46e63fb8ceb18502a1b32098d6eaf4e4_s

相続

持ち家を相続した場合の大きな特典とは

親からの相続を考えた場合、現金や分割できるものは、ありがたいのだが、はたして「持ち家の相続」に関してはどうなのだろうか?「持ち家の相続」の「特典」について減額の特例について紹介していきましょう。

■持ち家に対する思いでと相続は

長年住み慣れた家も独立してからは、遠い昔の出来事のように思い起こすだけの存在になっているのではないでしょうか。今ある生活や環境を捨ててまでは、親の持ち家を相続したからと言って転居する覚悟はできるのだろうか。

遺産の分割の為に「売却」という手段も少なくないはずです。しかし、「持ち家の相続」の「特典」として大きな減税の効果があることも知っておいてもらいたいのです。そのことによって、「持ち家」に対する考え方も変わってくるかもしれないのですから。

■「持ち家の相続」の「特典」とは

小規模宅地の特例によって親が住んでいた自宅の敷地は8割引で相続が可能となります。仮に5000万円の宅地に対して8割引くと1000万円となり4000万円の減額であり、1億の宅地ならば、8000万円の減額となります。これは、宅地の評価額が大きいほど効果を現わしますが、該当する条件があるのでみていきましょう。

◎小規模宅地等の特例が使える土地は3種類に大きく分けることができます。
【1】住宅に実際に住んでいる土地 2.人に貸している土地 3.事業で使用している土地
※いずれも故人の名義を相続(被相続者)の宅地である条件となります。

A:土地の中に一軒家が立っている事。
B:土地の中に購入マンションのある事。
C:土地の中に二世帯住宅のある事
    
◎「相続人が2人いた時の減額は、400㎡の土地を相続し2人で分割した場合。」5,000万円の土地で兄が300㎡(3,700万円)、弟が100㎡(1,300万円)の土地の分割(人数が複数人いた場合は、協議のした上で割合を決定して、合計が330㎡になるまで減額されます。)
330㎡を4で割った3対1の割合で計算しています。

330÷4=82.5 と 82.5×3=247.5 : 247.5÷300=0.825%と82.5÷100=0.825%
4000×0.825=3000と(3000×80%=2400) : 1000×0.825=825と(825×80%=660)

兄:4,000万円×247.5㎡/300㎡×80%=2,400万円減額
弟:1,000万円×82.5㎡/100㎡×80%=660万円減額

※「自宅を2つ相続した場合は?」、小規模宅地等の特例を使うためには「故人の自宅かつ一緒に住んでいた」ということが必須条件になります。

【2】人に貸している土地の減額としては、(貸付事業用宅地等のこと)
被相続人が貸している土地を200㎡まで50%減額します。「アパートやマンション」「駐車場」「駐輪場」が相当します。

【3】会社で使っている土地の減額としては(特定事業用宅地等のこと)
被相続人が事業をやっていた土地(店舗等)は、400㎡まで80%減額します。

住宅で使っている土地と人に貸している土地および業で使っている土地では、特例による減税の求め方が異なるため、今回は特に「持ち家」に対しての計算例をピックアップしました。80%減額は、数千万にも及ぶ減税効果があります。「持ち家」で住み続けて投資の際の資産として考えてみるのはいかがでしょうか。

不動産の賃貸管理や不動産の投資のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報ください。

ピックアップ記事

  1. 実は厳しい税金滞納への対応
  2. 不動産投資による不労所得を得るための仕掛け作りとリスク
  3. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  4. 不動産売却の時に重要な登記費用について
  5. 競売における売却基準価額とは何か

関連記事

  1. 8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

    相続

    相続人が配偶者と兄弟になる場合のトラブル回避について

    兄弟がなくなった場合に、相続権を主張しても法定相続人となるには、優先す…

  2. 67c248fc73752b0eb81b026e478e7ff7_s

    相続

    相続の遺産がわからないときにどうすれば良いか

    相続は人の死を契機にして開始されることになります。本来であれば生前から…

  3. PASONA_6_TP_V

    相続

    両親が同時死亡した場合の相続

    旅行中の交通事故や飛行機事故などによって、両親が同時に死亡してしまうと…

  4. d87122eede33135c78c8d62a74264c63_s

    相続

    相続における裁判所の関わり

    相続が発生した結果、納めるべき相続税があればそれは国税となりますので、…

  5. a379a0ae3b872518fa3d1b66f4ece93d_s

    相続

    相続人である妻が気を付けるべきポイント

    婚姻関係にある相手のことを配偶者といいますが、相続が発生したとき、民法…

  6. e3f6df2515163eff0936a23274f89b6e_m

    相続

    未収年金の相続での取り扱いについて

    年金を受け取っていた人が亡くなったときに、亡くなった方が受け取るはずで…

おすすめ記事

  1. 98a8322e8a323f2b021f4d5d657ffbd9_s
  2. tuchimoto07100I9A6603_TP_V
  3. 769bd207cb55abe12a69b3c124ad4b75_s
  4. 19d8489906a37f86eade48bf3900b18b_s
  5. d1682654b4f0636d9c7db2a83d8e3c30_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 59f1b13b7e0c1053582244573ca1de75_s

    不動産基礎知識

    問題になっているマンション管理に関するニュース
  2. NISUnderConstruction_01_TP_V

    任意売却

    不動産の売却における簿価の取扱い
  3. 108-1

    賃貸オーナー様

    アパート経営におけるローン借り換えのメリット
  4. 090a34171e2576195ef03bfa409c078a_s

    任意売却

    競売における占有者の立場
  5. 0daec81b3bc3bf530d0483c5720743b7_s

    任意売却

    任意売却に必要な委任状の利用目的
PAGE TOP