46e63fb8ceb18502a1b32098d6eaf4e4_s

相続

持ち家を相続した場合の大きな特典とは

親からの相続を考えた場合、現金や分割できるものは、ありがたいのだが、はたして「持ち家の相続」に関してはどうなのだろうか?「持ち家の相続」の「特典」について減額の特例について紹介していきましょう。

■持ち家に対する思いでと相続は

長年住み慣れた家も独立してからは、遠い昔の出来事のように思い起こすだけの存在になっているのではないでしょうか。今ある生活や環境を捨ててまでは、親の持ち家を相続したからと言って転居する覚悟はできるのだろうか。

遺産の分割の為に「売却」という手段も少なくないはずです。しかし、「持ち家の相続」の「特典」として大きな減税の効果があることも知っておいてもらいたいのです。そのことによって、「持ち家」に対する考え方も変わってくるかもしれないのですから。

■「持ち家の相続」の「特典」とは

小規模宅地の特例によって親が住んでいた自宅の敷地は8割引で相続が可能となります。仮に5000万円の宅地に対して8割引くと1000万円となり4000万円の減額であり、1億の宅地ならば、8000万円の減額となります。これは、宅地の評価額が大きいほど効果を現わしますが、該当する条件があるのでみていきましょう。

◎小規模宅地等の特例が使える土地は3種類に大きく分けることができます。
【1】住宅に実際に住んでいる土地 2.人に貸している土地 3.事業で使用している土地
※いずれも故人の名義を相続(被相続者)の宅地である条件となります。

A:土地の中に一軒家が立っている事。
B:土地の中に購入マンションのある事。
C:土地の中に二世帯住宅のある事
    
◎「相続人が2人いた時の減額は、400㎡の土地を相続し2人で分割した場合。」5,000万円の土地で兄が300㎡(3,700万円)、弟が100㎡(1,300万円)の土地の分割(人数が複数人いた場合は、協議のした上で割合を決定して、合計が330㎡になるまで減額されます。)
330㎡を4で割った3対1の割合で計算しています。

330÷4=82.5 と 82.5×3=247.5 : 247.5÷300=0.825%と82.5÷100=0.825%
4000×0.825=3000と(3000×80%=2400) : 1000×0.825=825と(825×80%=660)

兄:4,000万円×247.5㎡/300㎡×80%=2,400万円減額
弟:1,000万円×82.5㎡/100㎡×80%=660万円減額

※「自宅を2つ相続した場合は?」、小規模宅地等の特例を使うためには「故人の自宅かつ一緒に住んでいた」ということが必須条件になります。

【2】人に貸している土地の減額としては、(貸付事業用宅地等のこと)
被相続人が貸している土地を200㎡まで50%減額します。「アパートやマンション」「駐車場」「駐輪場」が相当します。

【3】会社で使っている土地の減額としては(特定事業用宅地等のこと)
被相続人が事業をやっていた土地(店舗等)は、400㎡まで80%減額します。

住宅で使っている土地と人に貸している土地および業で使っている土地では、特例による減税の求め方が異なるため、今回は特に「持ち家」に対しての計算例をピックアップしました。80%減額は、数千万にも及ぶ減税効果があります。「持ち家」で住み続けて投資の際の資産として考えてみるのはいかがでしょうか。

不動産の賃貸管理や不動産の投資のことなら全ておまかせ、ご相談も「アブローズ」までご一報ください。

ピックアップ記事

  1. マイホームを手放すことになってしまったら
  2. 相続時に名義変更をしないとどうなる?
  3. 競売における売却基準価額とは何か
  4. 賃貸不動産の経営管理を安易に考えてはいけません!
  5. 後妻の子の相続における取り扱い

関連記事

  1. VER88_kazegahuku15151434_TP_V4

    相続

    相続税における債務控除の注意点

    相続税は課税対象となる遺産の額に税率を乗じて求められます。なお、この課…

  2. f0e3cb87da83c13c8fb3d45777bfbe0f_s

    相続

    遺産相続の基本的な割合を知る

    相続が発生した場合、その遺産の分配方法はそれぞれですが、大きく分けて法…

  3. PAK85_xvidman20141123104413_TP_V4

    相続

    相続による不動産の取得に不動産取得税は課税される?

    不動産には様々な税金が発生します。通常、不動産を取得した場合には不動産…

  4. luxury-home-2409518_1280

    相続

    相続の裁判における要件事実とは何か

    相続権の有無などが裁判で争われる事となった場合に、要件事実という言葉が…

  5. d4b8cd44ece087e7013466b3011a199b_s

    相続

    相続した土地・建物を売却するなら3年10カ月以内がお得

    相続した土地や建物などの不動産は、金銭などと異なり単純な分割が出来ない…

  6. 0bd5992b9a5938c56d5c000d5d75cf98_s

    相続

    結婚と相続と財産分与

    結婚をすると夫婦は同一の姓を使うこととなり、法律的には同居義務が生じ、…

おすすめ記事

  1. YUSEI_9V9A5290_TP_V
  2. SEP_327215200714_TP_V
  3. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s
  4. 48c1705d6817021cc8f4f0d9050c7c28_s

おすすめ記事2

  1. taxes-2638814_1280
  2. aa123ff9bd5108baef327f3824597840_s
  3. bde549aac70c4878861da4c8b1a562f7_s

特集記事

  1. 64
  2. 66
  3. fraud-3229757_1280

アーカイブ

  1. 793cad1791d400dfba826442d97e6285_s

    相続

    相続の税率は、知っておくべきことなのか?
  2. 2ec28b7bf0b7b9a2b67dff6d81d65568_s

    任意売却

    競売の売却物件が荒れていることが多い理由
  3. 450a80dce80035acd816af4afffa5bcb_s

    任意売却

    競売物件で重要な資料となる物件明細書とはどいうもの?
  4. 08a5736b996b16667a8a9153188a54be_s

    債務整理

    競売までのスケジュールと届く文書について
  5. BIS151026193472_TP_V4

    不動産基礎知識

    マンションの法定耐用年数とは何か?
PAGE TOP