2e9eeb86e19601081c8a9365b7b2f7c2_s

債務整理

競売物件の明け渡しについての流れ

めでたく競売の物件を落札でき、所有権の移転を済ませた方は次に大きな案件が残ります。
それは物件の明け渡しを、強制執行でしなければならない事態になった場合です

■競売後に居住者がいない場合

建造物内に何も存在しない場合は、すべての土地・建物等、落札した物すべてはあなたのものです。所有権はあなたにあります。

家財道具や車などが残っている場合、これは勝手に処分できません。こういった場合はまずその所有者と交渉して、処分を依頼します。

その後、その所有者が処分に応じてくれれば問題はそこで解決ですが、応じてくれない場合は問題発生です。解決策は裁判所に強制立ち退き命令を、出してもらわなければいけない場合もあるでしょう。

■競売になる前に住居していた人がいる場合

競売終了後に、以前所有していた人が自主的に退去してくれた場合(家財道具なども撤去してくれている場合)所有権も移転して完了しているならば、その物件はもうあなたの自由です。何も問題はありません。

問題は立ち退きに応じてくれない場合です。しかし立ち退きに応じてくれない=不法占拠とはならない場合があります。これにあたる事例は一つとは限りません。
例えばきちんとした賃貸契約を結んでいる人が住んでいる場合、占有権は相手側にあります。これを明け渡して貰うには、あなた(所有権者)と占有者(賃貸契約を交わしている人)
との新しい契約を結び直すことも選択の1つです。

それには退去料を支払うとか、新しい居住先を見つけるとかなどの措置が必要になってきますが、それに対して相手方が素直に従ってくれるとは限りません。
あくまで占有権は相手側にあります。競売物件を購入する以前に調査しておかなかった不手際といわざるを得ません。
したがって競売に参加する前に、それらの情報を持っていなかったあなたに責が及びます。

■明け渡しをスムーズに行うためには

上記に書いたような、裁判や交渉などにならない為には、競売に参加する前からの調査がとても重要になってきます。しかし個人がこれらのことを、すべてするとなるととても大変です。競売などの経験が豊富な不動産屋にお願いすることが一番安心かもしれません。

■まとめ

競売物件は、どの物件を落札するかが重要です、せっかく落札しても占有者がいたり、契約者がいる物件を購入することは決して得策とはいえません。
そうならない為にも、事前の調査や聞き取りなどを行うことが重要です。

不動産のことに関して何か疑問やお困りごとがありましたら、お気軽に「アブローズ」までご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?
  2. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  3. 後妻の子の相続における取り扱い
  4. 住宅ローンによる隠れ貧乏にならないために
  5. 督促状の納期限とペナルティについて

関連記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売申立と代位による相続登記の関係

    競売物件の所有者が亡くなった場合には、そのまま競売をする事ができません…

  2. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    債務整理

    競売物件落札後の立ち退き要求はどのようにしたらいい?

    競売による不動産購入には、何かしら問題の発生が予想されます。競売物件を…

  3. 612

    債務整理

    競売に関係する法律について

    競売には、民法によって決められた法律によって定められた規則があります。…

  4. ME_biz20160902313115_TP_V4

    債務整理

    債務整理における積立金の意義と返金のケース

    債務整理のなかで任意整理を弁護士等に依頼すると、積立金を要請されるケー…

  5. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s

    債務整理

    自宅が競売にかけられる理由について

    自宅が競売にかけられる理由には、様々な形や状況があるかと思いますが、一…

  6. 68-2

    債務整理

    債務整理の件数の動向とその要因について

    多重債務などによって返済が困難になった債務者の救済方法として債務整理が…

おすすめ記事

  1. maxeIMGL8761_TP_V
  2. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  3. TS0529016_TP_V
  4. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. bd67181442332ad944aaee06fb02fae1_s

    債務整理

    競売によって売却される共有持分
  2. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    任意売却

    一般的な不動産売却と任意売却の違いで、査定額に違いは生じるのか?
  3. 68 (2)

    任意売却

    任意売却は金融機関との協議が可能
  4. 59f1b13b7e0c1053582244573ca1de75_s

    不動産基礎知識

    問題になっているマンション管理に関するニュース
  5. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

    債務整理

    不動産競売とその入札方法とは?
PAGE TOP