07ef3672dffcbcc5378b19c6a6a5202f_s

債務整理

競売物件の倉庫、その中の残置物は誰の所有になるか?

競売物件で倉庫を落札した場合に、倉庫の中に物が残っていたらどうすればいいのでしょうか?倉庫自体は落札者の物である事は当然ですが、その中の残置物も落札者の所有?それとも、以前の所有者になるのでしょうか、詳しく見ていきましょう。

残置物の所有者

倉庫を購入後(落札後)なかに残置物があれば、片付けなければ使用できないのが現状です。倉庫を購入したわけですから、残置物の所有者は購入者になるのでは?と思われますが、あくまで不動産(倉庫の所有権)の購入ということで、残置物の所有権はありません。

従って、残置物は以前の所有者の物になりますので勝手に処分することはできません。これは倉庫に限らず、例えば住宅として使用されていた建物でも残置物がある場合は同様の扱いとなります。

もし、勝手に処分した場合は民事的には「不法行為」になり、損害賠償を請求される事もありますし、刑事的には「器物損壊罪や窃盗罪」となる可能性も出てきます。

対処法は?

勝手に処分ができないとなると、どうすればいいのでしょうか?

対処する方法はいくつかありますが、まず以前の所有者と交渉して処分してもらうか、法的な手続きをとり強制的に処分をする事になります。なお、強制的に処分をする場合の費用は購入者の支払となり、その内訳は残置物の「撤去のための費用・運送業者の費用・執行当日の人手に掛かる費用・保管のための一時倉庫の費用」などになります。

対処法①「交渉」

まず、前所有者に内容証明郵便などで処分を要請します。連絡が取れる場合は、処分について承諾を取り、必ず書面にしましょう。内容としては、「引き取りの期限」と「期限までに引き取りがされない場合は購入者側で処分をする」こと記載します。

法的には、処分の費用は前所有者に請求することができますが、現実的には前所有者が撤去費用を出す資力が無いことがほとんどのため、処分費用を購入者が持つ事で円滑に進める事ができます。その他には、所有権を放棄するかわりに承諾料を支払ったりすることもあります。

対処法②「法的手段」

連絡が取れない場合や交渉によって処分ができない場合は、法的な手続きを取り強制的に処分することになります。流れとしては・・・

〇引き渡し命令の申立て
〇発令
〇引き渡しまたは明け渡しの強制執行の申立て
〇強制執行
〇保管
〇処分 

となります。これらの手続きの費用はすべて、購入者の負担となります。

まとめ

競売で購入した倉庫の残置物の所有権と処分について書いてきました。競売の特性上、一般の不動産購入とは違い、前所有者によってすべてを搬出してからの物件の引き渡しとはならないため、その分のリスクが生じます。

しかし、一般の物件よりも安い価格で購入できることも競売の特性といえるでしょう。この特性をきちんと理解した上での検討が必要になりますが、判断が難しい場合は専門の業者などに相談することをお勧め致します。

競売に関する事や不動産の事なら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報を下さい。

ピックアップ記事

  1. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  2. 不動産売却における委任状取り扱い説明書
  3. 不動産の売却に年齢制限はある?
  4. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  5. 賃貸経営を行うのに宅建の資格は必要?

関連記事

  1. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s

    債務整理

    競売までの流れとスケジュールを考えてみましょう

    動産・不動産の売却には大きく分けて、任意売却と競売の二通りが考えられま…

  2. YUSEI_9V9A5290_TP_V

    債務整理

    競売の売却決定期日とは何? ~期限を守らないとどうなるのか?~

    住宅ローンなど借金の返済などを滞納してしまうと、債権者が債権を回収する…

  3. TSURU070701_TP_V

    債務整理

    競売物件において固定資産税の支払い義務はどちらが負担?

    税金の納税は国民の義務で、滞納をする事はできません。競売物件においても…

  4. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s

    債務整理

    競売の配当と期日について

    競売で物件が売却許可決定されると落札されて、買受人が代金を裁判所に納付…

  5. 8d42bbdde97b94942a6c7126990bbfd5_s

    債務整理

    競売での立ち退き!

    競売で、土地や家の立ち退きを求められたら困りますよね?それは買った側も…

  6. f777df5a45cb1c7e22c122738b635143_s

    債務整理

    競売物件に賃借人がいる場合

    競売に出されたアパートなどの収益物件を、買受人として競り落とす前に考え…

おすすめ記事

  1. 785ba0893bad370e732102282bce977b_s
  2. YOTAKAPAKU6526_TP_V
  3. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s
  4. 27a6e2de55b826b3bbfcba54f157b480_s
  5. tsuchimoto0I9A6505_TP_V

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 56f5a148a5a12416b75455169a6f6e48_s

    不動産基礎知識

    【不動産】土地の売却で高く売るためのポイントについて
  2. 6279d730bbd991c9e20c0fa8757a4fcb_s

    賃貸オーナー様

    突然の賃貸管理会社の変更で更新料の請求は妥当なのか
  3. eea890e62b990006d04e9a65c78d8313_s

    賃貸オーナー様

    マンションにおける騒音問題と管理会社の対応について
  4. ff15cd4fa7872b26e6aa6ad26a6d84ab_m

    相続

    相続するときの調停期間ってどのくらい?
  5. 3b4bac11d0c31a434d83285fb426a286_s

    任意売却

    賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
PAGE TOP