TS0529016_TP_V

債務整理

競売においての強制執行の流れと理解すべき事

競売において、落札して引き渡しが行われても、債務者がそのまま居座っていたりして、スムーズに物件を引き取る事が難しくなる事があります。それを解決する為の「強制執行の流れ」を紹介していきましょう。

■競売の落札後には

競売物件を落札すると、買受人は保証金以外の残金を支払って、裁判所による所有権の移転が行われますので、この段階で持ち主は、買受人(=落札者)になります。

しかし、現状で債務者である元の所有者はお金の返済が困難である以上は、立ち退きの予定が立たないので、居座ってしまう事になるでしょう。だからと言って、このままで良いわけがないので、「強制執行」の手続きも並行して申請していかなければ、先に進めない状況が考えられます。

■強制執行への流れ

◎引き渡し命令を理由に「強制執行の申立て」
買受人が落札後に競売代金を支払った後に、「不動産の引き渡し命令」を、裁判所に対して申立てを行います。「不動産の引き渡し命令」が、裁判所から確定の通知をもらうまでに約2週間かかる事になります。この確定が行われると、「強制執行の申立て」ができるようになります。

◎立ち退きの話し合いと「強制執行の申立て」は同時進行で
立ち退きの話し合いがスムーズに実行されると良いのですが、相手の状況からすると、マイナスの心理状態ですので、八方塞がりになっていていつまでも先に進めないのです。

同時進行で「強制執行の申立て」をしなければ多くの時間を無駄にしてしまいます。相手の出方を待つのでなく、こちらから動かないと何も変わりません。

◎明渡しの催告
「強制執行」が実行される前に、「明渡しの催告」で債務者や占有者に対して、立ち退きの宣告をする事で、こちらの側の意思が法的に実行可能である事を伝えます。強制執行の前日までは、まだ強制力はないので、その前に立ち退く準備をしてもらう事になっています。

裁判所の執行官が、搬出業者と共に競売物件のある現地で、債務者や占有者に対して「強制執行」の日時の通達を行います。荷物搬出業者は下見の状況から、荷物の量やそれを運び出す要員など考えて見積もりを出す事になっています。

◎強制執行の実施
強制執行の日時までに、明渡しが行わなければ、法的処置として債務者や占有者に対して、強制的に競売物件から追い出される事になります。

同時に、残されている荷物なども、搬出業者によって指定の倉庫へ運び出される事になっています。債務者の荷物は一定の期間を倉庫で保管される事になりますが、引き取りが不可能な場合は、処分される事になっています。

■強制執行の費用は

債務者が負担すべき費用なのですが、実際には生活にも困る状態で、費用の支払いは困難です。その為に、買受人が立て替えで費用を負担する事になります。立ち退きが完了してから債務者に対して請求する事になりますが、実際問題としては費用の回収は、困難な事を理解しておく必要があるのです。競売で不動産物件を手に入れる前に、このような事態は把握するべきなのです。

■まとめ

競売物件を落札する前に、立ち退きの状況を、処理する方法まで考える必要があると言う事なのです。競売物件とは、多くの場合が問題を抱えている事も含めて、市販価格よりも安く手にできるのを理解した方が良いでしょう。

競売に関する事や不動産の投資の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  4. 後妻の子の相続における取り扱い
  5. 不動産の売却に年齢制限はある?

関連記事

  1. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s

    債務整理

    競売手続きで住宅が差し押さえに!

    住宅ローンの支払いを滞納していると、借入先の金融機関から催促の電話がき…

  2. 56f5a148a5a12416b75455169a6f6e48_s

    債務整理

    差し押さえられた物件は競売にかけられる

    住宅ローン以外にも様々な支払いを滞納してしまった場合、物件は差し押…

  3. 48db2bd79c94a72e3ce38b9493dc6295_s

    債務整理

    競売で買受人になった際の不動産取得税

    競売物件を取得して、後に必ず課税される税金があります。それは、登録免許…

  4. c5397c02d905e430d82edc09e1c2e0fc_s

    債務整理

    競売における現況調査と報告書の閲覧の仕方

    競売において行われる現況調査とは何か、また現況調査の実施のされかたから…

  5. 058

    債務整理

    住宅ローンのリスクを甘く考えてはいけません

    日銀主導の低金利政策が続くなか、都心ではマンションを始め不動産価格も2…

  6. 30e5e4234cf707ba6dc394e2cabff858_s

    債務整理

    競売売却物件の取得決定要件とは?

    「一般競争入札」は、競売物件の入札に参加している方の中から、最も良い条…

おすすめ記事

  1. tsuchimoto0I9A6505_TP_V
  2. 612
  3. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  4. 639aa7f599057d57da605899a646ebef_s
  5. YOTAKAPAKU6526_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. e252b23560bd7778bf0a41c304f684bd_s

    不動産基礎知識

    不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  2. 20bfc2ce859a4a951cfd5f4de95f5e3c_s

    任意売却

    任意売却物件を購入する際のリスク
  3. HOS8512_TP_V

    任意売却

    賃貸の競売物件を買うのはお得ってホント!?
  4. 1d105a0530105c533387585b8e7e487d_s

    任意売却

    後悔しないための住宅ローンの活用法
  5. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_m

    相続

    相続するときの調停期間ってどのくらい?
PAGE TOP