立金や管理費などが発生します。このほかマイホームとは関係が無いものでも、子供の養育費で私立の学校に進学するなどして想定外の支出が発生するというケるースもあります。このような費用の発生も十分に考慮に入れた長期に渡る返済計画をしっかり考えないと、マイホーム貧乏に陥り易いる可能性が高まります。また、繰り上げ返済や退職金での返済をあてにして退職した後まで支払いが続くような返済計画も危険が伴います。他の支出が嵩んでしまった結果、繰り上げ返済がままならずに退職後も返済が続いてしまうケースが多々あるからです。マイホーム貧乏にならないためには、余裕を持った返済金額と返済計画であることが大事です。

■結局はマネープランがとても大切

長期の返済計画では合わせてマネープランを立てることが大切です。マネープランとは、簡単にいうと今後のお金のかかりそうな出来事に供え、いくらをいつまでにどのように貯蓄していくかという計画のことです。もし、マネープランが破たんするなどして、マイホーム貧乏になっている場合には、思い切ってマイホームを手放すという選択もありかもしれません。住宅ローン中のマイホームを売却するには、債権者との様々な交渉が必要となります。債権者からの承諾を得てローン返済中のマイホームを売ることを任意売却といいますが、マイホームの売却を検討する場合には、是非とも任意売却の専門家に相談してみください。

LP_banner_02

ピックアップ記事

  1. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  2. 後妻の子の相続における取り扱い
  3. 不動産の投資で不労所得生活を始めていくために考えること
  4. 不動産の売却に年齢制限はある?
  5. 在宅ローンの老後破産リスクは任意売却で回避しよう

関連記事

  1. 任意売却

    競売における売却基準額は本当に安いのか

    平成17年4月1日から、不動産の競売は売却基準価額制度にて行われていま…

  2. 任意売却

    任意売却の委任状の役割

    任意売却は、住宅ローン返済の破綻した不動産物件を、売主に代わって不動産…

  3. 任意売却

    任意売却の仕組みとは何なのか?

    住宅ローンの滞納により、競売についての督促状が届いた場合、そのまま競売…

  4. 任意売却

    相続放棄による競売

    相続放棄とは、誰もが聞いたことのある言葉だと思います。相続するものによ…

  5. 任意売却

    任意売却後の残債を含めて連帯保証人に迷惑をかけない方法

    誰しもマイホームを購入したときにはローン返済が滞ることは想定していない…

  6. 任意売却

    競売に出されている土地のあれこれ

    競売において手に入れることができる不動産に土地が含まれますが、土地とい…

おすすめ記事

おすすめ記事2

特集記事

アーカイブ

  1. 賃貸オーナー様

    家賃収入は手取りが大切
  2. 債務整理

    競売参加の注意点・ポイント
  3. 債務整理

    競売物件とは?住宅ローンとの関係性
  4. 任意売却

    競売物件でもローンを受けることができるのか?
  5. 相続

    相続において相続人が兄弟のみの場合の負担増
PAGE TOP