yotaka0721IMGL5456_TP_V

任意売却

任意売却を成功させるためには債権者とうまく交渉する不動産会社が必要

住まいが競売にかけられるという事態は避けたいものです。その救済策として任意売却がありますが、すべての任意売却が債権者の同意を得られるものではありません。任意売却に際しては、経験豊富な仲介者(不動産会社)の力が必要になります。一緒に見ていきましょう。

任意売却が成功するかどうかのカギは債権者との交渉にある

任意売却は債権者と、債務者、対象となる物件の買手となる方の合意によって進めていくものです。その合意をとりつける際に重要になってくるのが仲介者になる不動産会社の手腕です。

通常、競売よりも高く物件が売れるため、債務者にも債権者にもメリットがあると言われる任意売却ですが、場合によっては債権者が反対することも考えられます。

そうした事態が起こった場合、キーパーソンになるのが仲介者である不動産会社です。債権者に対し納得してもらえるような交渉する力と、債務者にとっても納得できる買い手を引き合わせることが仲介者の販売力にかかっているのです。

任意売却には経験豊富な仲介者を活用する

競売の場合は、競売物件として広告が出され、プライバシーを守られないうえ、一般的な販売価格に比べて安く売り出されてしまいます。また、落札されたあとは、強制退去が命じられ、引越し費用も都合をつけてもらえません。

一方、任意売却の場合は、プライバシーが守られるうえ、通常の販売価格に近い値段で物件を売ることもでき、引越しの時期や費用を相談することができます。

債務者の都合は聞き入られず、法律にのっとって進められていく競売に比べて、任意売却は債権者と買手、債務者の三者の合意を元に進めていくので、安心できる点は多いと言えます。

しかし、それぞれの立場の方々と合意をはかっていかなくては、任意売却をスムーズに進めることができないという課題が生まれてきます。ここは、債権者と買い手、債務者の三者を仲介する不動産業者の経験によって結果に大きな違いが生じてくるため、注意が必要です。

債権者との交渉がカギ

任意売却は、競売に比べて高値で売却することができるケースが多いため、通常、債務者だけでなく、債権者にとってもメリットのある方法とされています。

住宅ローンを滞納している段階で、債権者は債務者の返済能力に期待していないのですから、なるべくこの売却により多くの金額を一括で返済しておくことは銀行に大きな安心感を与えます。しかし、だからと言って間違いなく債権者が任意売却を認めるか、となると別問題になります。

粘り強い交渉と確かな販売力が必要

債権者は人情で動くわけではなく、メリットを感じたときのみ、任意売却に合意します。

買い手がついたとしても、その売却額が競売で見込める額よりも低くなってしまう場合は、任意売却に合意することはありません。

限られた期間のうちに、債権者と買い手、債務者の三者がメリットを受けられるような手順を踏んでいき、それを粘り強くアピールしていく不動産会社がなければ、任意売却は大きな成果を生むことは不可能です。

まとめ

競売から身を守るための任意売却ですが、それを成功させるためには仲介者である不動産会社の力が必要だということをご理解いただけたかと思います。不動産ローンが滞ってきたら競売にかけられる前に、不動産会社に任意売却について相談することが得策と言えそうです。

任意売却に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 競売における売却基準価額とは何か
  2. 実は厳しい税金滞納への対応
  3. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  4. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  5. 督促状の納期限とペナルティについて

関連記事

  1. PAK85_notepc20150319202127_TP_V4

    任意売却

    不動産の売却時の固定資産税精算金の仕訳

    不動産を売却した際には、固定資産税の精算が行われることがあります。この…

  2. e90f4bb6becc0920a05301bba093cefd_m

    任意売却

    国税などの滞納によって行われる競売

    住宅ローンの滞納が続いた結果、融資を行った金融機関が返済不可能と判断し…

  3. 0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

    任意売却

    任意売却後の残債を含めて連帯保証人に迷惑をかけない方法

    誰しもマイホームを購入したときにはローン返済が滞ることは想定していない…

  4. e55602aa021c0b13aa0bc61548775a16_s

    任意売却

    共有持分の任意売却について

    不動産の所有形態は単独所有だけではありません。一棟の建物とその敷地…

  5. fe6741a0c8b846796ecefd7bf1a715c9_s

    任意売却

    競売による落札金額の配当のルール

    競売してまで不動産を換価するのは、債権者が債権を回収するためです。競売…

  6. 8187312d477c063de287d430b07a0062_s

    任意売却

    住宅ローン滞納などにより実行される競売の入札方法

    住宅ローンの滞納を続けていると、債権者は債権回収のための最終手段として…

おすすめ記事

  1. maxeIMGL8761_TP_V
  2. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  3. TS0529016_TP_V
  4. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. bitcoin-3290060_1280

    債務整理

    競売の物件獲得における代行業者への手数料の相場
  2. 820aaef8afd8fc766c9d7bcb9bb4dec2_s

    不動産基礎知識

    不動産投資の目標は、目的に合わせて設定しよう
  3. AKANE278130712_TP_V

    任意売却

    任意売却における引越し時期の問題
  4. 61e45c37a18257e0a5e27845b853feb1_s

    任意売却

    競売物件を入札する流れとリスク
  5. d79502d0c9649bc741f693b23beb95b2_s

    賃貸オーナー様

    賃貸経営するなら知っておくべき減価償却のこと
PAGE TOP